CLOUD PAPER

記事更新日: 2020/04/22

執筆: 編集部

運営コメント

見積書・請求書をインストール不要で作成、1通あたり170円という低コストで発送を代行してもらえるWeb請求書サービスです。ブラウザでPC・スマホからでもアクセス可能なので場所を選ばず利用できます。データ共有・連携機能も充実しているので、とにかくコストを抑えて利用したいという企業におすすめです。

1. 見積書・請求書の作成

作成した見積書からワンクリックで請求書に変換できる

2. 売上レポート

月ごとに売上レポート・グラフを作成できる

3. 発注・納品・領収書の発行

作成された見積書・請求書からワンクリックで発注書・納品書・領収書を発行できる

良い点

インストールは不要です。ブラウザでPC・スマホからでもアクセス可能なので場所を選ばず利用できて大変便利です。

悪い点

支払い方法はクレジットカードのみとなっているので注意が必要です。

費用対効果:

利用メンバーが1名からでも月額1000円で利用可能なので、無駄なくコストを抑えて利用できます。

UIと操作性:

ExcelでCSVを作成して一括で取り込むことができるので、現在Excelを使用している担当者であれば簡単に操作できるでしょう。

CLOUD PAPERの特徴

業界最安級の価格&操作がかんたん

最大の特徴は、業界最安級の価格で利用できるという点です。1通あたり170円(切手・封筒・税込)で見積書・請求書の発送を代行してもらえます。

郵送の進捗についてはコントロールパネルにてチェックすることができます。

作成した見積書・請求書は、ワンクリックでPDFに変換することができます。いちいちダウンロードせずにブラウザからそのまま印刷することも可能ですのでダウンロードを待つ時間も削減できます。

もちろん、複数の見積請求書を一括ダウンロードすることも可能です。

取引先へメールにて、データを送信したい場合は、メールソフトを立ちあげずに、その場でメールに見積書・請求書を添付して送信することができます。

データの共有・連携もラクラク

チーム内の複数のメンバーで作成した見積書・請求書のデータを共有することが可能です。

また、見積書・請求書の承認フロー機能を利用すると、承認が必要なユーザーを個別に設定することができ、Web上で見積書・請求書の詳細の確認などのやりとりをスムーズにおこなうことができます。

さらに、会計ソフトfreeeと連携が可能となっているので、手間をかけずに請求書のデータを自動でfreeeに送信することができます。

CLOUD PAPERの料金プラン

上表の通り、4つのプランが用意されており、どのプランも初月無料となっています。

プラン申込時には翌月分の課金が行われます。

まとめ

CLOUD PAPERの特徴・評判・料金について解説しました。

発送料金が1通あたりわずか170円という低コストが魅力的なサービスとなっています。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「CLOUD PAPER」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web請求書・クラウド請求書ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【Web請求書・クラウド請求書】のツール

起業ログが厳選するWeb請求書・クラウド請求書ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
MakeLeaps
BtoBプラットフォーム 請求書
PASELLY
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ