PayPay株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/06/28

執筆: 編集部

ソフトバンクとヤフーの合弁会社、電子決算の立役者「PayPay」の第1期決算

第1期決算公告

  • 売上収益:5億9,500万円
  • 当期利益:△367億8,700万円

となっております。

 

2018年10月5日にリリースされたPaypay。

新規登録ユーザーに500円相当のPayPay電子マネーを提供したことや
「100億円あげちゃうキャンペーン」として20%還元や抽選での全額キャッシュバックを実施したことで話題となりました。

日本でスマホ決済が一躍有名になったのは、昨年12月に実施されたこの「100億円あげちゃうキャンペーン」からと言っても過言ではありません。

このキャンペーンはとにかく還元額が大きいのが特徴で、PayPayの上限額は5万円と破格でした。たちまち話題になりキャンペーン開始からわずか10日間で還元額が100億円に達してキャンペーンが終了する結果になりました。

調査会社の推計によると、PayPayがこのときに獲得した新規ユーザー数は489万人に上ったといいます。これは多くの日本のユーザーにとって、初めてQRコード決済を体験した瞬間だったと言えるでしょう。

売上収益595百万円に対して販売費及び一般管理費が37,157百万円です。
そのため当期利益はマイナス36,787百万円(367億円)となり、とんでもない決算状況になっています。
まずは加盟店を増やし、利用者を増やすためにかなりの人員を配置し、PayPayをデフォルトのように標準化することで、LINEペイやメルペイなど後発組から先んじることに躍起になっているようです。

まさにソフトバンクとヤフーの合弁会社だからこそなせる業と言えるでしょう。

出典:公式HP

 

会社概要

会社名 PayPay株式会社
事業内容 電子商取引
所在地 東京都千代田区紀尾井町1番3号
東京ガーデンテラス紀尾井町
紀尾井タワー
設立日 2018年6月
代表 中山一郎
資本金 920億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

ページトップへ