PITCHER

記事更新日: 2020/03/13

執筆: 編集部

編集部コメント

PITCHERは営業活動を効率化することはもちろん、その内容を記録として残し、社内教育に活かすことができるツールです。世界中の企業で導入事例があり、その情報が公開されているので、導入する際の参考になるでしょう。

1. 商談がスムーズに

商談をスムーズに設定できるだけでなく、マーケティングプロセスを効果的に完結可能

2. クラウドベースの自動変換エンジン

簡単操作でマーケット資料を作成・配布できる

3. オフラインでもアクセス可能

営業チームのアカウントのレビュー・顧客訪問のスケジュール・記録更新などがいつでもアクセスできる

良い点

ツール提供会社は世界に複数拠点をもっており、数々の受賞歴があります。多くの業界での導入実績があるので、導入前の参考にできるでしょう。

悪い点

価格が公表されていないこと、公式HPがわかりにくいことが難点です。

費用対効果:

UIと操作性:

元々海外のツールなので、公式HPが分かりにくく、ツールUIにも少し不安が残ります。

PITCHERの特徴

現場業務を簡素化

Pitcherは、営業チームと訪問先顧客とを効率的につなげる機能を多数搭載。そのため、現場レベルでの業務が簡略化され、営業活動の計画 ・実施 ・管理といった一連の流れをスムーズに回せるようになります。

営業担当者の業務時間も短縮できるでしょう。

自社仕様にカスタマイズできるので、より効率的にツールを活用できます。

カスタマイズ可能

コーチングにも利用できる

Pitcherをチームメンバーの研修に使うことも可能です。

チームで顧客状況を把握・共有できるため、リーダーが即座にフィードバックやコーチングできるようになります。

フィードバックした内容は記録として残せるので、新しいチームメンバーにとって有効な教科書となるでしょう。

この機能をさらに活用して、eラーニングとして社内で利用することもでき、その可能性は無限大です。

様々なコンテンツに活用可能
 
 
 

料金プラン

詳細はお問合せをする必要があります。

画像出典元:「PITCHER」公式HP

その他のセールスイネーブルメント

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ