口座振替サービスについて

【2023年版】口座振替サービスおすすめ14選を比較!

記事更新日: 2023/05/12

執筆: 高浪健司

銀行振込で代金回収をしているけど、毎月の「集金業務が大変」「もっと回収率をあげたい」と悩んでいる方には、口座振替サービスがおすすめです。

口座振替サービスは、1度登録すれば自動で引き落とし処理がおこなわれるので、請求や代金回収といった集金業務の効率化が図れます。

当記事では、おすすめ口座振替サービス14選の比較紹介と、口座振替サービスの基礎知識や比較ポイント、導入メリットなどを詳しく紹介しています。

おすすめサービスの比較を無料で!

口座振替サービスの資料を一括ダウンロード

口座振替サービスとは

口座振替サービスとは、金融機関を通じておこなわれる決済手段のひとつで、指定の口座から代金を自動で引き落とすサービスです。

消費者に対し、代金の請求や回収といった集金業務をおこなうことなく自動で入金されるので、集金にまつわるあらゆる業務の手間が省けます

口座振替は、毎月の公共料金やクレジットカード利用料金、定額課金制のサブスクリプションサービスの支払いなどにとても便利です。

口座振替サービスの仕組み

口座振替サービスは、「消費者」「事業者」「決済代行会社(口座振替サービス)」「金融機関」の4つで構成されています。

口座振替サービスの仕組みは、以下のとおりです。

口座振替サービスの仕組み

 

  1. 消費者が口座振替サービスに登録している事業者から商品を購入
  2. 消費者の請求データを、事業者が口座振替サービス会社に提出
  3. 決済代行会社が、各金融機関にて手続きを行い、指定口座から代金を引き落とす
  4. 決済代行会社が、引き落とした代金を事業者に入金
  5. 消費者に商品が提供され、売買が成立


口座振替を利用するにあたって、手続き方法としては口座振替依頼書」と「Web口座振替受付の2種類あります。

口座振替依頼書は、書面による手続きとなるため、記入や捺印、郵送など登録までに手間や時間がかかります。

一方でWeb口座振替受付は、すべてWeb上で完結できるので、手間かからずスピーディな手続きが可能です。

おすすめの口座振替サービス4選

1. 後払い.com 口座振替サービス


画像出典元:「後払い.com 口座振替サービス」公式HP

サービス内容

「後払い.com 口座振替サービス」は、口座振替にまつわる業務を代行し、未回収リスクを100%保証してくれる、口座振替代行サービスです。

口座振替依頼書の取得から依頼書の内容確認、入金管理など、口座振替におけるあらゆる業務の代行にも対応しています。

残高不足で引き落とし不可でも全額立て替えてもらえるほか、未回収時の督促業務も代行してくれるので精神的負担が少なく、貸倒れの心配もありません。

初回支払日までに口座振替登録が間に合わなくても、コンビニや銀行、郵便局から支払い可能な請求書が消費者に別途送付されるので安心です。

煩雑で手間のかかる口座振替業務は、すべて「後払い.com 口座振替サービス」が代行してくれるので、コア業務に専念できるでしょう。

注目ポイント

  • 振替依頼書とWeb、どちらにも対応
  • 口座振替業務の丸投げで効率化
  • 100%の立替保証で安心
  • 各種サブスクやBtoBサービスにも利用できる
  • およそ1,200の金融機関で引き落としが可能
  • 万全なセキュリティ体制で運用も安心

 

料金プラン

口座振替の取引件数などにより、それぞれ料金が異なるため、お問い合わせが必要です。

後払い.com 口座振替サービス 含む資料を一括DL 

 

2. VeriTrans4G


画像出典元:DGフィナンシャルテクノロジー 公式HP

特徴

DGフィナンシャルテクノロジー(旧:ベリトランス)が提供する総合決済サービス「VeriTrans4G」は、
クレジットカード決済、コンビニ決済、Apple Pay、PayPayといったあらゆる決済方法を一括導入できます。

顧客の利便性をアップし売り逃しを防ぎながらも従業員の負担は最小限になるよう、事業者様でのクレジットカード情報の取扱いは不要です。

多種多様な決済方法を取りそろえているため、自社にぴったりの決済方法が見つかるでしょう。

料金プラン

VeriTrans4G」の料金プランは、導入時に発生する初期費用と、毎月の利用料である月額費用が発生します。

月額費用は基本料金・トランザクション処理料・決済手数料の合計です。手数料の金額は決済方法によって異なります。

VeriTrans4G 含む口座振替サービスの資料を一括DL 

 

3. ROBOT PAYMENT


画像出典元:「ROBOT PAYMENT」公式HP

サービス内容

ペイメント事業やファイナンシャルクラウド事業を20年以上にわたって展開している株式会社ROBOT PAYMENT提供の決済代行サービスです。

口座振替が利用できるサービス「サブスクペイ」では、口座振替のほか、クレジットカード決済やコンビニ決済など多様な決済手段に対応しています。

都市銀行をはじめ、地方銀行、ネット銀行、ゆうちょ銀行など、ほぼすべての金融機関に対応しているほか、毎月金額が変更する従量課金にも対応。

万が一、口座の残高不足などによって振替ができない場合でも、別な決済手段(銀行振込やクレジットカード払いなど)で再決済が促せるので便利です。

口座振替以外の決済手段を利用しても、振替データとしてWeb上の管理画面で一元管理できるので、効率的に財務管理が行えます。}

注目ポイント

  • 累計12,000社以上、年間300億円の取引実績
  • 初期費用0円、決済手数料85円は業界最安クラス
  • 通常2〜3週間かかる審査も最短2営業日で完了
  • スピード導入が可能

 

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要ですが、導入には初期費用・システム利用料(月額)・決済処理料がかかります。

  サブスクペイ口座振替サービス
初期費用 0円
システム利用料
(月額)
要問合わせ
決済手数料 85円~

(税表記なし)

 

 

4. Square 請求書


画像出典元:「Square 請求書」公式HP

サービス内容

Square 請求書は決済サービス「Square」のひとつ。請求書や見積り、支払いリクエスト、追跡、管理などがワンプラットフォームでおこなえる、クラウド請求書発行システムです。

販売した商品やサービスの請求書を、顧客のメールやSMSに自動送付し、請求額を遅滞なくスムーズに受け取れるようになります。

クレジットカード・Apple Pay・現金・Squareギフトカードなど、多様な支払方法に対応していますが、口座振替には対応していません

しかしながら、Square 請求書では、あらかじめ設定した日時に決まった額をクレジットカードから自動で引き落とす自動継続課金が使えます。 

この自動継続課金を活用することで、口座振替と同様な支払手段として利用でき、導入も口座振替に比べてスピーディーかつ簡単です。

注目ポイント

  • 初期費用・月額費用ともに0円
  • 費用は決済時にかかる手数料のみ
  • 多様な支払方法に対応可能
    (クレジットカード、Apple Pay、現金、ギフトカードなど)
  • 大手会計ソフトウェアと連携でき、効率的な経理業務を実現
  • 代金は最短で翌営業日に口座に振込み
  • 振込時の手数料も無料

 

料金プラン

  無料プラン 請求書プラス
初期費用 0円 0円
月額利用料 0円 3,000円
自動継続課金
決済手数料
  • Visa、Mastercard、American Express、Discover、Diners:3.75%
  • JCB:3.95%

(税表記なし)
※30日間の無料トライアルあり(請求書プラス)

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/通信/インターネット

1人

 

オンライン決済で利用。クレカ決済手数料しかかからない

請求書を発行する上で必要なのは顧客の氏名とメールアドレスのみ。
金額や支払期限を入力して送信ボタンを押すだけで完了。
あとは顧客が受け取った請求書のリンクから自身でカード情報を入力して決済するだけなので非常にシンプルで簡単で重宝しています。

小売/流通/商社

11人〜30人

 

商品検索や利用履歴の検索ができない

・請求書の作成に失敗した際、やり直しがきかないため時間が掛かる。

・商品検索ができないため、少し時間が掛かる。

・利用履歴の検索ができないため、古い利用を探す際に不便。利用履歴を日付の新しい順で見ることができるのだが、あまりに古い履歴の場合見つけるのに時間が掛かる。

 
Squareの口コミをもっと見る

 

 

その他おすすめの口座振替サービス

1. STORES請求書決済


画像出典元:「STORES請求書決済」公式HP

サービス内容

STORES請求書決済は、STORES決済の機能のひとつ。決済専用のWebページで支払いが完結できる、オンラインに特化したキャッシュレス決済サービスです。

Web上の管理画面から、件名や金額を入力するだけで、決済用の請求書ページが簡単に作成できます。

請求書ページのデザインをカスタマイズすることができるので、自社サイトのイメージにそったページを作成することも可能です。

作成した請求書ページのURLを登録した顧客のメールアドレス宛に送信し、受け取った決済画面から簡単に支払えます。

事業者・消費者ともに専用アプリをダウンロードすることなく、Webブラウザのみで利用可能です。

注目ポイント

  • 日本語・英語・中国語(繁・簡)・韓国語・タイ語の6言語に対応
  • 請求書決済専用Webページの簡単作成
  • 取引のリアルタイム監視
  • 決済情報の高度な暗号化

 

料金プラン

初期費用・月額費用ともに無料。

クレジットカードの決済手数料(3.24%)のみで利用できます。

  STORES請求書決済
初期費用 無料
システム利用料
(月額)
無料
決済手数料 決済手数料Visa、Mastercard:3.24%

 

 

 

2. RP掛け払い決済


画像出典元:「RP掛け払い決済」公式HP

サービス内容

RP掛け払い決済は、決済をはじめ、与信・請求書作成・送付・集金・入金消込・督促まで、BtoB・企業間の決済、集金業務を代行する決済サービスです。

企業間取引で発生するあらゆる請求業務のすべてを代行してくれるので、自社の業務負担を軽減し、コア業務に集中しやすくなります。

決済代行業として20年以上の信頼と実績があるほか、審査はあるものの、万が一の入金遅延や貸し倒れが発生しても債権を100%保証してくれるので安心です。

回収状況はWeb上の管理画面で、いつでも簡単にリアルタイムで確認することができます。

早期払いにも対応しており、最短3営業日で入金されるので、資金繰りにも余裕を持つことができるでしょう。

注目ポイント

  • 請求情報を毎月アップロードし、入金を待つだけ
  • 請求管理業務の自動化
  • 与信審査、債権保証にも対応。未回収などのリスク回避が可能
  • 決済代行業として、20年以上の実績
  • 事前準備からテスト運用、実用開始まで、充実したサポート体制

 

料金プラン

  RP掛け払い決済
初期費用 0円~
月額固定費 0円~
手数料率 0.5~2.9%
請求書郵送費用 0円
利用上限枠 なし

 

3. Paid(ペイド)


画像出典元:「Paid(ペイド)」公式HP

サービス内容

Paidは、与信審査(反社チェックを含む)から代金回収まで請求に関わる業務を代行する、BtoB・企業間取引に特化した後払い決済サービスです。

請求書の発行から入金管理、与信審査、代金回収、督促など、あらゆる請求業務を代行するので、煩雑で手間のかかる請求業務がなくなります。

支払い代金を100%保証する制度もきちんと完備されているので、代金の遅延や未払いが発生したときでも安心です。

取引先の与信審査にかかる期間が、最短即時から3営業日程度で完了するので、すぐに取引を開始することができます。

自社の社内システムやECサイトと柔軟に連携できるAPIが用意されているので、よりスムーズな請求フローを実現できるでしょう。

注目ポイント

  • 作業は請求データの登録のみ。実質15分程度で完結できる
  • 将来的に取引先が増えても、請求管理が不要なため負担がない
  • 口座振替はサービス利用と同時に申し込めるので、取引先の手間もかからない
  • 専用サポート窓口の完備で迅速に対応

 

料金プラン

  Paid
初期費用 0円
月額固定費 0円
保証料率 取引請求金額の~2.9%
事務手数料 請求1件につき100円

(税表記なし)

Paid 含む口座振替サービスの資料を一括DL 

 

4. SBペイメントサービス


画像出典元:「SBペイメントサービス」公式HP

サービス内容

SBペイメントサービスは、オンライン決済から実店舗決済まで、あらゆるサービスの決済に対応する、ソフトバンクグループの決済代行サービスです。

口座振替をはじめ、クレジットカード決済・Amazon Pay・Apple Pay ・PayPayなど、30種類以上の豊富な決済に対応

ECサイト、デジタルコンテンツ、サブスクリプションサービスなど、業界・ニーズ別にオンライン決済を組み合わせて利用できます。

口座振替は、都市銀行をはじめ、地方銀行やゆうちょ銀行、ネット銀行など、ほぼすべての金融機関に対応しているほか、従量課金にも対応可能です。

あらゆるニーズに応える多様な決済サービスと、年間5兆円を超える大規模トランザクションを処理する高度な決済システムで、効率的な取引を実現します。

注目ポイント

  • 豊富な決済サービスを用意
  • さまざまな国際的セキュリティ準拠認定を取得
  • あらゆる疑問を解決する専任担当による安心のサポート体制

 

料金プラン

初期費用・月額費用・決済手数料・決済サービス利用料・トランザクション費用が必要です。

詳細については、お問い合わせが必要です。

SBペイメントサービス 含む口座振替の資料を一括DL 

 

5. BizHawkEye


画像出典元:「BizHawkEye」公式HP

サービス内容

「BizHawkEye」はINS廃止に伴い、新しい回線となる「VALUX」接続に対応した、WEBバンキングサービスです。

BizHawkEyeはインターネットを利用して、セキュリティの高い環境で便利に振込や入金の確認ができる、テレワークに対応した新しいかたちのマルチバンクWebサービスとなっています。

BizHawkEyeを利用することにより、企業は複数の金融機関との取引を同じインターフェイスで安全かつ高速でおこなうことが可能です。

注目ポイント

  • 複数の異なる金融機関との取引を一元管理
  • 営業所などが持っている複数の口座の一元管理をサポートする「資金集中・配分」機能
  • 二次元バーコードでのトランザクション認証の採用
  • 認証サービス「VALUX」により、なりすましや不正送金を回避

 

料金プラン

BizHawkEyeの料金プランは利用機能によって違っており、特に差があるのが初期費用です。

標準機能と資金集中配分機能、それぞれ何ができるのかを確認し、自社に合うプランを選ぶようにしましょう。

  標準機能 資金集中配分機能 標準機能+資金集中
配分機能
初期費用
(税抜)
37,000円~ 56,000円~ 87,000円~
月額費用
(税抜)
7,700円~ 7,700円~ 13,200円~

 

 

6. アプラス集金代行サービス


画像出典元:「アプラス集金代行サービス」公式HP

サービス内容

アプラスは、業界40年の歴史と8,000社以上の導入実績を誇る、信頼性の高い集金代行サービスです。

口座振替だけでなく、コンビニ収納やペイジー決済など多様な集金代行に対応しているため、あらゆる業界の集金・決済業務に活用できます。

口座振替は全国ほぼすべての金融機関・ゆうちょ銀行が利用できるので、消費者のニーズに合わせた柔軟な案内が可能です。

口座振替依頼書の提出から請求仕分など、口座振替にまつわるすべての業務を任せられるので、財務に関するリスクを軽減しつつ業務効率化が図れます。

サービスの導入から運用方法まで、信頼と実績のある業界のプロが丁寧にサポートしてくれるので、はじめての導入でも安心です。

注目ポイント

  • あらゆる業界の集金業務に対応
    (通信販売・不動産賃貸・サブスクリプションなど)
  • 導入から運用まで、対面を重視した丁寧なサポート
  • ほぼすべての金融機関に対応
    (都市銀行、地方銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行など)
  • 「実績・信頼・信用」どれも業界トップクラスの人気サービス

 

料金プラン

初期費用0円からの導入も可能とのこと。詳細については、お問い合わせが必要です。

7. リコーリース株式会社


画像出典元:「リコーリース株式会社」公式HP

サービス内容

リコーリース株式会社は、口座振替とコンビニ決済をメインとし、企業だけでなく個人事業主も利用できる集金代行サービスです。

口座振替をはじめる際に必要となる金融機関との折衝や申込手続きは、すべてリコーリースが代行してくれます。

都市銀行をはじめ、地方銀行・信用金庫・労働金庫・農業共同組合、ゆうちょ銀行など、全国ほぼすべての金融機関に対応。

専用Webサイトを利用して、請求回収情報データの作成や入金消込の作業がおこなえ、利用している既存の販売管理ソフトとの連携も可能です。

その他、請求書の発行業務(印刷・封入・送付)の代行や、ペイジー口座振替受付サービスなど、請求業務をより効率化するオプションも多数用意されています。

注目ポイント

  • 金額が変動する従量課金の請求にも対応
  • 初期費用0円、使わない月は基本料金も0円
  • 口座振替をリーズナブルな費用で導入可能
  • 導入実績10,000社超
  • 東証プライム上場のリコーグループだから安心
  • 専用フリーダイヤルによるサポート体制の完備

 

料金プラン

詳細については問い合わせが必要ですが、基本的には利用した月のみ料金がかかるといった仕組みとなっています。

8. SMBCファイナンスサービス株式会社


画像出典元:「SMBCファイナンスサービス株式会社」公式HP

サービス内容

SMBCグループとして「カード・信販・トランザクション」の3事業を軸とし、決済にまつわるあらゆる課題に対応する総合決済カンパニーです。

決済代行サービスでは、口座振替をはじめ、コンビニ収納・クレジットカード決済・ペイジー決済・銀行振込など、多様な決済に対応しています。

煩雑で手間のかかる集金業務も1度の手続きで自動化され、入金消込作業も簡単になるため、労力や経費の大幅な削減が可能です。

全国の金融機関や、ゆうちょ銀行に対応しているほか、振替日の複数選択が可能なので、口座振替を利用した柔軟な代金回収ができます。

振替結果や回収代金は、SMBCファイナンスサービスがまとめて一括で渡してくれるため、計画的な資金運用がおこなえるでしょう。

注目ポイント

  • SMBCグループの幅広いネットワークにより、スムーズな代金回収を実現
  • 振替日を「5日・6日・23日・27日」と「8日・26日」の2パターンから選べる
  • 万全なセキュリティ体制
    (SSL/TLSプロトコルによる暗号化通信など)
  • 従量課金など、毎月請求ではない不定期な請求にも対応可能

 

料金プラン

料金の詳細については問い合わせが必要ですが、基本的に「初期費用・基本料金・引落手数料・入金処理費用」がかかります。

9. GMOペイメントゲートウェイ株式会社


画像出典元:「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」公式HP

サービス内容

GMOペイメントゲートウェイは、定期購入や継続課金などの決済代行をはじめ、トランザクションレンディングなどを扱う総合決済サービスです。

オンライン決済を支援する同社サービス「PGマルチペイメントサービス」では、口座振替をはじめ、クレジットカード決済など、ほぼすべての決済手段に対応しています。

複数の決済手段をひとつの管理画面で一元管理できるほか、ビジネスモデルにあわせたシステムの柔軟なカスタマイズも可能です。

カード情報などの重要な個人情報は、GMOペイメントゲートウェイが管理するため、情報漏洩などのリスク回避ができます。

サービス開始から25年以上、公共機関や金融機関、大手ECサイトなど、これまで多くの企業で導入されている、安心安全な決済サービスです。

注目ポイント

  • ほぼすべての決済手段に対応
    (口座振替、クレジットカード決済、コンビニ決済など)
  • 顧客の口座情報を自社で管理する必要がなく、情報漏洩などのリスク回避に有効
  • 決済前から決済後まで、安心安全なセキュリティ環境
  • 引落日を月4回「5日・6日・23日・27日」から選べる

 

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

 

10. ソニーペイメントサービス株式会社


画像出典元:「ソニーペイメントサービス株式会社」公式HP

サービス内容

ソニーペイメントサービス株式会社は、安全かつ安心な決済インフラ環境を提供する、ソニーグループの決済代行サービスです。

口座振替をはじめ、オンライン決済やクレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込など多様な決済手段に対応し、目的に合わせた決済手段が選べます。

「紙口座振替登録・Web口座振替登録・ペイジー端末口座振替登録」から要望に合わせた登録方法が選べるので便利です。

口座振替は、全国ほぼすべての金融機関に対応しているので、利用者の利便性や入金率の向上に期待できます。

ソニーグループという安心感のもと、便利な決済サービスが利用できるのも、大きなメリットであるといえるでしょう。

注目ポイント

  • 圧倒的な処理スピードで快適な取引
  • メンテナンスによるサービス停止もほぼない
  • 独自の認証サービスで、安心安全なセキュリティ体制を構築
  • 決済代行のパイオニアとして、長年の実績ある信頼性の高いサービス

 

料金プラン

利用するサービスによって料金が異なるため、詳細については、お問い合わせが必要です。

 

企業が口座振替サービスを利用するメリット

口座振替サービスを導入することで、得られるメリットは多くあります。

そのなかで、もっとも大きなメリットとしては、以下の3つです。

  1. 支払い漏れなどの未収金リスクが低減する
  2. 請求や代金回収などの業務効率化
  3. 顧客満足度の向上につながる


それぞれ詳しく解説していきます。

1. 支払い漏れなどの未収金リスクが低減する

口座振替は、毎月決まったタイミングで、利用者の銀行口座から自動で代金が引き落とされます。

そのため、支払い忘れや金額の間違いなど、消費者による支払いミスが発生しません

支払い漏れや遅延などのリスクは、事業者にとって大きな痛手となりますので、こうしたリスクを防げるのは、大きなメリットといえるでしょう。

2. 請求や代金回収などの業務効率化

口座振替は、1度口座振替の手続きさえ済ませば、あとは自動で引き落とし処理がおこなわれます。

そのため、請求書の発行や入金確認、督促、消込作業といった事務作業をおこなう必要がないため、請求にまつわる業務の効率化が可能です。

また、請求や代金回収などの業務を効率化させることで、人件費の節約にもつながります。

3. 顧客満足度の向上につながる

毎月支払いが発生するたび、コンビニや銀行などに代金を支払いに行くのはとても面倒で、消費者にとって大きな負担となるでしょう。

口座振替であれば、口座から毎月自動引き落としで代金が支払われるので、支払いに行く手間や振込手数料の負担を削減できます。

毎回の支払い手続きの手間や手数料の負担を削減するだけでも顧客満足度の向上につながりますし、利用継続率のアップにも有効です。

口座振替サービスの選び方

口座振替サービスといっても、多くのベンダーがサービスを提供しています。

そのため、口座振替サービスの導入効果を得るためには、自社にあったサービスを選ぶことが重要です。

ここでは、口座振替サービスの選び方として、3つのポイントを紹介するので、そのポイントを意識しながら、比較してみましょう。

  1. どの決済手段に対応しているか
  2. 導入実績と信頼性の事前確認
  3. サポート体制の充実さ


それぞれ詳しく解説していきます。

1. どの決済手段に対応しているか

口座振替だけ使えれば良いのか、それともコンビニ決済やクレジットカード決済など、口座振替以外の決済も使う可能性があるのか。

現時点では口座振替だけで良くても、今後顧客のニーズに合わせて決済手段を増やす可能性があるなら、複数の決済手段に対応しているサービスを選ぶと良いでしょう。

オンライン決済・クレジットカード決済・コンビニ決済・キャリア決済など、現在では決済手段も多様化しています。

サービスのなかには、複数の決済手段を一括管理できるものもあるので、そうしたサービスを選ぶと便利で効率的です。

どの決済手段が必要なのかをきちんと吟味したうえで、サービスを選ぶようにしましょう。

2. 導入実績と信頼性の確認

口座振替に限らず、決済代行サービスを利用する際は、サービスを提供しているベンダーの実績や信頼性を確認しておきましょう

自社の大切な売上を管理してもらうからです。

導入実績は豊富か、どのような企業が導入しているのか、セキュリティ環境はどうなのかなど、各ベンダーの公式サイトで確認するようにしましょう。

3. サポート体制の充実さ

サポート体制の充実度も、サービスを選ぶうえで重要なポイントです。

導入前には、事業内容や回収内容、抱えている課題、目的などをきちんとヒアリングし、最適なプランを提案してもらえるのか。

また、運用中に何らかのトラブルが発生した際の対応など、サポート内容について具体的な対応範囲を確認しておきましょう。

口座振替サービスを導入し、効果を得るためにはサポート体制はとても重要です。

まとめ

口座振替サービスを導入することによって集金業務が自動化され、煩雑で手間のかかる集金業務が省けてコア業務に集中できます。

また、支払いの手間を省いたり支払い忘れを防止したりなど、口座振替は顧客にとっても利便性の高い支払手段です。

現在では、とても多くのベンダーが口座振替サービスを提供しており、BtoB向け・BtoC向けなど、特徴や機能がそれぞれ異なります。

口座振替サービスの導入効果を実感するためには、自社の課題や目的にあったサービスを選ぶことがとても重要です。

ぜひ自社にあった口座振替サービスを選定し、効率化かつ効果的な集金業務を目指していきましょう。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

口座振替サービスの資料を一括ダウンロード
口座振替サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ