Contract One

記事更新日: 2022/11/14

執筆: 編集部

編集部コメント

契約業務のオンライン化だけでなくリスク管理を強化できるサービス

「Contract One」は、紙の契約書に触れることなく契約業務をオンラインで行うことができるサービスです。

様々な業務のDXを支援しているSansan株式会社のノウハウが詰まったサービスで、契約業務のDX推進や企業のリスク管理強化が期待できるでしょう。

紙の契約書や電子契約書をクラウド上で一元管理することができ、契約情報の管理を簡素化することも可能になります。

契約関連の業務をオンライン化したい企業や経営リスク管理を強化したい企業に適したサービスです。

契約書管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

契約書管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする15サービスの資料をダウンロードできます。

Contract Oneだけ知りたい方はこちら

Contract Oneの資料を請求
良い点

あらゆる紙の契約書関連の業務をオンライン化可能。業種問わず様々な企業で契約業務のDXを推進することができるでしょう。

悪い点

サービス導入に伴い、業務フローの変更が必要になる場合がある点には注意が必要。また、料金についても問い合わせが必要です。

費用対効果:

あらゆる契約業務に対応でき、業務効率化やリスク管理の観点で導入メリットに期待できるでしょう。

UIと操作性:

契約書や関連書類をクラウド上で一元管理できるため、契約情報の検索が簡単になります。

サポート体制(運営会社の):

導入時のサポートが手厚く、業務フローの整備から社員への勉強会実施等、運用定着まで支援がある点が魅力です。

Contract Oneの導入メリット4つ

1. 契約書管理をオンラインで完結

Contract Oneは、契約書の締結に必要な一連の業務をオンラインで完結することができるサービスです。

紙の契約書を取り扱う場合の、印刷・製本から押印・発送・受け取り等のオフラインで行っていた業務をContract Oneで代行することができます。

アナログで対応していた契約業務のDXを促進することができ、契約書紛失等のリスクを回避できるメリットがあります。

契約書の取り扱いをオンラインで完結

2. 契約書をクラウド上で一元管理

Contract Oneでは、クラウド上に契約書のデータベースを構築するため、電子契約書と紙の契約書を一元管理することが可能になります。

電子・紙で混在している契約書を一元管理することによって、契約内容をいつでも検索することができます。

また、複数の契約書を関連付けることもできるため、複雑な契約の管理も簡素化することができるでしょう。

クラウド上で一元管理

3. ペーパーレスの推進が可能

Contract Oneで押印した契約書や紙の契約書等のスキャンやデータ化が必要な場合でも、Contract Oneで代行することができます。

スキャンやデータ化する作業を行う必要がないため、テレワークやペーパーレスの促進が可能です。

ペーパーレス化を進められるだけでなく、電子帳簿保存法にも対応している点も魅力です。

ペーパーレスによる多様な働き方を実現

4. 手厚い導入支援による業務フローの再構築

Contract Oneでは、システム導入時に専任のコンサルタントが導入支援を行い、運用定着までをサポートします。

専任コンサルタントが現状の業務フローを整理し、システム導入に最適な形での業務フローを再構築するため、契約業務の効率化が期待できます。

また、現場社員向けの勉強会を実施する等、運用定着に向けた手厚いサポートが魅力です。

豊富な導入実績

資料請求リストに追加する 

Contract Oneのデメリット2つ

1. 現行の業務フローを変更する必要がある

Contract Oneを導入することで業務の効率化やDX推進が期待できる一方、業務フローを変更する必要がある点には注意が必要です。

中長期的に見れば導入するメリットは大きいですが、導入に伴う業務フローの変更に工数がかかる場合があります。

Contract Oneでは導入支援が手厚く、業務フローの再構築をサポートしてくれる点は安心です。

2. 現場社員の理解が必要

Contract Oneの導入にあたって、実際に契約関連の業務を行う現場社員の理解が必要になるでしょう。

サービス導入時に現行の業務フローから変更がある場合、現場社員が抵抗を示すことも少なくありません。

導入前の段階で、サービスの導入目的等を周知しておくと良いでしょう。

また、Contract One導入時に社員への勉強会等のサポートが可能な点は安心材料です。

Contract Oneの料金プラン

Contract Oneは、初期費用+月額費用の料金体系になっています。

契約書の取り込み数等に応じて料金が変動する仕組みになっており、個社毎に問い合わせが必要になります。

  有料プラン
初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ

 

競合製品との料金比較

他サービスの場合、初期費用と月額費用の基本料金に加え、書類送信件数に応じた従量課金体系になっています。

導入検討の段階で、想定される月次の契約数等を確認しておくと良いでしょう。

  Contract One クラウドサイン(Corporate) jinjerサイン(ベーシックプラン)
初期費用
(税抜)
要問い合わせ なし 250,000円
月額費用
(税抜)
要問い合わせ 28,000円 50,000円
送信件数ごとの費用
(税抜)
なし 200円 200円

 

資料請求リストに追加する 

Contract Oneを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

紙の契約書取り扱いが多い企業

Contract Oneは、紙の契約書取り扱いが多い企業や電子契約書が混在している企業に適したサービスです。

Contract Oneを導入することで、オフラインで行っている契約書管理の一連業務をオンライン化することができます。

また、契約書をクラウド上で一元管理できるため、契約書管理の簡素化やペーパーレス化を推進できるでしょう。

リスク管理を強化したい会社

契約関連のリスク管理を強化したい企業への導入もおすすめします。

Contract Oneを活用し、契約書をクラウド上で一元管理することで、契約書の紛失や契約内容の改ざん等の様々なリスクを低減することが可能です。

契約更新期限の確認漏れ等のリスクヘッジもできるため、ビジネス機会の損失を防ぐ効果も期待できるでしょう。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

契約締結数が少ない会社

契約締結数が少なく、契約関連の業務負担が大きくない企業への導入はおすすめしません。

Contract Oneは契約に関する業務の効率化やDXが推進できる一方、そもそもの業務量が少ない場合は費用対効果が低くなってしまう可能性もあります。

しかし、契約関連のリスク管理を強化できるメリットもあるため、経営リスクの管理を強化したい企業は導入を検討しても良いでしょう。

まとめ

Contract Oneは、紙の契約書取り扱い数が多い企業や経営リスク管理を強化したい企業へ適したサービスです。

運用定着までの支援体制が充実しており、サービス導入後は紙での契約書に触れることなく契約業務をオンライン完結することができます。

Contract Oneを活用することで、契約業務の簡素化や契約書類の一元管理による効率化が期待できます。

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「Contract One」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

契約書管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】契約書管理システム選びのお役立ち資料
契約書管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ