MakeLeaps

記事更新日: 2020/10/01

執筆: 編集部

編集部コメント

「MakeLeaps」は見積書・請求書の発行など経理業務をクラウド化・AI化することで効率化を図るサービス。作成した帳票の共有や郵送、更には会計管理までワンストップで実現し、金銭の流れをサービス内で管理できるようになります。結果的に経理業務の80%を削減することが可能です。

請求書発行システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

請求書発行を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

MakeLeapsだけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

MakeLeapsの資料を請求
1. 帳票作成

見積書から請求書までクラウド上で作成し共有までできる

2. 書類郵送サービス

ワンクリックで書類の印刷・封入・投函の代行を依頼できる

3. 入金管理

口座連携機能により請求書を自動で呼び出しワンクリックで入金消込できる

良い点

経理業務の中でも時間を要する書類の印刷から投函作業ですが「MakeLeaps」ならそれらの業務代行してくれるため、書類の作成やその他業務に集中できます。

悪い点

取引先が10社を超えると別途1社ごとの利用料金が発生。利用頻度の低い取引先をシステムに取り込むとコストパフォーマンスが低下します。

費用対効果:

月額800円から使用可能。年払割引等料金がお得になるサービスも充実しています。

UIと操作性:

どの機能も経理担当者なら問題なく操作できます。

セキュリティ体制:

高度なセキュリティを導入した環境下でデータバックアップを実施しています。

MakeLeapsの3つの特徴

1. 金銭の流れを可視化する

「MakeLeaps」で作成した見積書・発注書・納品書・請求書・領収書はWEB上で一元管理できます。

銀行口座を登録しておけば、入金情報を随時自動取り込み。入力作業をせずとも帳票に基づく金銭の流れが把握できます。


「MakeLeaps」管理画面の例


また、銀行口座への振込人名不一致等、入金消込の弊害となりうる事象を排除する「バーチャル口座」機能は大変便利。

取引先ごとに仮想口座を発行することで、振込人特定作業にかかる時間や手間を大幅に軽減します。


バーチャル口座発行のメリット


導入開始下限口座数による制限から、中小企業には導入が難しかったバーチャル口座も「MakeLeaps」なら1口から作成可能。

金銭の流れの把握をよりスムーズにし、確認ミスによるトラブル防止に役立ちます。

帳票発行状況から入金予定日、入金状況までクラウド上で共有可能。それらの情報は顧問会計士や税理士にも共有できるため、会計処理の効率化にも役立つでしょう。

2. ワンクリックで書類投函を代行

「MakeLeaps」では作成した帳票をはじめ、あらゆる書類の印刷・封入・投函の代行を受け付けています。申込みは「書類を送付」ボタンをクリックするだけ。

通常手作業で行う作業を代行してもらうことで、経理担当者の負担が大幅に軽減します。


ワンクリックで作成した書類の送付を依頼


平日18時までに送付依頼した書類は翌営業日中に投函され、通常1~3日に取引先へ到着。書類の投函が完了するとメールにて通知され、投函依頼後も状況をしっかりと把握できます。

郵送代行サービスはポイント購入制を採用しており、書類5枚につき1ポイントが必要。ポイントは1ポイント148円で管理画面より購入できます。

3. 社内連携で業務がスムーズに

「MakeLeaps」で作成した書類はすべてクラウドにて管理。経理部門内はもちろん、権限を与えられた従業員なら誰でもアクセスできます。

簡単操作で帳票が作成できることから、経理担当者でなく営業担当者自ら見積書や請求書を作成する企業も。

ユーザー単位で月額料金が発生するため、企業の規模や業務スタイルに合わせて柔軟な使い方が可能です。

書類の承認もWEB上で完結。出張や外回りで不在がちな上司に書類の承認を得るのは至難の業ですが、「MakeLeaps」があればどこでも書類のチェックを依頼できます。


WEB上で書類の確認・承認が可能


段階的な承認が必要な場合は、書類作成時に「段階承認フロー」設定をしておけば承認作業がスムーズに。順を追って承認依頼が送られるため、書類作成者がチェックせずとも自動的に書類が巡回。

書類の進捗状況は随時チェックできるため、万が一承認フローが停滞した場合も個別で連絡ができ安心です。


段階承認フロー確認画面

MakeLeapsの資料を無料ダウンロード

 

MakeLeapsの料金プラン


「MakeLeaps」の法人プランの場合、月額料金800円~導入可能。

ユーザー数・取引先数に上限はありませんが、取引先数が10社を超えると1社につき50円~80円の費用が発生します。

事前契約ではなく、ひと月毎の利用状況で料金が変動するため、無駄なく導入できます。

MakeLeapsの資料を無料ダウンロード

 

MakeLeapsの評判・口コミ

組織のペーパーレス・キャッシュレスに挑戦
一般社団法人Fintech協会様

人間がやる作業はどこかでミスすることもあります。会員の情報を更新したりするのにシステムによる管理は必須ですね。「MakeLeaps」なら、請求書の送付も、ボタン1つクリックすれば郵送対応してくれるのは助かりますね。銀行の入金消し込みなどは、まだスタッフが手動でやっていたりしますが、それも「MakeLeaps」で管理できるので便利です。

いつでもどこでも作業ができる
Orinoco Peatix 株式会社様

私はサッカーが大好きで、2014年ブラジルワールドカップも現地で観戦しました。今までだったら、日本で作業しないといけないので、なかなかこういった長期休暇は申請しづらかったのも事実です。クラウド上にデータがあり、ネット環境さえあれば世界中どこでも作業できるので助かりましたね。必ずしもオフィスで作業しなくても良くなったので、自宅等でも簡単な作業は行っています。

※「MakeLeaps」公式HP参照

まとめ

「MakeLeaps」は帳票作成・送付業務の負担が大きく、業務効率の低下を招いている中小企業に最適なサービス。

今もなお新機能を続々リリースしており、最先端技術を駆使した経理業務効率化に期待の声が集まっています。

金銭の流れもシステム上で即確認できることから、経営者による財務状況の把握がスムーズに。

中小企業に発生しがちな請求関連の課題を速やかに解決することで、経理業務だけでなく企業全体の業務を大幅に効率化するでしょう。

MakeLeapsの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「MakeLeaps」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

請求書発行の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【請求書発行システム】【請求書・見積書作成ソフト】【クラウド帳票サービス】【Web請求書・クラウド請求書】のツール

起業ログが厳選する請求書発行
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
楽楽明細
MakeLeaps
BtoBプラットフォーム 請求書
e-メイサイプロ
PASELLY
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ