NP掛け払い

3.8

記事更新日: 2019/06/19

執筆: 編集部

編集部コメント

マンパワー不足や代金回収のリスクを考えて、掛け払いを導入することができない企業にお勧めのシステムです。「NP掛け払い」を導入することで、決済業務という煩雑な作業から解放され、それぞれのコア業務に注力することができ業績アップが期待できます。

決済代行サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

決済代行サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. スピード審査

最速5分で審査完了

2. 選べる決済方法

銀行振込、口座振替、コンビニ払いから選択可

3. 個人事業主にも対応

少額決済や締め日の変更にも柔軟に対応

良い点

独自の与信管理システムがあるため、最速5分で審査が完了し、取引を開始できます。

悪い点

手数料、請求書発行料がかかりますが、請求書には導入企業の名称やロゴを記載できるので、受け取る側は安心です。

費用対効果:

業界では珍しく手数料がかかります。しかし、締め日など会社毎に柔軟な対応も可能です。

UIと操作性:

ASP型の管理画面があるので、ネット環境があれば、特別なシステムは必要ありません。モバイルには対応していません。

サポート体制:

時間をかけて打ち合わせをすることで、小売業への対応も可能になります。

NP掛け払いの3つの特徴

1. 決算業務をまるごと請け負います

「NP掛け払い」の最大の特徴は与信から代金回収まで決済に関わる業務をまるごと請け負うという点です。請求書発行、代金回収などそれぞれの会社が行っていたことを「NP掛け払い」は一括して行います。

与信から契約までのプロセス、締め日の請求書発行、入金確認など、それまで多くの人と時間をかけて行っていた作業がなくなるため、本来の業務に専念できます。

契約に手間取っていた営業が本来業務に専念でき業績がアップした、入金の確認がなくなったので新たなプロジェクトを立ち上げられたという声も聞かれます。

「NP掛け払い」を導入することで決済業務の煩雑さから解放され、業績や売り上げのアップが期待できるでしょう。


BtoBの決済業務を請け負います
 


NP掛け払いの業務範囲

2. 使い方はとても簡単

「NP掛け払い」の使い方はとても簡単です。取引先の情報を入力し、与信審査を待ちます。審査が通れば取引開始です。その後も、請求書発行、代金回収はもちろん、督促まで「NP掛け払い」が一括して行います。


利用の流れ


また「NP掛け払い」では、独自の与信管理システムを構築しています。そのため最速5分で審査が完了し、取引を開始できます。

掛け払いを導入するにあたって、最も大きな不安要素となっている個人事業主との取引も安心して行えるよう、与信審査はもちろんのこと未回収に対しても100%保証しています。

前払いしか対応していない小売業との取引のリスクも軽減されるため、それまで取りこぼしていた顧客との取引も可能になります。


不安要素も「NP掛け払い」に一任

3. 取引先でも簡単手間なし

売り手だけでなく、取引先でも負担にならない操作性が「NP掛け払い」にはあります。審査のために書類などの準備をしてもらう必要はなく、スピーディな与信で、すぐに取引を開始することが可能です。

小売業など、掛売りをするにはリスクが大きく取引を諦めていた顧客でも、操作や与信審査の簡便さを紹介することで導入につながり、取引を開始できたという事例もあります。

「NP掛け払い」を導入することで、売り手、買い手ともにメリットがあり、ビジネス拡張のきっかけが期待できるでしょう。


取引先でも簡単操作

 

料金プラン


初期導入費用はかかりませんが、手数料がかかります。

請求書発行に料金が発生しますが、会社のロゴの印刷や利用明細の表示など、きめ細かい対応が可能です。

NP掛け払いの評判・口コミ


投稿日: 2021/10/27
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
マスコミ
職種
非公開
従業員
51人〜100人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点4

急なケースにも対応出来ると更に良い

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

総務 

利用期間 

2019年11月~2021円10月現在も利用中です 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

先方の取引情報を入力するだけで済むところが便利です。毎月の請求額を入力すれば支払いまでしっかり追いかけてもらえるので、入金関連の管理が楽になりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

決まった日付以外で急な請求をたてなければならないことが必ずといっていいほど発生します。しかし、そんなイレギュラーな決済には対応してもらえないので、結局は自分たちで処理をしなければなりません。こういった臨時のケースで効率化されていないのは残念だと感じました。

投稿日: 2021/10/27
匿名ユーザー

総合評価点4

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
マスコミ
従業員
51人〜100人

急なケースにも対応出来ると更に良い

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

総務 

利用期間 

2019年11月~2021円10月現在も利用中です 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

先方の取引情報を入力するだけで済むところが便利です。毎月の請求額を入力すれば支払いまでしっかり追いかけてもらえるので、入金関連の管理が楽になりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

決まった日付以外で急な請求をたてなければならないことが必ずといっていいほど発生します。しかし、そんなイレギュラーな決済には対応してもらえないので、結局は自分たちで処理をしなければなりません。こういった臨時のケースで効率化されていないのは残念だと感じました。

投稿日: -
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
小売
職種
非公開
従業員
101人〜250人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点4

シンプルで分かりやすく使いやすい

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

一般事務 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

導入費は無料です。月額は個別の見積もりなので変わってきます。 

利用期間 

導入開始日がいつからかはわかりませんが、2021年10月26日現在も使用中です。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

決済サービスを使用するのはNPが初めてですが、シンプルかつ分かりやすいのでかなり使いやすいと思いました。自分が使うための説明を受けた後、約2日ではほぼ使いこなせるようになっているくらい簡単です。審査状況、締切日など表やカレンダーを用いて一目でわかりやすいうえ、締め日が近づくとメールにてお知らせしてくれるので、締め忘れなども今のところ一切発生しておりません。次回の取引合計金額と件数も表示してくれます。 

CSVを使えば審査したい会社情報を一気に審査にかけることが出来、一つ一つ入力するという面倒な作業はありません。 

不便だと感じた点を教えてください。 

お金を使うサイトということなので仕方ないのですが、一定時間すぎると再アクセスとログインが必要になります。また、契約の確認などをアカウント情報より抜き出すことが難しく、現在の状況が手軽に調べられないところは少しつらいです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

お勧めします。知りたい項目はすぐにプルダウンで見つけられるほど簡素なので扱いやすいのが特徴です。わが社ではBtoBのセールスにて利用しておりますが、BtoBに限らず、BtoCでも利用できるのではないかと感じます

投稿日: 1970/01/01
匿名ユーザー

総合評価点4

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
小売
従業員
101人〜250人

シンプルで分かりやすく使いやすい

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

一般事務 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

導入費は無料です。月額は個別の見積もりなので変わってきます。 

利用期間 

導入開始日がいつからかはわかりませんが、2021年10月26日現在も使用中です。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

決済サービスを使用するのはNPが初めてですが、シンプルかつ分かりやすいのでかなり使いやすいと思いました。自分が使うための説明を受けた後、約2日ではほぼ使いこなせるようになっているくらい簡単です。審査状況、締切日など表やカレンダーを用いて一目でわかりやすいうえ、締め日が近づくとメールにてお知らせしてくれるので、締め忘れなども今のところ一切発生しておりません。次回の取引合計金額と件数も表示してくれます。 

CSVを使えば審査したい会社情報を一気に審査にかけることが出来、一つ一つ入力するという面倒な作業はありません。 

不便だと感じた点を教えてください。 

お金を使うサイトということなので仕方ないのですが、一定時間すぎると再アクセスとログインが必要になります。また、契約の確認などをアカウント情報より抜き出すことが難しく、現在の状況が手軽に調べられないところは少しつらいです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

お勧めします。知りたい項目はすぐにプルダウンで見つけられるほど簡素なので扱いやすいのが特徴です。わが社ではBtoBのセールスにて利用しておりますが、BtoBに限らず、BtoCでも利用できるのではないかと感じます

投稿日: 2022/04/05
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
メーカー
職種
非公開
従業員
501人〜1000人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点3.5

APIの機能性・商材とのミスマッチに不満あり

利用にかけた費用

決済サービスの選定はコンサルタント費用がかかりました(50万円前後)。

初期費用はなし、月額費用は売上金額の3%くらいだったと記憶しています。

 

利用期間

2020年12月~2021年9月

 

導入に至った決め手を教えてください。

・売上に対する手数料のパーセンテージが一番低かったため。導入時の一番重要な選定条件が手数料でした。

・導入時には売り上げ規模の試算をお伝えするのですが、その規模によって手数料のパーセンテージは交渉可能で、企業によっては変動すると思います。

・売り上げ規模以外にも広告費用やマーケット情報をお伝えすることで交渉可能で、実際に交渉した結果、NP掛け払いを選定しました。

・BtoB向けの商材だったので掛け払いの支払い形式を選択できる必要があったため、それも選定理由になりました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・BtoB向けECサイトを開発したときに決済サービスの導入を検討したのですが、プラグインが用意されていたため開発工程はスムーズでした。

構築実績も豊富なため、開発工程の削減・決済サービスの仕様・要件の整理部分で検討の時間が減りました。そのため初期導入コストは抑えられました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

APIの機能性・商材とのミスマッチが不便な点でした。

・APIの機能でいうとオーソリ処理が一部人力にせざるを得なかった点で、決済のキャンセル時にユーザーに通知することが難しかったです。

・オーソリ後のキャンセル処理もWebの画面から手動で処理をしなければならず、複数のシステムにまたがって処理をすることが手間でした。(これは決済サービスにはある程度共通だと思いますが、決済サービスに対して改善してほしい点です)

・システムから決済サービへ売り上げ情報を飛ばす際にも課題があり、1ユニットごとの単価が小数点になる商材の場合は、売上情報の処理がかなり複雑になりました。計算機能で計算後に決済サービスへ金額情報を送信するのですが、決済サービスへ送るフォーマットが小数点の商材に対応していませんでした。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

EC-CubeというECサイトのパッケージと連携しましたが、プラグインが用意されていたので連携はしやすかったです。IDさえあれば、システム的にはすぐに設定が可能でした。

 

他の会社にもおすすめしますか?

・BtoB向けの商材をWeb上で販売する想定であれば推奨します。銀行振込以外の決済でBtoB向けの掛け払いのサービスはそれほど多くないため、選定には必ず入ると思います。

・使い勝手の面で自動化がどれだけ可能かという点を取り上げますがAPIも豊富なため、システムに多大な機能を要求しない限り開発も難易度は高くないです。

・バックオフィスの画面UIも非常にシンプルな構成だったのでアルバイトの方でも使用できる操作感で使いやすいと思います。

投稿日: 2022/04/05
匿名ユーザー

総合評価点3.5

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
メーカー
従業員
501人〜1000人

APIの機能性・商材とのミスマッチに不満あり

利用にかけた費用

決済サービスの選定はコンサルタント費用がかかりました(50万円前後)。

初期費用はなし、月額費用は売上金額の3%くらいだったと記憶しています。

 

利用期間

2020年12月~2021年9月

 

導入に至った決め手を教えてください。

・売上に対する手数料のパーセンテージが一番低かったため。導入時の一番重要な選定条件が手数料でした。

・導入時には売り上げ規模の試算をお伝えするのですが、その規模によって手数料のパーセンテージは交渉可能で、企業によっては変動すると思います。

・売り上げ規模以外にも広告費用やマーケット情報をお伝えすることで交渉可能で、実際に交渉した結果、NP掛け払いを選定しました。

・BtoB向けの商材だったので掛け払いの支払い形式を選択できる必要があったため、それも選定理由になりました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・BtoB向けECサイトを開発したときに決済サービスの導入を検討したのですが、プラグインが用意されていたため開発工程はスムーズでした。

構築実績も豊富なため、開発工程の削減・決済サービスの仕様・要件の整理部分で検討の時間が減りました。そのため初期導入コストは抑えられました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

APIの機能性・商材とのミスマッチが不便な点でした。

・APIの機能でいうとオーソリ処理が一部人力にせざるを得なかった点で、決済のキャンセル時にユーザーに通知することが難しかったです。

・オーソリ後のキャンセル処理もWebの画面から手動で処理をしなければならず、複数のシステムにまたがって処理をすることが手間でした。(これは決済サービスにはある程度共通だと思いますが、決済サービスに対して改善してほしい点です)

・システムから決済サービへ売り上げ情報を飛ばす際にも課題があり、1ユニットごとの単価が小数点になる商材の場合は、売上情報の処理がかなり複雑になりました。計算機能で計算後に決済サービスへ金額情報を送信するのですが、決済サービスへ送るフォーマットが小数点の商材に対応していませんでした。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

EC-CubeというECサイトのパッケージと連携しましたが、プラグインが用意されていたので連携はしやすかったです。IDさえあれば、システム的にはすぐに設定が可能でした。

 

他の会社にもおすすめしますか?

・BtoB向けの商材をWeb上で販売する想定であれば推奨します。銀行振込以外の決済でBtoB向けの掛け払いのサービスはそれほど多くないため、選定には必ず入ると思います。

・使い勝手の面で自動化がどれだけ可能かという点を取り上げますがAPIも豊富なため、システムに多大な機能を要求しない限り開発も難易度は高くないです。

・バックオフィスの画面UIも非常にシンプルな構成だったのでアルバイトの方でも使用できる操作感で使いやすいと思います。

まとめ

リスクや作業の煩雑さを考えて掛け払いを導入できないでいる企業、請求業務にかかる時間やマンパワーに悩んでいる企業にはおすすめのシステムです。

取引先が個人事業主だと金額が小さく回収のリスクがあるため、顧客として今まで取りこぼしていたケースがあるのではないでしょうか。「NP掛け払い」を導入することによって、そんな得意先とも取引が可能になります。

「NP掛け払い」は、様々な形態の事業に柔軟に対応することが可能なため、個々の課題を解決しながらビジネスの拡大を実現します。

決済業務から解放されコア業務に集中したい、事業拡大のため掛け払いを導入したい、社内の新規事業を小規模でスタートさせたいなどのニーズにあったシステムといえるでしょう。

画像出典元:「NP掛け払い」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

決済代行サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】決済代行サービス選びのお役立ち資料
決済代行サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ