オリックス野球クラブ株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/03/08

執筆: 編集部

会員限定電力プランなど多様なサービスでファン獲得を目指す「オリックス野球クラブ」の第75期決算

第75期決算公告

  • 当期純利益:-
  • 利益剰余金:△3,300万円

オリックス野球クラブ株式会社は、京セラドーム大阪を本拠地とするオリックス・バファローズを運営しています。

2018年1月に社長に就任した湊通夫氏は、それまで同社の企画事業部長や専務として球団のファンづくりに取り組んできた人物です。
顧客管理システム(CRM)を導入し、ファンクラブ会員の購買行動を分析し一人ひとりに合わせた取り組みを行った結果、約2万5000人だった会員数は約5万3000人にまで増やすことに成功しています。

2018年6月には、ファンクラブ会員を対象とした電力プラン「バファローズ応援でんき」のサービスを開始しました。

またオリックスでは年会費が18万と高額のものを用意していますが、毎年完売となっています。19年度のものもすでに受け付け終了となっています。

出典:公式HP

会社概要

会社名 オリックス野球クラブ株式会社
事業内容 プロ野球球団「オリックス・バファローズ」の運営
所在地 大阪市西区千代崎3-北2-30
設立日 1988年
代表 湊 通夫
資本金 1億2,500万円

あわせて読みたい

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ