株式会社PFDeNAの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/07/30

執筆: 編集部

DeNAがAI技術者集団と合弁会社を設立!「PFDeNA」の第3期決算

第3期決算公告

 

  • 当期純利益:△3億1,164万円
  • 利益剰余金:△3億3,422万円

 

第3期は前期比約1.5倍の△3億1,100万円と赤字拡大となりました。

ディー・エヌ・エー(DeNA)とPreferred Networks(PFN)が共同設立したPFDeNAは少量の血液からがんの有無を判定するシステムの実用化に向け、専用ラボを開設したと発表しました。


2018年10月にディープラーニング(深層学習)で胃がんや肺がん、乳がんなど14種のがんを判定するシステムの研究開発を始めました。
医薬品医療機器総合機構の承認を得た上で、2021年を目標に事業化する計画で、ラボ開設によって検査システムの開発をより加速させようとしています。

 

第2期決算公告

PFDeNAの業績推移

決算期
(千円)
17/03
(第1期)
18/03
(第2期)
当期純利益 △1,845 △20,731
利益剰余金 △1,845 △22,577

2018年3月期は2,073万円の最終赤字となりました。

PFDeNAは現在、商品・サービスの開発段階です。DeNAがインターネットサービスを通して培ってきた経験と集積したデータとPreferred Networks(以下、PFN)の持つAI技術を掛け算で新たな商品・サービスを生み出すことが狙いです。

DeNAとしては、既存の事業でAI技術を活用できるようになるだけでなく、自社でのAI技術活用の成功例を他社にソリューションとして販売したり、新たな事業領域に進出することが可能になります。

PFNは、深層学習を中心とした機械学習技術に強みをもつベンチャー企業です。2014年設立とまだまだ若い企業ですが、トヨタ自動車やファナックなどとの協業を積極的に進めています。

会社概要

会社名 株式会社PFDeNA
事業内容 人工知能技術の共同研究開発およびその成果を利用した商品またはサービスの企画、開発および運営
所在地 東京都渋谷区渋谷2-21-1
設立日 2016年7月14日
代表 守安 功
資本金 1億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ