請求書発行システムについて

【2021年版】おすすめの請求書発行システム15選を徹底比較!

記事更新日: 2021/06/11

執筆: 編集部

「月末、月初に発生する請求書発行の膨大な業務量、コストを改善したい・・・」とお悩みの経理担当者は多いのではないでしょうか。

請求書作成・封入・郵便局への持ち込みなど請求書発行業務を一手に引き受けてくれるサービスがあれば、今までの業務量が劇的に改善するかもしれません。

でも、たくさんある請求書発行システムの中からどれを選んだら良いのかはなかなか難しい問題です。

そんな時に一番重視していただきたいのは費用と導入実績です。

表を見て分かるようにシステムによって費用に大きく開きがあります。無料で使えるシステムもある中、月額8万円を超えるシステムも。価格は請求書の処理枚数と機能にほぼ比例するので、自社がどこまでの機能を求めるのかをまず明確にしてください。

導入にあたり、セキュリティが気になることと思います。不安を解消するためにも、導入実績が高いシステム・自社業界での導入実績があるシステムを選んでください。導入数非公開のシステムでも導入業種は公開されていますので、確認しましょう。

今回はおすすめの請求書発行システム15選をご紹介し、それぞれの特徴を徹底比較していきます。

専門家にも取材し、各ツールの特徴を徹底調査したので、ぜひ参考にしてください。

この記事に登場する専門家

おすすめサービスの比較を無料で!

請求書発行システムの資料を一括ダウンロード

知っておきたい!おすすめの請求書発行システム4選

 

1. 帳票の共有や郵送、会計管理までワンストップで可能!「MakeLeaps」

画像出典元:「MakeLeaps 」公式HP
 

特徴

「MakeLeaps」は見積書・請求書の発行など経理業務をクラウド化・AI化することで効率化を図るサービス。

作成した帳票の共有や郵送、更には会計管理までワンストップで実現し、金銭の流れを管理できるようになります。

結果的に経理業務の80%を削減可能。時間的コスト・肉体的コスト共に大幅に節約できるでしょう。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

多くの会社で活用できるサービス

MakeLeapsは5年ほど前から、株式会社リコーの資本に入っている会社です。

取引先ごとに仮想口座を発行することで、振込人特定作業にかかる時間や手間を大幅に軽減します。
MakeLeapsは紙の請求書発行にも対応してくれるのが良いですね。

また、Salesforce用のAPIがあり、非常に連携が取りやすいです。 売り上げレポートや入金管理などの細かい機能も充実していて、営業チームとの連携を意識しているのが設計にもよく現れています。 営業メンバーが請求書を送付したり、回収対応を行ったりする会社には、非常に有用なはずです。

また「バーチャル口座」機能も注目しています。 銀行口座への振込人名不一致や、入金消込の弊害となりうる事象を、この機能が排除してくれます。
様々なプランがあり、個人からある程度大きな企業まで、料金体系が細かく分けられています。

料金プラン

  初期費用 個人向け月額 法人向け月額 無料お試し
費用 0円 500円 800円 30日間

ユーザー数・取引先数に上限はありませんが、取引先数が10社を超えると1社につき50円~80円の費用が発生します。

事前契約ではなく、ひと月毎の利用状況で料金が変動するため、無駄なく導入できます。

※詳細は資料をダウンロードしてご参照ください。

 

関連記事

MakeLeaps(メイクリープス)の評判・口コミ・料金・価格を徹底解説!

この記事ではMakeLeaps(メイクリープス)の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介します!

 

2. 経理業務全てに対応!「BtoBプラットフォーム請求書」

画像出典元:「BtoBプラットフォーム 請求書」公式HP

特徴

「BtoBプラットフォーム 請求書」は、企業間の取引で発生する請求書業務をクラウド上で完結できる便利なサービスです。

初期費用や基本利用料金はやや高額という印象ですが、実際に導入した企業の口コミを確認してみると評判は上々、請求書業務に関わる時間の削減や、郵送料などのコスト削減に役立ったという声が多く挙がっています

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

多くの取引先を抱える会社におすすめ

BtoBプラットフォーム請求書は、ある程度までは無料で利用できるところが魅力です。

このサービスは、飲食業界でよく使われています。 飲食で強い理由としては、BtoBプラットフォームを運営しているインフォマートが元々、商談や取引先を発見するプラットフォームとしてスタートしたことがあります。
しかし最近では、飲食に限らず、ホテルのサービス業やIT業界など広い業界での利用者も増えています。 特に、多くの取引先を抱える、外食産業・製造業・小売業者には非常にオススメできるサービスです。

大手ならともかく、個人レベルの小規模取引先が有料請求書サービスの導入をするのは難しいですが、BtoBプラットフォーム請求書は小規模なら無料で利用できるため、小規模取引先にBtoBプラットフォームを導入してもらうことで、取引先とも電子上で完結にやりとりできます。
意外と無料で提供しているサービスは少ないので、取引先数が多いのであれば、様々な規模の会社にオススメしたいサービスです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 30,000円~ 15,000円〜 1週間
 
関連記事

BtoBプラットフォーム 請求書の評判・口コミ・料金・価格を徹底解説!

この記事ではBtoBプラットフォーム 請求書の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介します!

 

3.データ連携が簡単!『楽楽明細』

画像出典元: 「楽楽明細」 公式HP

特徴

「楽楽明細」は、既存の⾃社システムなどから出⼒できる請求データを⼀括で取り込むだけで簡単にデータ連携ができるため、システム導入の際にネックとなる初期設定をスピーディに行うことができます。

操作画面も簡単でシンプルなデザインで使いやすく、豊富な機能を取り揃えている分、納得の価格設定となっています。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

コスパ重視の会社におすすめ

楽楽明細は最近、小中規模くらいの会社に多く利用されている印象があります。
これはシンプルでコスパよく利用できるという魅力を持ったサービスだからです。

もともと楽楽明細を運営しているラクスは、メール配信サービスなども運営していたり、最近はBtoBの事務サービスを開発していて、それが今順調に伸びている印象があります。
請求書の送付の際に、納品書や、チラシ・お知らせといった書類の発送も対応できる点が、かゆいところに手が届く部分ではないでしょうか。

CMも放送されており、認知も広がってきていると思いますが、必要機能はしっかりと揃っている心強さを感じます。ベーシックな機能だけコスパよくを利用したい人には非常にオススメのサービスです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 100,000円 24,000円~ あり

 

楽楽明細の資料をダウンロード

 

 

4. 受取りや管理も楽になる!『e-メイサイプロ』

画像出典元:「e-メイサイプロ」公式HP

特徴

e-メイサイプロは請求書の発行はもちろん、受取り・管理までクラウド上でかんたんにできる請求書作成サービスです。

作成した請求書はPDFでダウンロードできるほか、データを一括して取り込み、見積書から納品書、納品書から請求書へと簡単に変換することができます。

また、様々な形式で送付される請求書を電子化し、フォーマットを統一することで一括管理が可能です。

月次決算を迅速に行いたいという受取側はもちろんのこと、毎月の請求業務を効率的行いたいという発行側の企業にもおすすめのサービスです。

料金

発行タイプ
・初期費用:150,000円(キャンペーン中は50,000円)
・月額料金:15,000円~

 

その他の有料おすすめ請求書発行システム

マネーフォワードクラウド請求書


画像出典元:「マネーフォワードクラウド請求書」公式HP
 

特徴

マネーフォワード クラウド請求書は、請求書の作成から郵送までを自動で行える便利なサービスで、導入することで請求書の作成時間を節約できるだけでなく、郵送のコストも削減できます。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

安心できる企業が提供しているサービス

マネーフォワードは請求書以外にも会計、決済、勤怠、経費精算など、様々なサービスを提供しています。

マネーフォワード製品の最大の特徴は、これらがそれぞれ独立性を持っているところです。
会計を使っているけど、給与は別の企業の製品を使って、勤怠はマネーフォワード製品を利用するなどができます。エンジニア的に言えば、「疎結合」できるようなモジュールを設計しているサービスです。

新機能を連続して進めるというよりは、システムの堅牢性確保のためにしっかりと時間と工数をかける意思決定をすると伺っており、安心できる企業スタイルだと感じます。
主な顧客としては小規模な会社だと思います。 マネーフォワードクラウド会計をお使いであれば、もちろん連携しやすいので、おすすめです。

機能

・請求書を自動で生成
・ワンクリックで自動郵送
・複数人数でのデータの共有が可能

料金プラン

  個人向け 法人向け 無料お試し
月額費用 1,280円~ 3,980円~ 1か月間

各プランの基本料金に利用人数に応じた従量課金が追加されます。

 

INVOY

画像出典元:「INVOY」 公式HP
 

特徴

INVOYは請求書や納品書などの書類作成に悩んでいる企業にはおすすめです。無料でありながら作業を効率化させるための厳選された機能が揃っています。

シンプル操作で簡単に利用できるのも大きな魅力です。企業だけでなく、フリーランスで活躍している人にとっても重宝するツールでしょう。

機能

・書類をPDFでダウンロードできる
・取引先の登録で2回目以降の作業を軽減
・定期的に作成している請求書を自動発行

料金プラン

  全機能 郵送代行サービス
費用 0円 1通あたり147円

全て無料で利用できます。ただし、発行額 1,000,000,000 円 以上/月もしくは発行枚数 5,000 枚 以上/月の場合はお問合せが必要です。

 

 

Misoca

画像出典元:「Misoca」 公式HP
 

特徴

Misocaは、見積書や請求書をたった1分で作成できるクラウド請求書サービスです。誰でも簡単に扱える直感的な操作性が魅力で、今まで請求書作成業務にかかっていた膨大な作業時間の大幅カットが実現します。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

弥生会計との連携が充実

Misocaは4年ほど前に、弥生株式会社に吸収合併されたため、弥生会計との連携が非常に優れていることが特徴として挙げられます。

またMisoca共同創業者である豊吉さんがエンジニアだったこともあってか、非常に機能が充実していて、カード決済等の機能があるところも特徴です。
具体的には、請求書の決済は、普通なら振り込みで行わなければなりませんが、Misocaを利用していればPayPalのカード決済で完結できます。
この機能があるおかげで、振り込みミスなどがなくなります。

他にも特徴的な機能で、「Misoca回収保証」というサービスがあります。
このシステムは、Misoca回収保証が付与された請求書に対しては、支払いの遅延や取引先の倒産等によって売掛金が回収できなくなった際に、損害を補填してくれるというものです。
この機能は個人事業主など小規模の会社にとっては、非常にありがたいと思います。
無料プランからはじまり、有料プランも基本料金も800円~と比較的リーズナブルなのも、利用者層のことを考えて設計されているからでしょう。

またMisocaには、紙の請求書郵送機能があることも、良いポイントです。

機能

・書類作成
・管理機能
・代金回収機能

料金プラン

  個人向け 小規模法人向け 大規模法人向け 無料お試し
年額費用 無料 8,000円 30,000円~ 1年間

現在1年間無料キャンペーンを行っており、それ以降は表の料金となります。

どのプランも機能に大差はなく、月間請求書作成数やユーザー追加可能数に違いがあるシンプルでわかりやすい料金体系です。

 

Square

画像出典元:「Square」公式HP

特徴

Square請求書は、Square請求書アプリ・Square POSレジアプリ・デスクトップ環境のいずれからでも請求書を発行することができます。

特に顧客のメールアドレスと請求額を入力するだけでどんな支払い方法でも請求から支払いまでを一括に管理することができるという手軽さが魅力です。

さらに、1つの請求書で複数の支払い履歴を管理することができるので未払金のチェックなどを行う手間が省けます。

なお、顧客のカード情報はSquareサーバーに安全に登録することができるので、請求書発行のあらゆるニーズに対応することができます。

 

料金

Squareのサービス使用中に掛かる費用は、クレジットカード利用による決済手数料のみ

初期費用・月額費用はかかりません!

VISA、MasterCard、AmericanExpressなどは決済手数料が3.25%です。JCBカードは他のカードとは異なり、3.95%となるので注意が必要です。

セットアップが無料である点や月額固定費がない点に加え、合計6社のカード会社に対応しているので安心です。

 

会計freee


画像出典元:「会計freee」公式HP

特徴

freeeは簿記の知識が乏しい人が会計を担当する会社に特におすすめです。感覚的に操作することができます。

またシェアNo.1を誇るだけあって、そのコストパフォーマンスは素晴らしいです。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

個人事業主から大企業まで利用できるサービス

freeeはワークフローを意識した設計思想のサービスだと感じています。

またfreee自らが言っているように、ERPのように統合的に使うことで価値を最大化できるツールですね。 
まずfreeeには、経理の基本である借方貸方の概念を意識しなくても、口座からのお金の出入りで経理を集計するシステムを採用しており、根本から他のツールとは異なっています。 freee内の概念だと、いわゆる簿記の勉強をしてきたというより、初めて会計・経理を始める人が直感的に使いやすくなっています。

この概念を一貫して共有しているため、freeeのサービスでシステムを揃えると、より効果が得られます。 特に請求書と会計はサービス間ではもっとも密接につながっているため、あわせて使われることをおすすめします。

freeeが主に狙っている顧客群は、初めは個人事業主だったと思いますが、最近はプロフェッショナルプランという、ERPサービスも提供していることもあり、顧客としても、野村証券さんなどの大企業やIPOしているようなスタートアップでも多く利用されています。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 0円 1,980円 30日間

ミニマム版とベーシック版の最大の違いは、経費精算機能があるかどうかです。

経費精算も同時に導入するのであれば、ベーシック版を利用しましょう。経費精算機能が不要であれば、ひとまずはミニマム版の導入を検討すると良いでしょう。

 

 

請求管理ロボ

画像出典元:「請求管理ロボ」公式HP

特徴

「請求管理ロボ」はSFAとERP/会計をつなぐ、請求・集金クラウドサービスです。

顧客管理システムや会計システムとも連携可能で、契約から請求、入金確認まで一括で管理可能になり、今まで人や時間を費やしていた業務の効率化がはかれます。

機能

・業務の簡素化
・一括管理
・人為的ミスの低減

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 300,000円 80,000円~ 要問合せ

 

 

SAPconcur

画像出典元:「SAPconcur」 公式HP
 

特徴

経費精算や領収書・請求書の管理をペーパーレス化し、総合的に把握できます。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

外国籍企業には欠かせないツール

SAP ConcurはSAPに吸収合併される前は独立したツールで、大企業がメインの顧客でした。

最近では料金設定も頻繁に変えていて、中小でも使いやすいサービスを提供してくれています。

様々なサービスとのAPI連携もありますし、協業などもされています。 製品とは少し関係ない話になりますが、電子帳簿保存法が10月に改定されたこともあり、日本の電子化を進めようと旗を振って進めてくれているのがConcurです。様々な方の声を発信し続けていて、電子化の空気を作ったという面では非常に貢献度が高いです。

また海外SaaSであるため、外国の通貨や税率に対応していて、多国籍企業には欠かせないツールだと言えます。 海外通貨に対応しているツールはなかなかないので、こういった機能は非常に魅力的です。

 

board

画像出典元:「board」 公式HP
 

特徴

「board」は”バックオフィス業務のために起業したのではない”というキャッチコピーが印象的な請求書・見積書作成ツール。

帳票を発行する業務の他、事務作業から経営管理まで「board」1つで効率化を図れます。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

工藤博樹氏のアドバイス

外部サービスとの連携が充実

boardはワークフローを意識したサービスです。
例えば、見積書をboard内で作れたり、一連のセールスから経理までのコミュニケーションをboard内で解決してくれます。

board内のワークフローで発生するような契約関連の業務も簡単に済ますことができます。 請求書分野にだけ集中しているからこそ、他のツールよりもより細かく機能を搭載してくれています。

最近ではDocuSignともAPI連携できるようになり、多くの外部サービスとの連携もしています。

様々なSFA、CRM、会計ソフトなどと連携できるのも魅力の一つなので、このような外部のツールと連携させてまとめて管理したいと考えている場合にもおすすめです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 0円 980円~ 30日間

 

 

SVF Cloud

 
画像出典元:「 SVF Cloud」公式HP
 
 

特徴

「SVF Cloud」は20,000社以上が導入している人気の請求書発行システム。

現在使用しているシステムがクラウドでもオンプレミスでも導入でき、あらゆるスタイルの帳票作成・出力を可能にしました。

簡単操作で美しい帳票を作成できる、非常に利便性の高いサービスです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 200,000円 30,000円~ あり

 

 

pasture

画像出典元:「pasture」公式HP

特徴

「pasture」は、フリーランスに特化した発注・請求管理システムです。

フリーランスのへ発注からタスクの管理、請求書の発行・承認まで全てをワンストップで行えるだけでなく、フリーランスのスキルや過去の取引実績を可視化することもでき、多くのフリーランスと契約している企業には最適なサービスです。

Forbes JAPAN Web編集長

谷本有香によるpastureの総評

TBS「ビビット」、 テレビ朝日「サンデースクランブル」など、レギュラーコメンテーターとして多数の報道番組に出演。 ロイヤルハウジンググループ上席執行役員など企業役員・アドバイザーとしても活動。2016年2月より『フォーブスジャパン』に参画。

請求書を一からを作る作業がなくなった

pastureは、フリーランスに特化した発注・請求管理システムで、私も企業としてとフリーランスとしての両方で利用しています。
 
pastureは、以前までは使いづらかったり、バグがあったりしましたが、その度にアップデートが行われてどんどん使いやすいツールになっています。
今までの請求書を一からを作る作業がなくなりますし、どのくらいの頻度で誰に発注して、どのくらいの頻度で戻ってきているのかも簡単に把握できるようになりました。
 
私のようにタスクを任せて、お金を払う管理者の立場からすると、タスク管理も請求書も簡易に作れることが、大人数を捌かなければならない立場として、ありがたいです。

料金プラン

  初期費用 月額費用 無料お試し
費用 要見積もり 25,000円~ 要問合せ・デモ視聴あり

 

 

その他の無料おすすめ請求書発行システム

Zoho Invoice

画像出典元:「Zoho Invoice」公式HP

 

特徴

無料で始められるクラウド型見積書・請求書作成サービスで、プロジェクトの工数管理や経費の管理など充実した機能を兼ね備えています。

書類作成のコスト削減や支払いの受け取り自動化を考えている企業におすすめです。

料金プラン

  無料プラン 有料プラン
費用 あり 月額1,080円~

年額プランになると、2か月分割り引きとなります。

サービスに納得出来ない場合は、30日間の返金保証があります。

 

 

請求書発行システムの主な機能

請求書発行システムの中には、請求書を発行するだけでなく、その他機能が付随されているものも多くあります。

機能が充実すれば当然コストは上がるので、各機能が自社に必要か・不必要か、見極める参考にしてください。



請求書発行システムの3つの選定ポイント

1. 対取引先へのサポート

電子請求書でなく、紙の請求書で送って欲しいという企業は一定数存在します。請求書を電子化するにあたり、請求先企業の事情もあわせて考えなくてはいけません。

電子化を希望しない取引先を対象としたシステム説明や電子化後のサポート体制が整っているかどうかはサービスを選ぶ上で大事な選定基準となります。

2. 自社の会計システムとの連携可否

サービス導入にあたって、自社の会計システムと連携が出来るかどうかも大事なポイントです。

自社システムのデータと簡単に同期可能なら、導入後すぐにサービスを開始でき、導入のハードルがぐっと下がります。

また、システムの中には請求書発行だけでなく、入金の消込作業・請求漏れの確認・取引先への督促など多彩な管理機能を搭載しているシステムもあります。

各機能が既存システムと連携できるのかも、あわせて確認しましょう。

3. セキュリティ、バックアップ体制

クラウド上にデータを保存するにあたって一番心配なのは、データ漏洩や紛失です。

データセンターの安全性が保障されているかどうか、24時間365日の監視体制かどうか、通信データがSSL暗号化されているかどうかなどデータセンターのセキュリティが万全かどうかを必ずチェックしてください。

データのバックアップが常時行われているかどうかも、データ紛失のリスクを考える上で必ず確認しておきたいところです。

請求書発行システム導入の3つのメリット

1. 請求書発行にかかる業務量を大幅に削減

請求書発行から受け渡しまでの全ての業務をクラウド上で行えるので、今まで何日もかかっていた業務がweb上で完結し、劇的に業務改善が実現します。人件費・工数共に大きく削減可能です。

2. 発行経費を削減

請求書を電子化することで、今までかかっていた紙代、郵送費などが全てゼロになります。

紙の請求書を補完していたスペースも必要なくなり、紛失や盗難のリスクもなくなります。

3. 人的ミスがなくなる

大量の請求書を扱っていると、誤請求、未封入など人的ミスが発生するもの。請求書発行システムを導入すれば、業務のシステム化で人的ミスを予防出来ます。

請求書発行システム導入のデメリット

1.取引先にも作業が発生する

一番のデメリットは、請求先企業の電子化対応への理解が不可欠ということです。

会社によっては、電子請求書は導入ハードルが高く、紙での請求書しか受け付けられませんという場合が考えられます。ネット環境が整っていない取引先もあるかもしれません。

取引先に対しても電子化移行の案内や、導入サポートをしてくれるシステムを選ぶと安心です。同様の事例にどのように対応してきたのか、他社事例を聞くことも参考になります。

2. 情報漏洩リスク

請求書発行システムはクラウド上で情報を扱うので、やはりセキュリティが気になるところです。どのシステムも万全を期してはいますが、100%ではありません。

災害も含め、万が一のシステム停止時にも請求がストップしないような体制を作っておく必要があります。

まとめ

請求書作成~郵送にともなう業務量は膨大で、多大な人件費・コストがかかります。企業規模が大きければ大きいほど、取引先数も増え、請求書にともなう業務・コストは大きな負担となってしまいます。

この悩みを一挙に解決するのが、請求書発行システムです。

導入すれば、請求書作成~受領にかかる業務全てをweb上で行うことが出来るので、これまで時間をかけていた経理業務が大きく改善されるでしょう。月末や月初にタスクが集中することもなくなります。

コストだけでなく人為的ミスも大幅に減らせます。

今回ご紹介した請求書発行システムの選定ポイントを参考に、自分の会社が必要とする機能は何かを見極め、自社にぴったりなサービスの導入を検討してください。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

請求書発行システムの資料を一括ダウンロード

編集部が選んだ請求書発行システム

起業ログが厳選する請求書発行システム
請求書発行システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ