savetime

記事更新日: 2020/02/26

執筆: 編集部

編集部コメント

「savetime」はミーティングを効率的に行うためのクラウドドキュメントツールです。Googleカレンダーと連携した情報共有や時間の可視化による効率的な進行により、ミーティングのコストを削減し、業務の効率化をはかります。無駄な会議を一掃し、業務のスピードアップを実現したいと考えている企業にはおすすめのツールです。

ナレッジマネジメントを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ナレッジマネジメントツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 情報共有

Googleカレンダーから自動作成

2. 時間の可視化

会議時間をグラフで表示できる

3. 業務効率化

タスク作成で業務効率化を実現

良い点

Googleカレンダーから直接アクセスしてノートを作成するため、情報共有が簡単にできます。

悪い点

利用可能なチャットツールが限られています。

費用対効果:

利用可能なノート数により料金が異なります。ノート数に制限はありますが、フリープランは有効活用できそうです。

UIと操作性:

汎用的なツールを利用しているため、操作に迷うことは少ないです。

社外連携:

GoogleカレンダーやSlackとの連携で、情報共有や業務の効率化ができます。

savetimeの特徴3つ

1. 情報共有が簡単

「savetime」の最大の特徴は情報の共有が簡単にできるところです。Googleカレンダーと連携しているため、そこに予定を書き込むことで、ただちにメンバーと情報を共有できます。

Googleカレンダーへの書込みでできるのは、予定の共有だけではありません。予定を作成すると同時に、「savetime」にノートが作成されます。ここに議事次第などミーティングに関する詳細を記載することで、参加メンバーと議事内容の共有も可能になります。

メールやチャットなどでの連絡は、リマインダーや検索が必要でしたが、「savetime」では情報が散逸することなく共有できるのが最大の強みといえます。


一目で情報共有可能


「savetime」で作成されるノートは、そのままメールで送信も可能なので、顧客との情報共有にも活用できます。

情報共有のための連携ツールはGoogleカレンダーではありません。SlackやChatworkとの連携で、部署やチームごとの情報共有が可能です。チャットツールの強みをいかして、参加できなかったメンバーにミーティング内容をその場で共有できます。素早い変化に対応するためには、リアルタイムの情報共有は必須といえます。


リアルタイムで情報共有

2. 時間を可視化

次に紹介する「savetime」の特徴は時間を可視化するということです。時間を意識することは業務効率改善の第一歩といえるでしょう。

「savetime」では、個人ごとにミーティングに使った時間をグラフ化するとともに、そこでかかったコストも数字で示します。今まで自分がミーティングに使っていた時間をはっきりしたグラフで示すことで、コストが明確になり、効率的な業務を目指すきっかけになります。


コストを可視化


また、ミーティング中の経過時間も示すことができます。議題とともに経過時間が示されるため、やるべきことが明確になり、延長予防にも役立ちます。


経過時間の表示で延長予防

3. ミーティングの質を向上

「savetime」の特徴3つ目は、ミーティングの質を向上できることです。情報共有によるミーティングの目的を明確化することは、すなわち、ミーティングの質の向上につながります。

「savetime」では、Googleカレンダーによるミーティング情報の共有が可能で、自動作成されるノートには、日時だけでなく、議事次第、決定すべき項目、担当者も記載できます。ミーティングの目的の明確化と事前準備が可能になります。


事前の情報共有で目的把握


また、ミーティング中に決定事項をもとにタスクを作成することが可能です。ノート内から簡単に作成できるため、終了を待たずしてただちに共有可能であるとともに、抜けや漏れが防げます。

さらに、このタスクはGoogleカレンダー上で共有されるため、進行状況や締め切り進捗状況なども一目で確認可能です。このように、ミーティング終了後の行動変容にも「savetime」は大いに役立つツールといえます。


ただちにタスク確認

 
 
 

savetimeの料金プラン

上の表の通り、利用可能なノートの件数に制限があるフリープランを含め3つのプランがあります。

無料トライアルもあるので、使い勝手を確認してからの導入が可能です。

まとめ

無駄な会議での拘束時間が多すぎる、会議の目的を正確に把握し決定事項をただちに共有したいと考えている企業にはおすすめのツールです。それは「savetime」が会議に関する問題点の解決を目的として作られたツールだからです。

Googleカレンダーから直接アクセスしノートを自動作成することで、簡単に情報共有が可能になります。会議中も議事次第と時間経過を表示することで無駄な延長を防ぐとともに、決定事項をただちに共有することで、抜けや漏れも防ぎます。

コストを意識し無駄を省くと同時に、ミーティングの質を向上させその後の業務の効率化も可能にする「savetime」は、スピードが求められる現代のビジネスシーンには欠かせないツールといえるでしょう。

画像出典元:「savetime」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ナレッジマネジメントの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のナレッジマネジメント

起業ログが厳選するナレッジマネジメント
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Qast
flouu
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ