Bioworks株式会社の決算/売上/資金調達を調べ、今後の展望を徹底調査

記事更新日: 2019/06/27

執筆: 編集部

バイオマスプラスチックのPlaxで地球を救う!「Bioworks株式会社」の資金調達および今後の展望について

決算公告

Bioworks株式会社(バイオワークス)はまだ上場しておらず、決算情報は公表していません。

 

「Bioworks株式会社」を累計資金調達額100億円超えの「株式会社TBM」が子会社化!の意味する期待度

持続可能な開発目標(SDGs)やプラスチック汚染問題の解決に向けて、企業の環境問題への対応が求められています。日本や海外で使い捨てプラスチックを規制する動きが強まり、プラスチックの代替素材に関するニーズはより高まっています。

 Plax(改質ポリ乳酸コンパウンド)について

バイオワークスは、基材として生分解性(コンポスト環境下)とカーボンニュートラルという2 つの特性を持つ、PLA 樹脂を使用しています。

PLA 樹脂はそのままでは成形性や耐熱性などに課題があり、石油由来の樹脂を混ぜなければ製品化が困難でしたが、バイオワークスでは100%バイオ由来のPLA 樹脂の改質剤を開発し、石油由来のプラスチックと同等の性能を持つバイオプラスチック、Plax(改質ポリ乳酸コンパウンド)を開発しました。

基材として生分解性とCO2排出削減効果の2つの特性を持つポリ乳酸を使用し、開発した添加剤を加えることで、石油由来のプラスチックと同等以上の性能を持つバイオマスプラスチック「Plax」は生産コスト、耐熱性、強度、柔軟性等においても、他に類を見ない高機能な素材が出来ました。(国内、海外含む特許出願済み)

 

Plax(改質ポリ乳酸コンパウンド)の用途

1

射出成形⽤コンパウンド

自動車・OA機器・家電・日用品・雑貨など  耐熱性・耐衝撃性・柔軟性・難燃性・耐久性などあらゆるニーズに対応した成形用材料を提供します。

2

ブロー成形⽤コンパウンド

⾃動⾞(エアロパーツ等)・ボトル・マネキン 破裂や白化することなく透明性を保ったまま耐熱ボトルをインジェクションブロー成形することが可能、
大型のダイレクトブロー成形も行えます。

3

繊維⽤コンパウンド

自然素材繊維製品 強度・伸度ともにポリエステルと同等レベルを有し、伸縮復元はポリエステルの約1/10で、ナイロン樹脂並みの生産性と、製造工程における安定した糸の細さが証明されています。弱酸性で抗菌性を備えた肌にも優しい繊維です。

4

フィルム・シート⽤コンパウンド

弁当容器・コーヒーカップの蓋  食品容器の上蓋等に使用されるPET・OPS同等の透明性を維持しながら、より高い耐熱性(140℃)を実現、低温での耐衝撃性も高くPPの置換へも可能です。植物由来の樹脂であるため環境ホルモンへの懸念もありません。

5

3Dプリンター用モノフィラメント

添加剤で改質されたポリ乳酸により、従来品よりはるかに優れたフィラメントを提供することができます。ABS樹脂に近い柔軟性のため表面処理(サンドペーパー等)が容易です。室温で結晶化するため耐熱性が向上し、夏場、熱湯中でも変形の恐れがありません。収縮がほとんどないため成形品の反りも防ぐことができます。

石灰石を主原料とするプラスチック代替素材LIMEXを開発・製造するTBMは2018年12月6日、バイオプラスチックの改質剤を手掛けるバイオワークスの株式を取得して子会社にしました。
両社の協力により2019年度の早い段階にプラスチックに代わる生分解性LIMEXを発売するようです。

2016年11月に大阪大学ベンチャーキャピタルからも出資を受けています。

来期(20年12月期)の売上高は今期比で約5倍に増える見通しで、21年のIPOも視野に入れたTBMのバックアップにより、ますます期待の高まるバイオワークスに注目していきたいです。

出典:公式HP

あわせて読みたい

 

 

会社概要

会社名 Bioworks株式会社
事業内容 改質ポリ乳酸コンパウンド(Plax)の開発・製造・販売
所在地 京都府相楽郡精華町光台⼀丁⽬7 けいはんなプラザラボ棟7F
設立日 2015年10月
代表 今井行弘
資本金 3億957万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ