Value Call

記事更新日: 2022/11/08

執筆: 長谷川ゆかり

編集部コメント

業務効率化とコスト削減を実現できるコールセンターシステム

「Value Call」は、顧客からの問い合わせや注文に24時間365日体制で対応し、受電業務を大幅に効率化できるコールセンターシステムです。

業界最安値水準の価格で利用できる高品質なシステムで、高いコストパフォーマンスを誇ります。

アウトバウンドサービスは、Value Callが保有する既存顧客情報を活用して新規顧客を獲得する完全成功報酬型のサービスで、テレマーケティングのノウハウがないという企業でも安心です。

夜間の受電対応は1コールあたり500円(税表記なし)と高めの設定なことから、呼量や対応する時間帯によってコストが変動する点に注意しましょう。

コールセンターシステムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

コールセンターシステムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

Value Callは、少ないコール数から利用可能です。コール数や回線数に応じた料金設定で、応対品質も高く、幅広い規模のコールセンター業務で利用できます。

悪い点

夜間の対応は1コールあたり500円(税表記なし)で、1コールあたりの料金は日中よりも割高です。

費用対効果:

一般的なコールセンターシステムよりも少ないコール数から利用できます。1コールあたりの料金は非常にリーズナブルで導入しやすいです。

UIと操作性:

Value Callにすべておまかせできます。コールセンターの立ち上げや業務フローの提案など、丁寧におこなってくれるため安心です。

導入ハードル:

導入時から手厚いサポートを受けることができるので、はじめての会社でも気軽に導入可能です。課題や要望のヒアリングから運用プランの提案までおこなってくれます。

Value Callの導入メリット4つ

1.コールセンター業務の効率化を実現

Value Callは、受電業務を圧倒的に効率化できる24時間365日対応が可能なコールセンターシステムです。

1コール単位から利用可能なので、幅広い規模のコールセンター業務に活用することができます。

オペレーターの高品質な応対で、受電業務の効率化だけでなく、企業の顧客満足度の向上やコールセンターの応対品質の向上が実現可能です。

24時間365日対応の高品質なコールセンターを実現

2.無駄なコストを削減できる

コスト削減を実現できるところも、Value Callの大きな魅力です。

業界最安値水準の価格で、高品質なコールセンターシステムを利用できます。

コール数や回線数に応じて見積もりをしてくれるので、無駄な費用が発生せず、圧倒的なコストパフォーマンスを実現可能です。

少ないコール数でも導入できるので、小規模なコールセンターでの利用から、1社目の契約プランからあふれたコールに利用するなど、幅広い用途で活用できます。

1コール単位の利用でコストの無駄を削減

3.テレマーケティングにも対応可能

Value Callはアウトバウンドサービスも備えており、テレマーケティングにも利用可能なコールセンターシステムです。

新規顧客獲得数に応じた完全成功報酬型の料金設定で、架電のリソースがない会社でも、初期費用ゼロでテレマーケティングに取り組むことができます。

インバウンドサービスと併用することで、コストを抑えながら、コールセンター業務とテレマーケティングの両立を実現することも可能です。

テレマーケティングも強化できる

4.万全のサポート体制

サポート体制が充実しているところも、Value Callの魅力のひとつです。

導入時には企業の課題をヒアリングし、希望の業務フローでの運用を実施したり、最適なプランを提案してくれます。

業務開始後も、毎週定例ミーティングを開催し、運用状況の確認や報告をしてくれるため安心です。

Value Callのオペレーターが高品質な応対をしてくれるため、自社でオペレーターを採用し、人材育成する場合より、手間やコストを削減できます。

導入時からの手厚いサポートが魅力

Value Callのデメリット2つ

1.夜間の利用料金は昼間と比べて割高

夜間(21:00〜翌8:59)の利用料金は、1コール550円(税表記なし)からで、9:00~20:59の料金と比べて割高です。

コール数に応じて受付時間を調整するなど、予算に合わせて柔軟に利用するとよいでしょう。

2.導入時の費用は問い合わせが必要

Value Callは、導入時に回線準備費用や初期研修費用がかかり、料金の詳細は問い合わせが必要です。

月額費用は従量課金制で、クレーム収束・売上アップといった要望に合わせて対応を変更できます。無駄なコストをかけずに必要な分だけを利用したい会社には導入しやすいサービスです。

Value Callの料金プラン

Value Callの料金プランは、コール数や時間数に応じた従量課金制です。

導入時に回線準備費用や初期研修費用がかかりますが、導入費用については問い合わせが必要です。

*税表記なし

  コールセンター
従量プラン
コールセンター
専属プラン
アウトバウンド
(テレマーケティング)
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ 0円
月額費用 要問い合わせ 要問い合わせ 0円
従量課金 1コール350円~ 1時間2,200円~ 0円
備考 少ないコール数から利用できる 自社担当のオペレーターを確保できる 完全成功報酬型
獲得した新規顧客数に応じて費用がかかる

 

競合製品との料金比較

Value Callは、1コール350円(税表記なし)から利用でき、無駄なコストがかかりません。

受電量や利用したいコール数に合わせて、料金プランを選択することで、高いコストパフォーマンスが期待できます。

  Value Call 電話代行サービス株式会社 INBOUND TECH
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 従量プラン
1コール350円~
または
専属プラン
1時間2,200円~
月間50コールまで
25,000円~
(税別)
要問い合わせ

 

Value Callの評判・口コミ

呼量の大小にかかわらず依頼できる
①20代女性

少ない呼量だと頼めるコールセンターシステムも少なく、やっとの思いで見つけても費用が割高だったので、諦めて自分たちで対応していました。Value Callは、少ない呼量でも依頼できるところがいいですね。料金面でも対応面でもかなり助かっています。

Value Callの導入で解約阻止率が上昇
②30代女性

Value Callの導入前は、定期の解約阻止率が約3%でした。Value Callを導入して以降、解約阻止率は徐々に上がり、今では約25%にまで改善されました。改善トークの内容まで細かく提案いただき、効果も実感できているので嬉しい限りです。

高いコストパフォーマンスが魅力
③30代男性

24時間365日対応してくれるところは、本当に助かっています。それでいて、業界最安値の水準の価格でやっていただき、こんなに安くて大丈夫なのかと逆に心配になるくらいです。内容面でも費用面でも本当に助かっています。ありがとうございます。

*「Value Call」公式HP参照

Value Callを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

自社のコールセンターがない会社

カスタマーサポート対応を自社でおこなっている会社は、Value Callの導入が適しています。

Value Callは1コールから従量課金制で利用できるため、問い合わせ数が少ない会社でも気軽に導入できます

少ない呼量でも受電業務においてValue Callを利用することで、業務効率化を実現し、生産性の高い業務に時間をかけることができます。

顧客満足度向上に取り組みたい会社

Value Callは、顧客満足度向上や売上アップを実現したい会社にも向いています。

経験豊富なオペレーターによるカスタマーサクセス・カスタマーサポート両方の高品質な応対と24時間365日体制の対応で、時間帯にかかわらず顧客からの問い合わせや電話注文に対応できます。

機会損失を防ぐことにもつながり、顧客満足度向上や売上アップが実現可能です。

向いていない企業

導入時に費用をかけたくない会社

Value Callは、導入時に回線準備費用や初期研修費用がかかります。

コールセンターシステムは、料金プランごとに対応コール数に上限がある場合が多く、上限に達しないと高い費用対効果を発揮できません。

Value Callは従量課金制のため、コールセンターの規模にかかわらず無駄なコストの削減が可能です。

まとめ

Value Callは、応対品質面でもコスト面でも安心して利用できるコールセンターシステムです。

1コール単位から利用可能な従量課金制で無駄なコストが発生しないので、コストパフォーマンスを重視する企業にふさわしいサービスといえます。

また、アウトバウンドサービスも利用でき、テレマーケティングの強化にも活用可能です。

幅広い呼量に利用できることから、小規模コールセンターの設置や、他のコールセンターシステムを利用している企業による併用など、幅広い企業で業務効率化やコスト削減が期待できます。

画像出典元:「Value Call」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

コールセンターシステムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

コールセンターシステム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ