マネーフォワード クラウド請求書

3.6

記事更新日: 2021/08/23

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

定期的な請求書発行作業を効率化できた

定期的なお客様へは毎月自動で請求書がメール発送されるため、細かいチェックをしなくて良くなりました。過去の請求書の複製機能も便利です。

悪い口コミ・評判

書式テンプレートをカスタマイズできない

もともと用意されている請求書のテンプレートパターンが少ない上、備考欄を追加するなどの軽微な加工もできないのは不便です。

編集部コメント

マネーフォワード クラウド請求書は、請求書の作成から郵送までを自動で行える便利なサービスで、請求書の作成時間を節約できるだけでなく、郵送のコストも削減できます。

請求書発行システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

請求書発行システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 定期発行で毎月自動作成

請求書情報を登録しておけば、毎月自動で定期発行できる

2. ワンクリックで自動郵送

郵便局まで足を運ばなくても、ワンクリックで請求書発行代行サービスを受けられる

3. 複数人数でのデータの共有が可能

複数人数でデータを共有できるため、作業ミスを大幅に削減できる

良い点

一度請求書情報を入力すれば、毎月自動的に請求書を生成でき、ワンクリックで自動郵送が完了します。複数の請求書送付先がある場合でも作成から郵送まで全て自動で行えるため、請求書作成の時間や郵送料のコスト削減に役立ちます。追加のアップデート費用は不要です。

悪い点

単体申込みができず、クラウド会計・クラウド経費・クラウド給与・クラウドマイナンバーとのセットでしか申込ができません。マネーフォワードクラウド請求書のみを試したい方は、1カ月間無料で試せるサービスを利用してから導入を検討することをおすすめします。

費用対効果:

スモールビジネスプランでは月額3980円、ビジネスプランでは月額5,980円と安価に利用できます。

UIと操作性:

導入、操作ともに難しい作業が必要ないため、導入後すぐの利用が可能です。

社外連携:

スマホやタブレットから使用できず、PCのみの操作となります。

マネーフォワードクラウド請求書の3つの特徴

1. 一括操作で請求書の作成や郵送のコストを削減

マネーフォワード クラウド請求書は、現在使用中の会計ソフトなどから出力されるCSVファイルをアップロードすれば一括で請求書を作成できます。

また、従来の方法では請求書を1件ごとメール添付で送信しなくてはなりませんでしたが、このサービスを利用すれば宛先確認だけで一括メール送信が可能です。

さらに、請求書の郵送代行サービスも受けられるため、請求書作成の手間が軽くなるだけでなく、発送業務にかかる時間も大幅にカットできます。


請求書一括作成画面

2. 一覧表での書類管理が可能

作成した請求書は全て一覧表に表示されるため、過去データも簡単に検索できます。

請求書は、入金ステータス、納品ステータス、郵送ステータスと、ステータスごとに管理できるため、作業漏れの予防に役立つでしょう。

さらに、支払い期限切れの未入金請求書に関しては未入金アラートで確認できます。

未入金アラートは毎週メールで受け取れるため、入金状況の常時把握が可能です。


多彩な検索機能

3. メンバー追加で複数人での管理

「マネーフォワード クラウド請求書」は事業所ごとにメンバーを追加できます。

追加されたメンバーは、「閲覧のみ可能」「編集も可能」といった具合に権限管理も行えます。

さらに、編集履歴が記録されるため、どのメンバーがいつ編集したのかを簡単に把握することも可能です。

このように請求書を複数人で管理できるため、作業ミスの低減に役立つでしょう。


メンバーの権限一覧画面
 

マネーフォワードクラウド請求書の料金

マネーフォワードクウラド請求書は、基本的にはマネーフォワードが提供するその他のサービス(会計、経費精算、勤怠管理、給与計算、マイナンバー収集)とセットになった「マネーフォワードクラウド」としての販売になっています。

料金体系が少し複雑なので、丁寧に解説します。

まず、料金は基本料金と従量課金の2つに分かれています。

基本料金は以下の表の通り、スモールビジネスとビジネスの2パターンです。

違いは会計と請求書発行の機能の充実度で、中小企業の場合はスモールビジネスで充分です。

請求書発行については、販売管理台帳や郵送、メール送信などの一括操作機能があるかなどが大きな違いです。

この基本料金に加えて必要なのが従量課金で、勤怠管理・給与・マイナンバー・経費を6人以上で使う場合にはそれぞれ一人あたりの月額料金が追加されます。

6人以上で使う場合の従量課金(月額)

サービス 従量単位 月額料金( /人)
経費精算 アクティブユーザー数 500円
給与計算 確定処理を行った人数 300円
マイナンバー マイナンバー登録人数 100円
勤怠管理 従業員数 300円


なお5人以内で使う場合は基本料金に含まれているので、従量課金なしで利用できます。

マネーフォワード クラウド請求書の評判・口コミ

医療

31〜50人

外部ツールとの連携がうまくいかないことがある

使いやすいと感じた点を教えてください。

2020年3月から現在まで利用しています。

このツールは、見積書から請求書や納品書が複製できるのが便利です。また、他サービスとの連帯で情報が転送でき、請求先情報などの入力の手間が省けるのめ便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

他サービスとの連携の際、うまく連動しないことがよくあり、どこを修正すれば良いのかが分かりづらいです。結局未だに解決策がわからず困っています。また、請求先を選択するプルダウンで会社名しか出ないため、同じ会社に複数の担当者がいる場合に、それをいちいち開かないと確認できないのが不便です。

特に、Zohoとの連携は便利ですが、うまく連動しないことがあるので改善してほしいです。

他の会社にもおすすめしますか?

外部サービスを含めたSOPを社内できちんと作成して徹底すれば会社全体の作業がスムーズになると思います。

製造業

2〜10人

小規模の会社にオススメ

使いやすいと感じた点を教えてください。

マネーフォワードクラウド請求書を使い始めるまでは、担当者が個々に、ばらばらのフォーマットで、取引先の発注書から、請求書を起こしていました。

導入後は、発注書を経理に渡せば、統一フォーマットでの請求書発行はもちろん、計上・請求管理も一緒に行ってくれるようになり、かつそれをクラウド上で確認できるため、社内でのうっかりや抜け漏れがなくなっています。

こういったツールを利用すれば、スピーディ、かつ、管理が簡単なので、小規模の企業だと重宝しそうです。

他の会社にもおすすめしますか?

大規模で、様々な部門がある企業だと、管理がもっと複雑だと思うので、それを考えると、機能的に他のツールを使用したほうがよいかと思います。

不動産

2〜10人

少人数でマルチタスクになっているなら必要

利用にかけた費用

月額:3980円

使いやすいと感じた点を教えてください。

弊社は賃貸不動産の仲介、斡旋を主な業務として行う不動産業者です。起業から5年の企業で社員、スタッフ含め4名で営業しており、様々なクラウドサービスを利用しています。マネーフォワードクラウド請求書も毎月の業務の効率化が実現できています。

不便だと感じた点を教えてください。

立ち上げ当初の弊社では、わずかな社員数のため事務専門の社員がおらず各自がそれぞれで行っていました。それが非常に手間でしたので、できるだけ手間を省くために「マネーフォワードクラウド請求書」を利用しました。メリットばかりが目につきますが、画面インターフェイスがもう少し簡易にならないか希望します。

外部連携はしやすいと感じましたか?

データのエクスポート、インポートもしやすいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

弊社のように限られたスタッフで業務を行わなければならない場合には、業務の負担軽減を考慮してもぜひ、導入を検討したほうがよいのではないでしょうか。請求書が面倒だと思うならぜひ、活用しましょう。

インターネット

51〜100人

一目で操作感がわかる

使いやすいと感じた点を教えてください。

過去に作成した請求書や見積書がどこにあるのか一目でわかるのでわかりやすかったです。複製機能があり作業時間の短縮ができたので業務の効率が上がった点も良かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

たまにログインできずエラーになるときがあり、パソコンを再起動してもブラウザを立ち上げ直してもなおらなかったので一日作業ができなくなることがありました。特に要因もわからなかったが別の担当のパソコンでもたまに同様のエラーがでていました。

他の会社にもおすすめしますか?

一目で操作感がわかるので、システムに不慣れな方が多い高齢者の方や若い方がいる会社でも利用しやすいと思います。複製機能もあるので顧客を抱えている企業も利用しやすいと思います。

製造

1人

コストパフォーマンス的にも合致

利用にかけた費用

月額費用:1,000円ほど

使いやすいと感じた点を教えてください。

クラウドで操作が可能なため出張など外出しているときに迅速な対応を要求された場合、出先のホテルや電車内などでも作業することができるので大変便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

ネット環境が必要であるためネット環境がなければ使えない点が不便だと感じました。

普段であれば、スマートフォンのテザリング機能を活用し、どこでも請求書の発行を可能としているのですが、スマートフォンの充電がなくなった場合などは完全に使用することができなかったことです。

外部連携はしやすいと感じましたか?

PCで操作するのがメインですがスマホなどでも連携することができるので使いやすいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

他社にもオススメします。取引先の少ない企業であれば請求書を発行する件数も少ないと思いますので、費用がかからないようMFクラウドの請求書作成システムなどがコストパフォーマンス的にも合致していると思います。

その他

101〜250人

コスト削減の期待ができる

利用にかけた費用

月額30,000円

使いやすいと感じた点を教えてください。

今まで紙媒体で請求書を作っていたので紛失することなども数回あったが、このサービスではそうした心配がないので使いやすかった。

不便だと感じた点を教えてください。

どこでも使えるのはとても便利ですが、リモートワークになって私の会社では特定のパソコンでしかこの請求書システムを使えなかったので、どのパソコンでも幅広く対応できるような強靭なシステムがあればもっと使いやすくて便利だと思った。

外部連携はしやすいと感じましたか?

同じシステム上にあるので、マネーフォワードでの連携はしやすい。

他の会社にもおすすめしますか?

未だに紙の請求書を作成しているところがあると思うので、手間と人件費を考えると圧倒的にこのマネーフォワードクラウド請求書をオススメします。コスト削減の期待ができます。

レジャー

101〜250人

請求書の作成に無駄な時間を掛けずに済む

使いやすいと感じた点を教えてください。

過去の請求書に関して「入金済」「受領済」「DL済み」など細かいアイコンも表示され、必要項目を入力するだけで瞬時に請求書の作成ができるためミスがなく、且つ慣れていなくても操作しやすかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

大体の内容や使い勝手に関しては満足しています。ただ、プレビューモードですが、書類がおさまっていないためスクロールが毎回必要なのが結構面倒です。スクロールなしで表示、拡大機能が整っていればもっと見やすく使いやすくなるように感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

業界や業種問わず請求書の作成をスピーディにそして正確に進めていきたい企業にはオススメです。初心者であってもミスなく作成できるので請求書の作成に無駄な時間を掛けずに済みます。

IT

11〜30人

請求書を送る数が多く一括で送信したい会社に

使いやすいと感じた点を教えてください。

お客様に請求書をお送りする際、メールから自動で送られていくため自ら細かくチェックして送らなくても良いので仕事の量が減りました。

不便だと感じた点を教えてください。

直接お客様とメールで請求書のやり取りをしているわけではないので、少し問題があったときでも問い合わせについても手数が増えてしまうことが少し不便だと感じました。何も問題なく請求書をお送りすればいいだけのことですが、少しのミスで手数が増えてしまうので余計に注意しなければならないと思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

請求書を送る数が多く一括で送信したい会社でしたら、こちらのシステムを使っていったほうがいいと思います。個人で送る数はどうしても限られてしまうことのほうが多ので。

建設

2〜10人

請求書システムとしては不完全

利用にかけた費用

初期費用としてはかかっておらず、月額のみ5,980円+税かかりました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

会計システム側へ仕分連携できるので経理事務作業が効率化できた点が使いやすいです。過去入力した金額が自動で出てきてくれる為、請求金額のミスが減りました。

不便だと感じた点を教えてください。

請求書のテンプレートパターンが少ない上、加工ができないためわざわざ別の書式で打ち直して作成する場合があります。(書式は良いのに備考欄がないなど希望に沿ったものが無い)多様なパターンを準備してもらいたいですし、ある程度加工ができるよう改善してもらいたいです。

外部連携はしやすいと感じましたか?

会計システム側へ仕分連携できるのはとても便利な機能ではありますが、請求書システムから請求書を作成し、会計システム側で入金の入力をしても請求書システム側にて入金フラグが立たないのは変に感じます。

他の会社にもおすすめしますか?

請求書システムとしては不完全であると感じますので、請求書だけで考えると、オススメはしません。会計システムをメインで考えた場合のオプション程度と捉えるならば、使えるかなといったところです。

IT

251〜500人

業務効率上がった

利用にかけた費用

初期費用は無料です。月額費用は6,000円です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

勤務年数の少ない社員たちは特に請求書の入力ミスが多く、余計な業務が生じることが社内で課題となっていました。導入してからは請求書が正確に自動で作成できるので、人的なケアレスミスも起りません。社員たちも他の業務に集中できるようになり業務効率上がったと感じています。

不便だと感じた点を教えてください。

テンプレートの変更が上手く反映されなかったときは困りました。取引先に使用する請求書のテンプレートをもっと見やすくしようと、一律で変更しようとしたのですが、一部しか変更が反映されませんでした。予想以上に何度も変更をやり直す時間を取られてしまったので不便さを感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Excelと連携して請求書のデータを詳細まで正確に共有できたので、連携しやすかったです。

不動産

101〜250人

見積番号や請求書番号などが連携されていない

利用にかけた費用

初期費用:不明 月額費用:2万円弱

使いやすいと感じた点を教えてください。

クラウド会計と売掛金が自動連動できるところと、ほぼワンクリックで請求書のコピーや印刷、出力までもが可能になったので、大量の請求書作成が短時間でできるようになりました。

不便だと感じた点を教えてください。

見積もり番号や請求書番号などが連携されていない点には不便を感じます。連携されれば管理がスムーズにしやすくなって作業量は変わってくると感じました。

IT

11〜30人

操作性は良くすぐに慣れた

利用期間 

2021年4月〜9月

使いやすいと感じた点を教えてください。

見積から請求まで連携しており入力の手間が最小限で済んだ。汎用性があり使いやすく、操作も複雑でないためすぐになれることが出来た。

不便だと感じた点を教えてください。

商品に対する仕入の入力がでできると望ましかった。仕入先の管理や売上管理まで展開しているツールや連携について、もしかしたらあるのかもしれないが、わからず使わなかった。過去に使用したソフトはアクセスで手作りのものだったがそれより100倍よかった。

他の会社にもおすすめしますか?

比較対象出来るほどの使用経験がないのでまだわからない点が多いが、入金のチェックについて他にもっと使いやすいシステムを耳にしたことがあり、もう少しユーザビリティを求めても良いのではないかと感じた。

まとめ

マネーフォワード クラウド請求書は、請求書の作成から郵送までを自動で行える便利なサービスで、導入することで請求書の作成時間を節約できるだけでなく、郵送の作業コストも削減できます。

請求書作成をクラウド化することが人為的ミス軽減にもつながるため、よりスピーディーに正確な請求書を作成できるでしょう。

請求書の作成時間や郵送のコスト削減をお望みなら、この機会にマネーフォワードクラウド請求書の導入を検討してみてはいかがでしょうか。


画像出典元:「マネーフォワード クラウド請求書」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

請求書発行システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】請求書発行システム選びのお役立ち資料
起業ログが厳選する請求書発行システム
請求書発行システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ