株式会社エアークローゼットの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/10/18

執筆: 山中勝輝

約10億円の最終赤字に。定額制ファッションレンタルサービス「エアークローゼット 」の第4期決算

第4期決算公告

エアークローゼットの業績

決算期
(百万円)
17/06
(第3期)
18/06
(第4期)
当期純利益 △378 △966
利益剰余金 △905 △1,871

2018年第4期の当期純利益は9億6,600万円の最終赤字、前期に比べて5億8,800万円赤字額が膨らみました。

エアークローゼットは定額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を展開しています。スタイリストが選んだ洋服を何度でも借りれる点が人気となり、会員数は16万人を突破しました。

画像出典元:「エアークローゼット」公式HP

「airCloset」の他には、スタイリストがコーディネートを考えてくれる実店舗「airCloset × ABLE」、洋服を5点試着して気に入ったものだけ購入ができる「pickss」、配送用BOXに試供品やリーフレットを同梱できるサービスを提供しています。

BtoC事業が中心のため大きな収益に結びつけるのは難しく、さらに「airCloset」の場合、洋服の送料・保管する倉庫代・クリーニング代・スタイリストの人件費などコストが膨らんでしまいます。

今期の約9億円の赤字は、上記のコストに加え、スタイリストの選定業務を効率化するためのAI開発、プロモーション費などの先行投資によるものと見られます。

今後は「airCloset」で蓄積したデータを提供するなど、BtoBのビジネスモデル構築にも注目が集まります。

寺田倉庫と協業

エアークロゼットは天王洲アイルに本社を置く倉庫業の寺田倉庫と2015年2月に業務提携を結びました。寺田倉庫が持つインフラを使って洋服の受入、管理、発送といった倉庫業務のオペレーションで協業を進めています。

 

会社概要

会社名 株式会社エアークローゼット
事業内容 インターネットサービス事業
所在地 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル5F
設立日 2014年7月
代表 天沼 聰
資本金 11億1,001万円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ