LAPLINK 14

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

LAPLINK 14は、遠隔地のPC画面を手元のPC画面に共有できるヘルプデスクシステムです。共有後、マウス操作やキーボード操作、ファイル転送などのリモートコントロールが可能です。社内外でのPCトラブル、システムメンテナンスなどにおいて、オペレーターや管理者の作業負担を軽減できます。

ヘルプデスクツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ヘルプデスクツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. フルスクリーン表示機能

共有したPC画面をフルスクリーンで閲覧・操作できる

2. マルチホスト機能

1台のホストPCで最大4台まで同時接続可能

3. 通信ログの記録

通信や操作のログを記録し、不正操作・情報漏洩を防止できる

良い点

離れた場所から画面を共有・リモート操作ができるので、トラブルの解決時間を大幅に短縮できます。直接操作するために足を運ばなくてもいいため、担当者や管理者の負担も軽減できるでしょう。

悪い点

1ライセンスにつき1台のPCで使用可能です。使用するPCの台数に合わせて購入可能ですが接続には最低2ライセンスが必要になります。

費用対効果:

パッケージ版とダウンロード版があり、ダウンロード版のほうがコストを抑えて利用できます。

UIと操作性:

操作アイコンはシンプルで分かりやすいデザイン性なので、誰でも簡単に使いこなせます。

サポート体制:

専用電話・メールでのソフトウェアサポートに加え、インストールメディア・マニュアル紛失時の無償提供もおこなっています。

導入ハードル:

インターネット環境がなくても、電話回線があれば利用できます。

LAPLINK 14の特徴3つ

1. プッシュインストールで作業時間を短縮

LAPLINK 14は、プッシュインストール機能がついています。

プッシュインストール機能を使うことで、ホストPCにあるプログラムをLAN上にある複数のPCへ自動でインストール可能です。

ユーザーを介入させることなく、自動でインストールできるので、プログラムインストールにかかる時間を短縮できます。

この機能を利用すれば、大量のPCへキッティングを行う際の作業の大幅な効率化を実現できるでしょう。


プッシュインストールイメージ図

2. 画面操作の補助機能でわかりやすい説明ができる

LAPLINK 14は、リモートコントロールを補助するための機能が充実しています。

例えば、ホストPC画面上にペンで文字や記号などを書き込むことができます。

文字書き込みイメージ図

上の画像のように、画面に直接書き込みが可能なので、口頭の説明と合わせてPC操作方法を視覚的にもわかりやすく解説することできます。複雑な操作が必要な設定画面などでは、言葉だけでは伝わらないことが多いので、このような機能があると詳細に説明ができ大変便利です。

他にも、レーザーポインターやホストPCのカーソル表示など、補助機能が充実しています。

説明書を読んでもわかりにくいPCの設定やトラブル、在宅ワーカーへの作業内容の説明などに最適です。

3. ホストからゲストをリモートコントロールできる

従来のものは、ゲストからホストへ一方通行の接続しかできなかったのですが、LAPLINK 14では、ホストからゲストにテキストチャット接続が行えます。

ホストからPCのメンテナンスを依頼した場合も、ゲスト側からホストへリモートことロールが可能なので、メンテナンス作業をスムーズに進めることができます。

また、ホストPCが複数のモニターを使用中といった場合であっても、全ての画面を共有しゲストPCの画面に表示させることができるので、スピーディーかつ正確にリモートコントロールによる手厚いサポートが実現できます。


臨機応変な対応が可能

 
 
 

LAPLINK 14の料金プラン

通常版は、以下の通りパッケージ版とダウンロード版の2種類が販売されていますが、コストを抑えて利用するならダウンロード版がおすすめです。

 

10ライセンス以上で利用する場合は、企業向けライセンスとして1ライセンスあたり7000円~販売されています。

pcAnywhereから1,000ライセンス以上の乗り換えの場合は、特別割引が適用されます。

LAPLINK 14の評判・口コミ

pcAnywhereからの乗り換えをストレスなく実現
ポーラ・オルビスグループ

pcAnywhereの販売停止を受けて、LAPLINK 14の導入を決めました。操作方法がほとんど変わらず、社員がストレスを感じることがなかったです。LAPLINK 14はプッシュインストールができるので、展開がしやすくその点は非常に良かったです。

充実した機能と手厚いサポートが決め手
日立メディカルコンピュータ株式会社

病院では個人情報とカルテをモニタで並べてみることが多く、マルチモニタ対応というのは非常に使い勝手が良かったです。さらに、VPN接続のセグメント越え対応という機能も、当時は無かった機能ですがカスタマイズ対応していただけました。充実した機能とその対応力に非常に助かっています。

*「LAPLINK 14」公式HP参照

まとめ

LAPLINK 14は、社内ヘルプデスクやシステム保守業務に最適なシステムです。

国内メーカーなので安心して利用できますし、手厚いサポートがあるのも魅力的です。

医療現場や教育機関などインターネット規制がある環境おける保守サポートや、接続先PCのネットワーク環境が複雑な社内ヘルプデスクであっても対応できるようになっているので、使い勝手のいいシステムといえるでしょう。

画像出典元:「LAPLINK 14」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ヘルプデスクツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ヘルプデスクツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ