楽楽明細

4.1

記事更新日: 2021/06/03

執筆: 編集部

楽楽明細は請求書、納品書、支払い明細などの帳票をWeb上で発行するクラウド型のシステムです。

まず最初に、数々の請求書発行システム利用し、それを自社サービスにも役立てている、メリービズ株式会社代表取締役の工藤博樹氏に、起業ログ編集部がきいた楽楽明細の評価を紹介します。

メリービズ株式会社 代表取締役社長

メリービズ株式会社 代表取締役社長 工藤博樹による「楽楽精算」の総評

日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。 INSEAD MBA取得。Locondo.jp立ち上げ。自身の苦労や周りの起業家の悩みから事務作業を楽にできるサービスを用意したいと考え、2011年7月にメリービズ株式会社を創業。2015年にFinTech協会を創業。

コスパ重視の会社におすすめ

楽楽明細は最近、小中規模くらいの会社に多く利用されている印象があります。 これはシンプルでコスパよく利用できるという魅力を持ったサービスだからです。
 
もともと楽楽明細を運営しているラクスは、メール配信サービスなども運営していたり、最近はBtoBの事務サービスを開発していて、それが今順調に伸びている印象があります。 請求書の送付の際に、納品書や、チラシ・お知らせといった書類の発送も対応できる点が、かゆいところに手が届く部分ではないでしょうか。
 
CMも放送されており、認知も広がってきていると思いますが、必要機能はしっかりと揃っている心強さを感じます。ベーシックな機能だけコスパよくを利用したい人には非常にオススメのサービスです。

このように楽楽明細は基本的な機能をコスパ良く利用したい小中規模の企業におすすめのサービスです。

この記事では、そんな楽楽明細の特徴・評判・料金・口コミを詳しく解説していきます。

請求書発行システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

請求書発行システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

楽楽明細だけ知りたい方はこちら

楽楽明細の資料を請求
1. Web発行機能

既存の帳票データをWebからダウンロードする機能。得意先の請求書の確認方法も、顧客ページ(会員ページ)で確認又はURLからダウンロードする等、複数の発行方法から選択できる。

2. メール添付機能

通知メールに直接、帳票データを添付して送る機能。メールに帳票データを添付してほしいという取引先がいる場合、メール添付機能を使用することが可能。

3. 郵送機能

帳票データの郵送代行は「楽楽明細」上で簡単に依頼できる。郵送は引き続き自社で行いたいという方には郵送する帳票PDFを一括でダウンロードすることも可能。

良い点

「楽楽明細」を導入すれば、請求書や納品書等の帳票データにかぎらず、チラシ・お知らせの発送まで幅広く運用できる点が大きなメリットです。

悪い点

システム導入の際、帳票データの発行先にメールアドレスを確認したり、システムの説明や問い合わせ対応等の手間がかかる点がデメリットになります。

費用対効果:

理由:初期費用は100,000円となっていますが、月額利用料が24,000円~(従量課金制)のため、毎月の印刷代、発送費、人件費を考えれば低予算で利用可能といえます。

UIと操作性:

理由:「楽楽明細」のシステム画面は、パソコンの操作が苦手であったり、初めての方にもわかりやすい操作画面となっています。

セキュリティ:

理由:「楽楽明細」を運営する株式会社ラクスは、24時間365日の監視体制、災害時に備えた代替機器の保有、毎日のデータのバックアップ等のセキュリティ体制が強化されています。

楽楽明細の3つの特徴

1. パソコンが苦手な人でも簡単に操作できる

今まで請求書等の発行業務を手作業で行っていた企業や帳票データを扱う担当部署がパソコンに不慣れなチームの場合、システム導入時に不安となるのがシステムの操作性です。

「楽楽明細」は、複雑な機能がなく、帳票発行業務に特化しているため、パソコン操作が苦手な方や初めての方にも直感的に操作できる画面となっています。

また、帳票データを受け取る企業側にもわかりやすい操作画面となっているため、システム移行後も取引先との帳票データのやりとりをスムーズに行うことが可能です。

さらに、請求書や納品書などに表示させる項目、位置などを希望通りに自由に作成できるため、現在使用中のフォーマットをそのまま再現することもできます。

初心者でも簡単に操作できる

2. どんな帳票も発行可能

「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払明細、領収書等の各種帳票だけでなくチラシ・お知らせといった書類の発送にも対応しています。

請求書:縦型、横型など「楽楽明細」のフォーマットまたは自社で今まで使用していたフォーマットを自由に選択可能です。

支払明細書:支払明細書の発行と同時に支払明細に記載された明細情報をCSVデータとして送ることもできます。

納品書:単独で電子化することも、請求書や検収書といった他帳票と同時に発行することも可能です。発送のタイミングも自由に設定できます。

領収書:領収書をWEBで発行すると印刷封入の手間がかからなくなり、郵送費用の削減だけでなく、収入印紙分のコスト削減にもつながります。

請求書・支払い明細・納品書等どんな帳票も発行可能

3. スピーディなデータ連携

自社システムや販売管理システム等、現在利用中のシステムから出力できる請求データを一括で「楽楽明細」に取り込むだけで、データの連携が完了します。

連携データは、CSVデータまたはPDFデータのうち利用しやすいほうを選択可能です。

また、利用中のシステムと自動データ連携をしたいという企業向けに、API連携オプションがあります。

現在利用中のシステムで請求データ確定後、「楽楽明細」にて自動で請求書を発行する方法や利用中のシステム上の顧客データを自動で「楽楽明細」に連携する方法の他、「楽楽明細」で顧客データが変更された際に自動で利用中のシステムの顧客データを書き換える方法などを選択できます。

既存システムと簡単連携

 

楽楽明細の資料を無料ダウンロード

 

楽楽明細の料金プラン

月額費用は、Web帳票発行件数による従量課金制で、発行件数が増えると、一件あたりの単価が安くなり、お得になります。


詳しくは以下の資料をご確認ください。

楽楽明細の資料を無料ダウンロード

 

楽楽明細の導入事例

自動発行で月間10時間の印刷、封入作業を削減
GMOソリューションパートナー株式会社様

「楽楽明細」では、請求データや領収書のデータを取り込むだけで自動で発行してくれるので、印刷、封入を手作業で行う必要がなくなりました。以前は月間10時間の作業時間がかかっていたので、まるまる削減につながりました。

帳票データのダウンロード状況が一目でわかる
日本橋夢屋様

「楽楽明細」は、請求書のダウンロード状況が一目で確認できるので非常に便利です。ダウンロードされていないお客様へはリマインドメールを自動で配信することができるのもありがたいですね。

*「楽楽明細」公式HP参照

楽楽明細の評判・口コミ

サービス

101〜250人

請求書発行まで時間が掛からない

利用にかけた費用

初期費用:100,000円 月額費用:24,000円 

導入に至った決め手を教えてください。

請求書発行は既存のシステムで行なっていたが、発行までの時間がかかり過ぎてクライアントへ迷惑を掛けることがあった。グループ企業で発行していたが、当該企業の負担が大きいことから、個々の担当で発行ができて、発行までの時間が掛からないこのサービスを導入した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

発行まで時間が掛からないこと。導入前は1〜3営業日かかっていたが、このツールであれば当日には発行できる。時間短縮、作業効率化が実現できたことは、かなり大きな魅力です。他のツールと比較しても特別操作やインターフェースが複雑だということはありません。

不便だと感じた点を教えてください。

請求書のアップロードまでの工程や、クライアントと即共有できる機能に慣れるまでに時間がかかりました。対象法としては、マニュアルを読み込み、担当部門へ問い合わせるなどして解決を図りました。

サービス業

51〜100人

概ね不便さを感じたことはない

使いやすかった点を教えてください。

繁忙期になると請求書発行の数も一気に増えるので、それまでどうしてもミスが多発することが多かったのですが、人の手を離れシステムで一連の流れを行うようになってからそれが一気に減り、作業効率が上がったことが最も良かったと感じました。

不便だと感じたことを教えてください。

概ね不便さを感じたことはこれといってとくにないのですが、帳票の作業工程を可視化する機能があるとそれ以上に円滑な業務をしていけるようになると思います。それがないことでの「手間」は少なからず感じます。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

特に感じませんでした

他の会社にもおすすめしますか?

請求書発行はどの業界でもかかわってくることだと思うので全ての業界にお勧めです。より正確に作成できることで、繁忙期などの時期でもミスなく作業を進められると思います。

IT

1001人以上

導入ハードルが低くコスパに優れている

利用にかけた費用

月額30万円程

利用期間

2017年12月~2021年7月現在も使用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

顧客情報のマスタがそろってきていたため、請求書に必要な情報が取得しやすかったです。また、住所の入力ミスなどが軽減できました。導入が比較的しやすいシステムのため、専属の担当者を作らなくても対応できます

不便だと感じた点を教えてください。

システム化することで入力ミスはなくなったのですが、一方で融通が効きにくくなりました。請求明細の文言を修正したり、統合するための手数が増えてしまいました。また、住所が直前で変わったりする場合にマスタから変更する必要があるため、スピード感は落ちました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

連携しやすいです。他の顧客情報からマスタ連携していました。

他の会社にもおすすめしますか?

営業の事務作業を大幅に減らすことができてコストパフォーマンスに優れているので、おすすめします。

金融

1001人以上

全てデータ処理でき経理業務も効率化できる

利用期間 

2018年5月〜2021年8月現在 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・会社仕様に加工しているため、何をどこに保存したらいいかがわかりやすい。 

・使用方法もわかりやすく、個々に請求書など対応がスムーズにできている。 

・今まで発注申請などは別途行っていたが、精算処理全てがこのシステム1つで完結できる。 

不便だと感じた点を教えてください。

・一つの工程において、承認者を飛ばす事ができない(急ぎの場合などの、特例対応ができない) 

・必要書類のデータがないと、一時保存ができない(取り急ぎ集計したい時などデータを先に作成することがあるが、書類添付不備となり、データ作成ができない) 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。全てデータで処理できるため、スムーズかつ不備が少なく作業を完結できる。経理の処理も軽減されるので便利。特に社員数の多い会社や、経理(財務)の人数が少ない会社におすすめしたい。

コンサルティング

31〜50人

他社と同じ帳票でやりとりが出来て便利

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

24,000円/月 

利用期間 

2020年4月~2021年9月現在も使用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

あらゆる帳票を発行できるところです。請求書・支払い明細・納品書・領収書・見積書などが簡単にできて管理が楽になりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

ツール自体は悪い点は見つかりませんが、導入時期に関しては使い方や設定が分からなく、手間を取りました。サポートセンターに問い合わせても、返答が遅く、スムーズじゃありませんでした。 

また、セミナーの説明がピンとこなくてわかりにくいい気がします。

他の会社にもおすすめしますか? 

同業他社間や下請け業者などと連携し、同じ帳票にてやり取りを行うことにより、管理・納品・領収・受領などがスムーズに行えるので、進めたいです。

まとめ

毎月、帳票発行業務に時間とコストが消費されていた企業にとって、簡単な操作で帳票発行業務の時間短縮とコストを削減できる「楽楽明細」はおすすめです。

ラクスの郵送代行サービスについては、取引先ごとに、郵送発行かWEB発行かを選択でき、FAX送信も可能です。帳票データは紙媒体で発行してほしいといった取引先の希望に合わせることができるところも魅力です。

また、初期設定や今後の運用の相談・提案等については電話又はメールにて対応しているため、初めてシステムを導入する企業にも安心のサポート体制といえます。

システムの導入前には、他社製品の比較や帳票発行業務の改善提案、無料トライアルも受け付けているので、一度「楽楽明細」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

楽楽明細の資料を無料ダウンロード

 

画像出典元:「楽楽明細」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

請求書発行システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】請求書発行システム選びのお役立ち資料
起業ログが厳選する請求書発行システム
請求書発行システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ