MOT/PBX

記事更新日: 2021/04/23

執筆: 編集部

編集部コメント

「MOT/PBX」は、スマートフォンやパソコンを電話として利用可能にするアプリです。ビジネスフォンとは異なり、場所を問わず利用できるため、在宅ワークなど新しい働き方にも対応可能です。電話代を節約しつつ業務の迅速化や効率化を実現するにはおすすめのアプリといえるでしょう。

1. スマートフォンを内線化

アプリの導入でスマートフォンを内線化

2. チャット機能

ビジネスチャットで迅速な情報共有

3. 複数同時通話

音声会議に利用可能

良い点

スマートフォンやパソコンを電話として利用できるため、固定電話の導入が不要になります。

悪い点

Mac OSでは利用できない点に注意が必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

iPhone、Android、Windowsで利用可能です。

サポート体制:

電話でのサポート窓口があるので安心して利用できます。

導入ハードル:

難しい操作はなく、導入後は通常の電話として使用できます。

MOT/PBXの特徴3つ

1. スマートフォンを内線化

「MOT/PBX」の最大の特徴はスマートフォンを内線化できるというところです。固定電話のみのビジネスフォンとの大きな違いであり、これにより業務の効率化とコスト削減が実現できます。

スマホを内線化することのメリットは、外出先でも事務所にいるかのように内線電話の発着信が可能になることです。この機能により、事務所での着信を外出先の社員のスマホに内線として転送することができます。

折り返しによる電話対応が不要になり、迅速な顧客対応が可能になります。もちろん転送料金はかかりません。また、スマホを内線化しているため、会社の代表電話番号からの発信も可能になります。


内線化したスマホに転送可能


「MOT/PBX」では、スマホにアプリを入れることで個人の携帯を会社の内線として利用可能になります。そのため、法人携帯契約が不要になります。

アプリを利用して通話した分は、会社へ一括請求されるため、通信費の清算もなくなり事務的な負担も減らせます。アプリを利用して通話することで、プライベートとの切り分けも可能です。


プライベートとの切り分けが可能

2. パソコンを電話に

「MOT/PBX」が利用できるのはスマートフォンだけではありません。専用ソフトのインストールとUSBフォンの利用で、パソコンをビジネスフォンとして利用することが可能になります。パソコンが電話としての機能も持つため、固定電話導入が不要です。

ソフトウェアのインストールにより、PCを利用して会社の代表番号や直通番号から外線への発着信が可能になります。また、内線電話としての機能ももつため、受信した外線の転送も可能です。パソコン同士での転送やアプリを導入している社員のスマホへの転送もできます。


パソコンをビジネスフォンとして利用


拠点が複数になっても、業務で利用しているパソコンを電話として利用することで新たな固定電話の導入が不要なのは、大きなコスト削減です。パソコンがビジネスフォンとして利用できることで、テレワークなど新たな働き方の導入も可能になります。

在宅ワークや出張先でも内線が利用できることは、コストはもちろん業務の効率化に大いに役立つことでしょう。


リモートワークの導入にも効果的

3. 電話機能だけでないメリットがたくさん

「MOT/PBX」には、電話として利用するだけでなく、チャット機能などビジネスを効率化させるための機能がたくさんあります。

「MOT/PBX」にはアカウントを登録したメンバーでしか利用できないチャット機能があります。ビジネスでのチャットの利用は迅速な情報共有には有用です。画像や動画の添付も可能なので、テキストだけでは伝わりにくい情報も即座に共有できます。

このチャット機能はスマホ、PCでの利用が可能なうえ、同期させて利用できるので、場所を問わずシームレスに活用可能です。


チャット機能で情報共有


「MOT/PBX」では、複数人同時通話機能による音声会議もできます。これは、パスワードを設定し、該当社員のみが参加できる複数通話です。会議のための場所の設定や、移動にかかる時間など様々なコストが削減できます。

場所を問わず会議の開催が可能

MOT/PBXの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。
 

MOT/PBXの評判・口コミ

回線数削減で効率化を実現
バーガンディ株式会社

社員のスマホを内線化することで、外出中にも連絡がとりやすく顧客対応も迅速に行うことができ、業務の効率化につながりました。社内のUSBフォンとは内線通話になるので、取り次ぎが簡単なうえに、通話料も無料なので、通信費の削減もできました。

国際電話の通話料を大幅に削減
KL貿易株式会社

海外の事務所との通話料が気になっていたため導入しました。通話無料アプリは国によっては規制があるので、海外とも内線通話にすることで、導入後は一月当たり10万円以上削減できました。

*「MOT/PBX」公式HP参照

まとめ

社内での電話の利用について悩んでいる企業にはおすすめのアプリです。「MOT/PBX」はスマートフォンやパソコンを電話として利用できるからです。固定電話での対応のみのビジネスフォンとは異なり、場所を問わず利用できるというメリットもあります。

スマートフォンに導入することで、内線電話を外に持ち出す感覚で利用できるため、外線の転送に料金がかかることもありません。また、外出先から会社の電話番号での発信も可能です。顧客への迅速な対応が可能になるだけでなく、通信費の削減にもつながります。

電話対応がむずかしい小規模な事務所から、複数の拠点をもつ企業にも役立つこと間違いなしです。外出が多い社員を抱える企業やリモートワークの導入を考えている企業など、導入によるビジネスの拡大が期待できるアプリといえます。

画像出典元:「MOT/PBX」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ