株式会社北海道日本ハムファイターズの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/03/28

執筆: 編集部

ドラフト会議で清宮幸太郎選手や吉田輝星選手を見事獲得した「北海道日本ハムファイターズ」の第16期決算

第16期決算公告

業績推移

 

決算期
(百万円)
16/12
(第14期)
17/12
(第15期)
18/12
(第16期)
当期純利益 824 2,123 740
利益剰余金 5,648 7,772 8,513 

 

 

第15期決算公告

 

夏の甲子園で活躍した将来性ある選手をドラフト会議で次々と指名し、注目を集めた北海道日本ハムファイターズ。
2017年は、7球団での競合を制して早稲田実業高等学校の清宮幸太郎の交渉権を獲得し、2018年には金足農業高校の吉田輝星を1位指名し見事獲得しました。
現在メジャーで活躍する大谷翔平選手やダルビッシュ有選手も、かつての日ハム選手です。

出典:公式HP

会社概要

会社名 株式会社 北海道日本ハムファイターズ
事業内容 スポーツ及び各種イベントの興行、スポーツ用品及びキャラクター・グッズの販売、野球用品の製造
スポーツに関する書籍雑誌の出版発行、スポーツに関する映像ソフトの制作及び販売
商標権・肖像権・意匠権・著作権の管理及び使用許諾、スポーツ施設の経営・管理・賃貸業務
インターネット、携帯電話、通信設備及び放送システムを利用したスポーツに関する映像・音声情報の提供サービス
広告宣伝及び広告代理店に関する業務、飲食店、遊戯場、売店、駐車場の経営、飲食物の販売
野球技術の指導並びに野球選手及び指導者の養成、ファンクラブの運営、各種団体へのサイン会、講演会などの企画運営
旅行業法に基づく、旅行業務の運営、以上に付帯関連する一切の業務
所在地 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
設立日 2003年8月
代表 竹田 憲宗
資本金 2億円

あわせて読みたい

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ