株式会社SCOUTER(スカウター)の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/08/01

執筆: 宮嵜涼志

半年で利用者が3倍!ソーシャルヘッドハンティングの「SCOUTER」の第4期決算

第4期決算公告

 

[追記] 資本金の額の減少
資本金の額を5,015万円減少し、9,900万円としました。

SCOUTER(スカウター)は2016年3月に始まったサービスです。ユーザーがヘッドハンターとして知人や友人を人材募集中の企業に紹介し、採用が決まった場合、転職者の年収の5%が紹介者に報酬として支払われます。SCOUTERは転職者の年収の30%を上限とした手数料を受け取るという仕組みです。

SCOUTERの業績推移

決算期
(千円)
16/09
(第3期)
17/09
(第4期)
当期純利益 △38,450 △142,811
利益剰余金 △39,132 △159,793

2017年9月期は1億4,281万円の最終赤字。前年同期に比べ、271%赤字が増加しました。

サービス利用者数は順調に拡大中

2017年10月の段階で登録しているスカウター数は約2,700人でしたが、2018年5月にはスカウターの審査応募が約9,000人に到達。約半年で3倍のペースで利用者数を拡大させました。

人材紹介のプロではないユーザーが転職紹介を行うサービスですが、マッチング率は業界平均の5~6%と大差がないようです。今度のさらなる事業拡大に期待です。

会社概要

会社名 株式会社SCOUTER
事業内容 SCOUTER事業(SCOUTER)
所在地 東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1305
設立日 2013年11月1日
代表 代表取締役 中嶋汰朗
資本金 213,349千円(資本準備金含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ