C Channel株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/07/22

執筆: 編集部

早期上場が噂される動画メディア「C Channel」に第5期決算

第5期決算公告

  • 売上高:18億3,116万円
  • 経常利益:△15億6,255万円
  • 当期純利益:△16億7,953万円
  • 利益剰余金:△63億8,480万円

と、なりました。

今期の決算で売上高は約6億増加しました。
販売費及び一般管理費(広告費、販売手数料など)が20億1,817万円掛かっており、売上高が大幅に増える一方で、赤字幅はそれほど縮小はしていません。
しかし、当期純利益のマイナスは△22億7,000万円から△16億8,000万円へと縮小しています。

 

 

第4期決算公告(19年7月更新)

C Channelの業績推移

決算期
(百万円)
17/03
(第3期)
18/03
(第4期)
売上高 505 1,254
営業利益 △1,838 △2,116
経常利益 △1,838 △2,202

2018年3月期の売上高は、前年比+148%で12億5,400万円となりました。

広告売上が過去最高を達成し、海外事業も成長したことが今期の売上に繋がりました。一方で、純利益をみると赤字額が膨れ上がっていることが分かります。

決算期
(百万円)
15/03
(第1期)
16/03
(第2期)
17/03
(第3期)
18/03
(第4期)
当期純利益 △7 △575 △1,842 △2,271
利益剰余金 △7 △582 △2,424 △4,705

第4期の純利益は△22億7,700万円、利益剰余金は△47億500万円となりました。

決算の内訳をみると、販管費を売上高の2倍の25億円を計上していることが主な要因です。競合が多い動画メディア業界の中で先行投資を進め、シェア獲得に動いていることが分かります。

C Channelとは

C Channelは、女性の関心度が高いテーマを短い時間で紹介する動画メディア「C Channel」を運営しています。テーマにはメイク、ファッション、恋愛やトラベルを扱っており、新しい広告プラットフォームとして注目を集めています。

「C Channel」以外にはファッションや美容関係のECサイトを3つ、子育て支援メディア「mama+(ママタス)」、動画配信アプリ「mysta(マイスタ)」やインフルエンサー事業を手掛けています。

画像出典元:「C Channel」公式HP

LUCE Networksのグループ化

C Channelは2018年5月に中国上海に本社を置く「LUCE Networks」を完全子会社化しました。LUCE Networksは月間1,600万ページビューを超える美容メディア「ルーチェ」の運営やインフルエンサーを活用したプロモーション事業を行なっており、今回の買収で越境EC関連の事業を共同で開発すると発表しています。

早期上場が噂されるC Channelの今後の動きに注目です。

会社概要

会社名 C Channel株式会社
事業内容 女子向け動画メディア「C Channel」の運営
所在地 東京都港区三田一丁目4番1号
設立日 2014年7月
代表 森川 亮
資本金 2,100万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ