メールディーラー

記事更新日: 2020/11/13

執筆: 編集部

編集部コメント

メールの共有や管理に課題のある企業にピッタリのツールです。大量のメールを整理し一元管理します。担当者に依存することなく対応が可能となりますので、カスタマーセンターがある企業やお問い合わせが多い企業などで重宝するでしょう。

メール誤送信防止システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

メール誤送信防止対策ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

メールディーラーだけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

メールディーラーの資料を請求
1. メールの進捗管理

進捗状況によって自動でステータスが切り替わるため、誰がどのメールを返信中かわかる

2. コメント

メールごとに付箋のようなメモを残すことができる

3. スマホ対応

インターネットに繋がる環境であれば、PC、スマホ問わずアクセスできる  ※IPアドレスでアクセス制限をかけることも可能

良い点

メール共有システムの中で一番選ばれており、使いやすさと機能のバランスが良いです。

悪い点

情報漏えい対策はオプション機能なので、必要な場合は別途申し込む必要があります。

費用対効果:

料金は決して安くはないものの、かゆいところまで手が届く豊富な機能が特徴です。

UIと操作性:

対応履歴をワンクリックで確認できるなど、シンプルで使いやすいUIです。

社外連携:

外部システムとAPIで連携可能なので、既存のシステムも活用できます。

多言語対応:

オプション機能を利用すれば62か国の言語で送受信が可能になります。

メールディーラーの特徴3つ

1.進捗状況に合わせたフォルダ分けを自動化

対応状況ごとにメールを振り分けて管理する機能です。問い合わせメールが大量に届いてもスッキリ管理することができます。

受信メールが新着→返信処理中→対応完了とメールが自動で移動することで、どのメールを誰が対応しているのかリアルタイムで共有できます。

メールごとに対応状況に合わせたステータス管理ができ、未対応のメールが容易に把握できます。

 

メールディーラーの資料をダウンロード

 

2. チームで「情報共有」がよりスムーズに

メールでのやり取りが続くとメールの検索に時間がかかってしまったり、やり取りの経緯を担当者しか把握できていなかったりという問題が起こります。

「メールディーラー」では顧客とのやりとりの履歴等、全て情報を全員で共有できます。担当者欄を見るとこれから誰が何をすべきか、過去に誰が何をしたのかメールディーラーだけで全てを把握することができ、口頭確認の手間を省くことができます。

メール履歴表示画面イメージ

3. 問い合わせ窓口をまるっと一元管理

複数のメールアドレスを使い分けたり、使うツールが多いと管理が煩雑になり対応もれなどのミスに繋がります。メールディーラーは、メールや電話、チャットなど問い合わせ窓口をまとめて管理できるため、ツールを行ったり来たりする時間を削減することができます。

また、メール対応は、新人とベテランなど個人のスキルによって差が出やすいものですが「メールディーラー」にはメール対応の品質を均一化させる工夫があります。

メールのテンプレートが共有でき、対応の均一化やメールの作成時間も短縮できます。また、社内Q&Aではよくある質問と回答例を登録できるので、必要な時に確認できます。

メールディーラーの料金プラン

初期費用 50,000円~

月額費用 20,000円~

※ユーザー数などによって最適なプランが変わりますので、詳細はお問い合わせください。

 

メールディーラーの資料をダウンロード

 

メールディーラーの評判・口コミ

機能とコストのバランスがよい
株式会社エムティーアイ

メールの送受信だけでなく、電話対応の記録が残せたり、問い合わせを集計できたりと十分な機能がありながら、圧倒的なコストメリットがあると考え「メールディーラー」を導入しました。メールディーラーで顧客対応のアウトソーシング先とも共有していることで、対応品質を保てています。

メール作業が大幅に短縮されました
株式会社カカクコム

以前は代表アドレス宛に来るメールを、担当チーム全員に転送し、その時対応できる担当者が返信するという体制でしたので、全員が全てのメールをチェックすることになり、時間がムダにかかっていました。「メールディーラー」を導入したことで、メールのチェック時間が大幅に短縮されました。さらに、スタッフ間のコミュニケーションが楽になったことで、メールの重複対応もなくなり、とても効率的になりました。

*「メールディーラー」公式HP参照

まとめ

カスタマーセンターがある企業やメールでも問い合わせ数が多い企業にピッタリのツールです。シンプルなUIで、簡単にメールの検索や履歴確認ができます。

メールごとにステータス管理したり、担当者をつけたりできるので、対応の遅延・漏れ・重複等のミスを防ぐことができます。

また、ユーザーごとに操作権限や承認フローを組み込むことができるので、対応の品質を保ちやすいでしょう。

複数でメールを共有している企業だけでなく、顧客対応をアウトソーシングしている企業等でも活躍します。

 

メールディーラーの資料をダウンロード

 

画像出典元:「メールディーラー」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メール誤送信防止対策ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のメール誤送信防止システム

起業ログが厳選するメール誤送信防止対策ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
HENNGE One
メールディーラー
Re:lation
メール誤送信防止対策ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ