HIGHSPOT

記事更新日: 2020/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

「HIGHSPOT」は業界で最も導入されている組織を強化・改善するためのセールスイネーブルメントツールです。コンテンツ管理やAIによる高度な分析機能が充実しており、営業を効率化するために最適なツールと言えます。

1. 営業ガイダンスの提供

セールスコミュニケーション、セールスプレイ、セールストレーニングを学習できるコンテンツの提供

2. エンゲージメントの追跡

コンテンツごとの見込み顧客からの反応を測るインサイトの提供

3. AIによる分析機能

特許取得済みAIによる高度な分析、予測的コンテンツの提供

良い点

営業のための学習コンテンツが豊富です。また、特許取得済みのAIによる分析など、アメリカならではの最先端の技術を利用したデータも入手可能になるので、業績改善に直結します。

悪い点

ドキュメント周りの機能よりもコンテンツ管理やデータ分析に力を入れているので、ドキュメント機能を充実させたい方にはあまり向かないかもしれません。

費用対効果:

データ分析やコンテンツ管理などの機能が充実しています。

UIと操作性:

コンテンツとともにコンテンツの利用方法ガイダンスを表示してくれるため使いやすいです。

HIGHSPOT(ハイスポット)の特徴

AIによる革新的なコンテンツ

HIGHSPOTはどのコンテンツがどの程度顧客エンゲージメントに結び付いているかをAIが分析し、予測コンテンツを提供してくれます。

また、HIGHSPOTの営業ガイダンスツールは、AIが関連性のあるコンテンツを分析して提供してくれるので無駄なく学習することができます。AIによるレコメンドもカスタマイズが可能なので、より自分に最適なものにすることが可能です。

AIによるコンテンツスコアリング

コンテンツ管理の効率化

HIGHSPOTでは営業コンテンツをフォルダとしてではなく「SPOT™」として一括で保管するため、必要なコンテンツが探しやすく、検索コストの大幅ダウンに繋がります。

また、GoogleドライブやCRMなど50を超えるシステムとの連携が可能なため、ワークフローにも組み込みやすいです。

 

HIGHSPOT(ハイスポット)の料金プラン

詳細はお問い合わせが必要です。

画像出典元:「HIGHSPOT」公式HP11

その他の【セールスイネーブルメント】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ