Web請求書・クラウド請求書ツールについて

Web請求書・クラウド請求書ツールおすすめ13選を徹底比較!

記事更新日: 2020/07/16

執筆: 編集部

請求書に関する業務は、毎月の作成・郵送に始まり、保管・廃棄といった文書管理業務を伴う大変時間と手間のかかる作業です。

「請求書は紙以外の手段がないから仕方ない」と思っていませんか?

そこでソリューションとなるのが、Web請求書・クラウド請求書ツールです!

おすすめサービスの比較を無料で!

Web請求書・クラウド請求書ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

おすすめのWeb請求書・クラウド請求書ツール5選

1. 帳票の共有や郵送、会計管理までワンストップで可能!「MakeLeaps」

画像出典元:「MakeLeaps 」公式HP
 

特徴

「MakeLeaps」は見積書・請求書の発行など経理業務をクラウド化・AI化することで効率化を図るサービス。

作成した帳票の共有や郵送、更には会計管理までワンストップで実現し、金銭の流れを管理できるようになります。

結果的に経理業務の80%を削減可能。時間的コスト・肉体的コスト共に大幅に節約できるでしょう。

料金プラン

  初期費用 個人向け月額 法人向け月額 無料お試し
費用 0円 500円 800円 30日間

ユーザー数・取引先数に上限はありませんが、取引先数が10社を超えると1社につき50円~80円の費用が発生します。

事前契約ではなく、ひと月毎の利用状況で料金が変動するため、無駄なく導入できます。

※詳細は資料をダウンロードしてご参照ください。

 

関連記事

MakeLeaps(メイクリープス)の評判・口コミ・料金・価格を徹底解説!

この記事ではMakeLeaps(メイクリープス)の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介します!

 

2. 経理業務全てに対応!「BtoBプラットフォーム請求書」

画像出典元:「BtoBプラットフォーム 請求書」公式HP

特徴

「BtoBプラットフォーム 請求書」は、企業間の取引で発生する請求書業務をクラウド上で完結できる便利なサービスです。

初期費用や基本利用料金はやや高額という印象ですが、実際に導入した企業の口コミを確認してみると評判は上々、請求書業務に関わる時間の削減や、郵送料などのコスト削減に役立ったという声が多く挙がっています

請求書業務の煩わしさから解放されたい、あるいはコスト削減を狙いたい場合には、「BtoBプラットフォーム 請求書」の導入の検討をおすすめします。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 30,000円~ 15,000円〜 1週間
関連記事

BtoBプラットフォーム 請求書の評判・口コミ・料金・価格を徹底解説!

この記事ではBtoBプラットフォーム 請求書の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介します!

 

3. 誰でも簡単に操作が可能!「マネーフォワードクラウド請求書」


画像出典元:「マネーフォワードクラウド請求書」公式HP
 

特徴

マネーフォワード クラウド請求書は、請求書の作成から郵送までを自動で行える便利なサービスで、導入することで請求書の作成時間を節約できるだけでなく、郵送のコストも削減できます。

請求書作成をクラウド化することが人為的ミス軽減にもつながるため、よりスピーディーに正確な請求書を作成できるでしょう。

機能

・請求書を自動で生成
・ワンクリックで自動郵送
・複数人数でのデータの共有が可能

料金プラン

  個人向け 法人向け 無料お試し
月額費用 1,280円~ 3,980円~ 1か月間

各プランの基本料金に利用人数に応じた従量課金が追加されます。

 

4. 見積書や請求書をたった1分で作成可能!「Misoca」

画像出典元:「Misoca」 公式HP
 

特徴

Misocaは、見積書や請求書をたった1分で作成できるクラウド請求書サービスです。誰でも簡単に扱える直感的な操作性が魅力で、今まで請求書作成業務にかかっていた膨大な作業時間の大幅カットが実現します。

機能

・書類作成
・管理機能
・代金回収機能

料金プラン

  個人向け 小規模法人向け 大規模法人向け 無料お試し
年額費用 無料 8,000円 30,000円~ 1年間

現在1年間無料キャンペーンを行っており、それ以降は表の料金となります。

どのプランも機能に大差はなく、月間請求書作成数やユーザー追加可能数に違いがあるシンプルでわかりやすい料金体系です。

 

5. 無料で簡単に使える!「INVOY」

画像出典元:「INVOY」 公式HP
 

特徴

INVOYは請求書や納品書などの書類作成に悩んでいる企業にはおすすめです。無料でありながら作業を効率化させるための厳選された機能が揃っています。

シンプル操作で簡単に利用できるのも大きな魅力です。企業だけでなく、フリーランスで活躍している人にとっても重宝するツールでしょう。

機能

・書類をPDFでダウンロードできる
・取引先の登録で2回目以降の作業を軽減
・定期的に作成している請求書を自動発行

料金プラン

  全機能 郵送代行サービス
費用 0円 1通あたり147円

全て無料で利用できます。ただし、発行額 1,000,000,000 円 以上/月もしくは発行枚数 5,000 枚 以上/月の場合はお問合せが必要です。

 

 

その他の有料おすすめWeb請求書ツール

会計freee


画像出典元:「会計freee」公式HP

特徴

freeeは簿記の知識が乏しい人が会計を担当する会社に特におすすめです。感覚的に操作することができます。またシェアNo.1を誇るだけあって、そのコストパフォーマンスは素晴らしいです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 0円 1,980円 30日間

ミニマム版とベーシック版の最大の違いは、経費精算機能があるかどうかです。

経費精算も同時に導入するのであれば、ベーシック版を利用しましょう。経費精算機能が不要であれば、ひとまずはミニマム版の導入を検討すると良いでしょう。

 

 

請求管理ロボ

画像出典元:「請求管理ロボ」公式HP

特徴

「請求管理ロボ」はSFAとERP/会計をつなぐ、請求・集金クラウドサービスです。

顧客管理システムや会計システムとも連携可能で、契約から請求、入金確認まで一括で管理可能になり、今まで人や時間を費やしていた業務の効率化がはかれます。

機能

・業務の簡素化
・一括管理
・人為的ミスの低減

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 300,000円 80,000円~ 要問合せ

 

 

board

画像出典元:「board」 公式HP
 

特徴

「board」は”バックオフィス業務のために起業したのではない”というキャッチコピーが印象的な請求書・見積書作成ツール。

帳票を発行する業務の他、事務作業から経営管理まで「board」1つで効率化を図ります。

特に、個人事業主や中小企業向けのサービスです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 0円 980円~ 30日間

 

 

楽楽明細

画像出典元: 「楽楽明細」 公式HP

特徴

「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払い明細などの帳票をWeb上で発行するクラウド型のシステムです。

毎月かかる帳票データの発行費用にお悩みの方。「楽楽明細」なら印刷・封入作業をなくし、印刷代・発送費・人件費を削減できます。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 100,000円 24,000円~ あり

 

 

SVF Cloud

画像出典元:「 SVF Cloud」公式HP

 

特徴

「SVF Cloud」は20,000社以上が導入している人気の帳票クラウドサービス。

現在使用しているシステムがクラウドでもオンプレミスでも導入でき、あらゆるスタイルの帳票作成・出力を可能にしました。

簡単操作で美しい帳票を作成できる、非常に利便性の高いサービスです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 200,000円 30,000円~ あり

 

 

CLOUD PAPER


画像出典元:「CLOUD PAPER」公式HP

特徴

使い始めるにあたってインストールなどの作業は一切不要。簡単に美しい請求書を作成できるツールです。

登録された請求書から入金される予定の金額を自動で表示してくれたり、未入金の請求書がすぐにわかったりと請求書の管理もぐっと楽になります。

月ごとの売上レポートも作成されるので、進捗把握に役立ちます。

料金プラン

  ライト スタンダード プレミアム エキスパート
月額費用 1,000円 3,000円 5,000円 10,000円

 

 

その他の無料おすすめWeb請求書ツール

Zoho Invoice

画像出典元:「Zoho Invoice」公式HP

 

特徴

無料で始められるクラウド型見積書・請求書作成サービスで、プロジェクトの工数管理や経費の管理など充実した機能を兼ね備えています。

書類作成のコスト削減や支払いの受け取り自動化を考えている企業におすすめです。

料金プラン

  無料プラン 有料プラン
費用 あり 月額1,080円~

年額プランになると、2か月分割り引きとなります。

サービスに納得出来ない場合は、30日間の返金保証があります。

 

RaQool(ラクール)


画像出典元:「RaQool」公式HP

 

特徴

RaQoolは、登録された顧客情報を読み込むだけ。難しい操作は一切必要なく、1分で請求書を作成できるツールです。作成した見積書や作成書は、メール送信はもちろん郵送してもらうこともできます。

名刺交換しただけの人など、見込み顧客も含めて効率的に顧客情報を管理できるようになります。

料金プラン

  フリー スタンダード オリジナル
月額費用 0円 980円 要問合せ

 

 

自社にあうWeb請求書ツールの3つの選定ポイント

1. 紙での対応を残すか

Web請求書ツールの強みはオンライン上で請求書の受け渡しが完結することですが、得意先によっては指定フォーマットなどの理由で紙を好む場合もあるでしょう。

たとえ今の得意先が全て電子化対応OKだとしても、将来的な可能性も踏まえて紙ベースでの請求書発行の余地を残すか否かの判断が必要です。

ツールの中にはWeb送付だけでなく郵送にも対応していたり、フォーマットのカスタマイズができたりするものもあります。

ツールに融通性があるかどうかを選定材料の一つにしましょう。

2. クラウドかオンプレミスか

Web請求書ツールは「クラウド型」と「オンプレミス型」の2タイプあります。

クラウド型

 外部サーバを利用する方法です。自社サーバを設置する必要がないので、迅速かつ低コストで導入できます。カスタマイズ機能が乏しい場合があります。

オンプレミス型

 自社サーバを設置する方法です。自社にあった形式でシステムの構築ができますが、導入するまでの時間や初期コストが高額になる場合があります。

「クラウド型」と「オンプレミス型」、それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で自社にあったツールを選ぶことが重要です。

3. バイリンガル対応・外貨機能は必要か

バイリンガル対応・外貨機能は日本語と英語の両方で請求書を作成できたり、様々な国の外貨を記載できたりと、国際的な取引の多い企業に適した機能といえます。

現状では国内取引だけだとしても、将来的に仕入先や発注先が海外の企業になることは大いにあります。将来的な可能性も含めてツールを選ぶとよいでしょう。

Web請求書ツールとメール送付との違い

請求書の電子化だけなら、請求書をPDF化してメール送付すれば十分と思われた方もいるのではないでしょうか?

Web請求書ツールとメール送付との違いは、請求書の管理が容易になる点と、セキュリティリスクが軽減される点があげられます。

請求書の管理が容易になる

PDF化した請求書では自社内に管理・保管する手間がかかりますが、Web請求書ツールを使うと全てインターネット上でそのまま管理・保管ができるようになります。

ステータス管理や検索がスムーズになり、電子帳簿保存法に対応した機能を使えば保管作業もスピーディーに行えます。

セキュリティリスクが軽減される

一般的な電子メールシステムと違い、Web請求書ツールはセキュリティ体制の取れたインターネット上から授受を行うので情報漏えいのリスクが低いです。

またメールでよくある誤送信も、Web請求書ツールならサーバー上で削除できるため、リスクを回避できます。

Web請求書ツールのメリット3つ

1. コストを大幅に削減できる

Web請求書ツールによって電子化することで、請求書用紙・印刷コスト・切手・印紙までもが必要ありません。また作成・封入・投函といった手作業はなくなり、発行までにかかる工数も不要になります。

請求書発行に関する資材費と作業工数の両方でコストの大幅な削減が可能です。

2. 文書管理の負担を軽減できる

紙で請求書を管理する場合では管理方法・保管スペースなどの負担がありますが、Web請求書ツールならインターネット上にデータとして保管でき、検索も簡単で保管スペースも必要ないため文書管理の負担を軽減できます。

さらに、過去の請求書の検索や再発行が容易になるので、問い合わせにも迅速に対応できるという副次効果も見込めます。

3. 人為的ミスを軽減できる

手作業の工程がなくなり、インターネット上で請求書の作成から発行まで行うため、封入ミスや誤送信・発行漏れなどの人為的ミスを軽減することが可能です。

またデータ保管された請求書は紛失の恐れが極めて少なくなり、情報漏えいリスクが軽減できます。

Web請求書ツールのデメリット2つ

1. 取引先企業の理解が必要となる

Web請求書への変更は、取引先企業にとっては業務フローの見直しやフォーマットの変更などの負担がかかり、必ずしも理解してくれるとは限りません。

「受取り方法を選べるため変更は不要」「データなら保管スペースが必要ない」など、取引先側の不安を解消し、両者にとってメリットがあると理解してもらう必要があります。

2. システムトラブルがある

サーバーダウンした場合はデータの閲覧や編集をすることができなくなり、自社だけでなく請求先企業にも多大な迷惑が生じてしまいます。

そのようなシステムトラブルが起きた場合にサポート体制は十分なのか、データのバックアップ体制はどうなっているのかを確認することが重要です。

まとめ

Web請求書・クラウド請求書ツールを導入する際の選定ポイントやメリットデメリットがお分かりいただけたと思います。

あなたの会社にふさわしいツールを導入して、請求書に関する業務をよりスムーズにしていきましょう!

画像出典元:O-dan

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web請求書・クラウド請求書ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

Web請求書・クラウド請求書ツールのITツール

起業ログが厳選するWeb請求書・クラウド請求書ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
MakeLeaps
BtoBプラットフォーム 請求書
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ