pottos

記事更新日: 2022/06/17

執筆: 編集部

編集部コメント

pottosは一からカスタマーサクセスをはじめたい会社にはうってつけです。カスタマーサクセスを幅広くサポートしてくれるので、顧客のSaaS利用状況や設定状況の進捗を把握できます。顧客の利用状況を把握しきれてない会社でも、優先的に対応すべき顧客を発見してくれるので、仕事の効率化が期待できます。

カスタマーサクセスツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

カスタマーサクセスツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

1. 顧客行動管理

サービスへのログイン人数や利用時間など顧客のサービス利用状況を管理

2. 自動アプローチ

利用状況や進捗状況に応じて、自動的に顧客にアプローチ

3. サクセスプロセス

担当者が対応すべきプロセスの進捗状況を管理

良い点

可視化ができて、ルールベースで設計できて、今後䛾プロダクトロードマップでやりたいことができるようになり、かつポップアップやメール配信でお客様にタッチができることが魅力です。

悪い点

現在もしくは少し前のお客様の行動結果は出力されるが、具体的な「予測と分析」の機能はない為、先回りして打ち手を考える必要性があります。

費用対効果:

月額98,000円~利用可能です。しかし、顧客数に応じて変動します。

UIと操作性:

ツールを通じて収集できるデータやユーザーデータの組み合わせなど、各種機能を自動で実行可能です。

デザイン:

シンプルかつ見やすいデザインで、操作ガイドの表示や顧客ごとの利用状況などを画面上にポップアップ表示が可能です。

サポート体制:

オンラインマニュアルに加え、カスタマーサクセス担当者による設計の提案など、手厚いサポートあります。

知名度:

2020年6月より本格提供をしたため、知名度はまだ低いです。

pottosの特徴3つ

1. 顧客のヘルス状況の収集

pottosは、既存顧客のサービス利用状況を収集し、セグメント、スコア、さらにグラフでヘルス状況を見える化。

顧客の状態の変化やアプローチチャンスの自動的な検知を通して、漏れのない効率的なカスタマーサクセス業務のサポートを行います。


タスク管理の例

2. カスタマーサクセス担当者の業務管理

pottosは、Playbook機能やタスク機能でカスタマーサクセス担当者の業務の進捗を管理。対応漏れを防止し、業務フローのボトルネックを発見します。

また、顧客のヘルス状況に応じて、タスクを自動生成するので、カスタマーサクセス担当者ごとの対応の差を軽減し、属人化を防止します。


操作ガイドの表示例

3. 顧客の利用状況に応じた自動アプローチ

ヘルス状況に応じて、顧客にメールやポップアップ通知を配信。

初めてログインした顧客にはポップアップで操作ガイドを、利用が減っている顧客にはメールで成功事例を送り利用促進など、すべての顧客に価値を届けられるよう効率的にアプローチを行います。


通知の例

pottosの料金プラン

月額費用 初期費用

98,000 円~(税抜)
顧客数・ご利用内容にて異なります。
詳しくはお問合せが必要です。


300,000 円~(税抜)
導入コンサルティング、設計サポート、
設定支援を含みます。



月額利用料は月額98,000円~で、収集・管理・分析・アプローチといったカスタマーサクセスに役立つ機能が利用できます。

pottosの月額利用料は顧客数に応じて異なります。

※詳細はお問い合わせをする必要があります。

pottosの評判・口コミ

顧客の状況把握からアクションまで一気通貫で対処可能な点が素晴らしい
株式会社ABEJA

pottosを選んだ理由は『プロダクト品質』『サポート体制』『価格』『ブランド』です。可視化ができて、ルールベースで設計できて、今後のプロダクトロードマップでやりたいことができるようになり、かつポップアップやメール配信でお客様にタッチができることが魅力的でした。

同じCSとして見習いたいほどpottosの導入サポートは手厚かった
クラウドサーカス株式会社

通常、技術的な質問はCS担当者と技術者のやり取りが発生するのでレスに時間を要しますが、pottosの場合は、CS担当者が運用に関する知見とツールに関する技術的な知見の両方が備わっていらっしゃったのでレスが早く、同じCSという立場として見習いたいと感じました。

*「pottos」公式HP参照

 

まとめ

pottosは、カスタマーサクセスの経験者がおらず、何から取り組めばいいのか分からない会社にうってつけのツールです。

顧客ごとにサービスの利用状況が把握できたり、テンプレート化されて最適な顧客対応の進捗が把握できたりと、カスタマーサクセスとして取り組むべき機能が揃っています。

カスタマーサクセス担当者以外の方でも、簡単にユーザーアプローチが可能となり、顧客の利用状況の把握ができ、業績アップの期待大ができるでしょう。

画像出典元:「pottos(ポトス)」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

カスタマーサクセスツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

カスタマーサクセスツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ