Paypal

3.8

記事更新日: 2022/02/22

執筆: 挾間章子

編集部コメント

Paypal(ペイパル)は、世界2400万店舗、3億人以上のユーザーを持つオンライン決済サービスです。

新規登録は無料で、クレジットカードや銀行口座を登録するだけで、手数料なしでオンライン決済できる手軽さが魅力です。

この記事では、Paypalの使い方、安全性やメリット・デメリット、Paypalはどこでも使えるのかなど徹底解説していきます。

決済代行サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

決済代行サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

支払い先に支払情報を知られることなく支払いが完了できる。

悪い点

送金・集金は、取引相手もPaypalに入っていないとできない。

費用対効果:

個人利用の場合、国内での取引は全て無料。

UIと操作性:

シンプルで誰でも簡単に操作できる。

セキュリティ:

業界最高水準の不正防止モデルが確立されている。

Paypal(ペイパル)とは



画像出典元:「Paypal」公式HP
 

Paypal(ペイパル)とは、世界2400万店舗、3億人以上のユーザーを持つオンライン決済サービスです。

新規登録は無料で、クレジットカード、デビットカード、銀行口座から好きな支払い方法を登録しておけば、支払いや送金・集金に利用できる便利なサービスです。

Paypal(ペイパル)のメリット

支払情報を相手に知られない

Paypalを経由してクレジットカードや銀行口座から支払いを行う場合、支払情報の詳細は支払先には一切知られることがありません

情報漏洩や不正利用などの心配をなくすことが可能です。

強いセキュリティシステム

Paypalには、業界最高水準の不正防止モデルが確立されていて、24時間365日全取引をモニタリングし、不正な動きが確認された場合は、直ちにアカウントに制限を掛けるなど徹底しています。

個人情報は最高水準の暗号化キーで保護し、決済情報はPCI DSSに準じています。

買い手保護制度

Paypalには、もしオンラインショッピングで何かトラブルに合った際、条件を満たしていれば利用金額が保護される制度があります。

例えば、支払い済の商品が届かない、届いた商品がネット上内容と全く違うなどのトラブルに合った際、買い手保護制度を利用すれば、返金してもらえます。

海外送金手数料が安い

Paypalを利用して海外へ送金する場合、1回100万円までであれば、499円!という安い手数料で送金できます

例えば、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンクを利用し海外送金しようとすると、1件あたり2,500円の手数料が発生します。

Paypalの海外送金手数料はめちゃくちゃ安いです。

Paypal(ペイパル)の使い方

Paypalで支払う

Paypal(ペイパル)を利用した支払い方法は、とにかく簡単です。

  • ペイパルアカウントに支払い情報を登録

  • ペイパルが使えるお店でログインして支払い


PayPalで使える支払い方法もクレジットカード、デビットカード、銀行御口座と幅広いです。

 

Paypalで送金・集金する

Paypalは、家族や友達同士での送金・集金にも利用することができます。

  • アプリをダウンロード(PC、タブレット、スマホ対応)

  • 銀行口座を登録

  • ログインして送金、もしくは集金(送金リクエスト)


例えば、飲み会でワリカンが発生した際には、一旦代表者がPaypalで支払い、後でメンバーに送金リクエストを送れば、両替や小銭が溜まってしまうなどの面倒なことがなくなります。

Paypalでの送金・集金の注意点

但し、Paypalでの送金・集金には、以下の注意移転がありますので、必ずご確認ください。

  • メンバーが全員Paypalに加入している

  • あらかじめPaypalアカウントに銀行口座を登録し口座振替設定をしている

  • 商用目的では使えない

  • 送金の上限は1回あたり100万円

  • クレジットカードは利用できない

  • 買い手保護制度は利用できない

 

Paypalを導入する

Paypalをビジネスで利用したい場合の導入方法は、バラエティに富んでいます。

まずは、無料のビジネスアカウントを開設し、事業内容や基本情報を登録しましょう。

その後、アプリセンターで自社のビジネスに合った形での決済サービスを選択し、導入していきましょう。

以下に主要なアプリをご紹介します。

Paypal checkout 自社のウェブサイトやブログなどに決済ボタンを付けたい
Paypalに登録している顧客情報や決済情報を使ってAPIで決済
クレジットカード決済 Paypalアカウントを持っていない顧客に対しクレジットカード決済を受付
請求書ツール サイトがなくてもメールを経由して請求書を送信できる
サブスクリプション あらかじめ決めた金額、期間で定期的に決済できる
ペイアウト 様々な通貨で送金ができる

 

Paypal(ペイパル)はどんな人におすすめ?

海外サイトをよく利用する人

Paypalはもともと、米国発のサービスで、決済サービスの草分け的存在でもあるため、世界的に導入店舗が多いため使いやすいです。

また、海外への送金手数料が安いなど海外との取引に有利な点もあり、海外サイトを利用する人に適しています

支払情報をサイトに直接入力したくない人

クレジットカードや銀行口座情報を、利用するオンラインショッピングなどのサイトに直接入力することに抵抗感を感じる人にもPaypalはおすすめです。

支払情報は、Paypal上で安全に管理され、支払い先に詳細情報は公開されません

ワンクリック決済がしたい人

事前にクレジットカードや銀行口座を登録し、支払い時に「ログイン状態を保持する」を選択すれば、次回からはログインなどの面倒なステップなしで、ワンクリックで決済が可能です。

Paypal(ペイパル)決済とクレジットカード決済何が違う?

Paypalを経由してクレジットカード決済する場合と、単純にクレジットカード決済する場合とで、何が違うのでしょうか。

情報漏洩が防げる

Paypalを利用して決済する場合、決済情報が支払い先に知られることがありません

ネット上に直接情報を入力するクレジットカード決済は、常に流出や不正アクセスなどの脅威と隣り合わせにいます。

Paypalは、支払い情報をPaypalに登録するだけで決済ができるので安心です。

JCBでも支払いできる

海外通販サイトなどでは、JCBなど日系クレジットカード会社での決済を受け付けていないケースもあります

Paypalを利用すれば、JCBを登録しても、上記の場合も決済が可能です。

また、クレジットカードがなければ、銀行口座で支払いもできるため、様々な支払い方法で対応ができます。

海外事務手数料が違う

海外との取引では、決済の際に海外事務手数料が発生します。

  • Paypal:3~4%

  • クレジットカード:1.6~2.2%

海外との取引が多い場合は、手数料のことだけを考えるとクレジットカードの方がお得です。

Paypal(ペイパル)はAmazonで使える?

結論から言うと、PaypalはAmazonでは使えません

Paypalが元々Amazonの競合であるebayの子会社だったこと、AmazonにもAmazonPayというPaypalと競合に当たるサービスがあることなどがその理由と考えられています。

但し、2021年末Amazonは、2022年よりPaypalの子会社である個人間送金サービスのVenmoと、米国内に限り提携すると発表しました。

これを皮切りに両社が、より提携を発展させる可能性はあると言えますが、日本のユーザーが利用できるまでには、もう少し時間がかかりそうです。

2022年現在、楽天、ebay、Qoo10では利用することができます。(Yahooショッピングでは利用できません。)

Paypal(ペイパル)利用時の注意点

分割払いできない

Paypalの支払いは、クレジットカードを登録していても、基本的に分割払いはできません

どうしても分割にしたい場合は、Paypalで一括で決済した後、クレジットカード会社に連絡し、該当決済を分割に変更してもらうことはできます。

取引相手もPaypalに入っていないといけない

取引内容にもよりますが、送金・集金などの場合、取引相手もPaypalのアカウントを持っていないと取引ができません

海外事務手数料が高い

上の章でもご紹介したように、クレジットカードに比べて海外事務手数料が高いです。

Paypal(ペイパル)の料金プラン

Paypalは個人利用の場合、日本国内での取引であれば、全て無料になります。

Paypalの評判・口コミ

その他

1人

導入決定者

支払い方法が色々選べる

利用にかけた費用

初期費用無料。決済の度に手数料が決済金額の3%程度。

 

利用期間

2020年8月~2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

個人ビジネスの決済方法として、知り合いからオススメされた。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・決済方法が色々選べるところ。一回だけの支払い、分割の支払い、サブスクリプション形式の支払いなどが選べる

・メルマガやLPなどに購入ボタンを貼っておくだけで、自動で決済してくれるので便利。

・期間を設定して取引履歴をCSVにダウンロードできるので便利。

・EURなどの入金でも、自動的に日本円に換算して勘定してくれる。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・PCから「日本語訳」で表示すると、中国語のような字に変換されてしまい、わけがわからなくなる。

・サブスク形式の支払いは、顧客が勝手に支払いを留めることができてしまうので後の処理に困る。

・購入ボタンが複数種類あり、その機能や作り方が複雑でわかりにくい。

手数料が3%と、高く感じる

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

・みずほ銀行と連携し、出金や送金が簡単だった。

・メールスタンドに購入ボタンを貼りつけるだけで決済までしてくれるので楽。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。初めての個人ビジネスでも迷うことなくカード決済でのサービスを提供できる。しかし手数料が3%かかるので、その分も上乗せして代金に乗せることが必要になるので注意。

メーカー

31〜50人

海外との取引に便利

利用期間

2018年10月~2022年3月現在

 

導入に至った決め手を教えてください。

中国の取引先の要望で導入されました。海外送金が即時できるのが良いところです。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・海外向けに導入したが、国内ユーザーとの取引にも便利です。

・最近は、海外以外の取引でも使っています。

・1回だけの取引先などでも個人情報を教えてもらう手間が省けるのでとても便利です。

・カード情報や住所を毎回入力してもらう手間がなくなりました。導入もすぐにできるので、短期間でつかえるようになります。

即座に海外とのお金のやり取りができます

 

不便だと感じた点を教えてください。

手数料がとても複雑です。

いくらに対して何%というようなわかりやすいシステムではないので、決済してみないとわからないです。

・最近は、多くの企業で取り入れられているのですが、日本の顧客にはまだ浸透していません。

 

他の会社にもおすすめしますか?

海外との取引が多い会社はとても便利です。特に、個人事業主や小さな会社など、面倒な手続きや契約をせずにお金をやるとりしたいケースが多い取引がある会社は使えると思います。

教育機関

2〜10人

導入決定者

入金スピードが遅いのだけが不満

利用にかけた費用

手数料3.52%

 

利用期間

2020年2月から2022年3月現在も使用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

弊社ではオンライン授業での支払い方法に困っていまして、海外の方からの入金をどうすれば手数料安く受け取ることが出来るのか考えた結果、導入に至りました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・海外のお客様から「円」でお金を受け取るために、今まで使っていた海外送金では手数料というのが本当に高かったです。ですが、この決済サービスを使ってからは、手数料の大幅削減という事で、お客様から喜んで頂いています

・PayPalは世界的にも有名なので、海外のお客様はとくに「PayPalでの入金をお願いできますか?」と言えば分かっていただけます。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・手数料が安くなってお客様側にとってはとても良いと思います。ですが、私たちお店側からすると、入金スピードがやはり遅いので、経済的には大変です。もう少し早く入金されれれば、お店側からしても資金のやりくりの面でメリットが大きくなると感じています。

 

他の会社にもおすすめしますか?

・海外のお客様との取引が多い会社にぜひ使って頂きたいと思います。

中古車販売

2〜10人

導入決定者

分割払いができず使ってもらえないのは辛い

利用にかけた費用

初期費用はなかったはずで、取引あたりに手数料がかかりました

 

利用期間

2020年2月辺り~2021年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

海外との取引が多かったので手数料取られますがメリットをとり導入を決意

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・海外の取引相手とのお金の決済なので、セキュリティ面や信頼性に不安があった。そこで世界中で使われてるサービスということになり使用しました。

・それ以前は仲介人を立ててアナログな取引をしていたので、業務がよりスピーディーになりました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

分割払いができないことが理由で、よく相手からの別の方法での取引を持ちかけられます。

・ペイパルをそもそも知らない方もいらっしゃいますので、そういった面では、金銭面をペイパルだけでやり取りするわけにはいきません。ここがサービスとしての限界を感じます。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

自社でホームページを作る際は決済方法の一つとして例に上がりました。かんたん決済ボタンの導入は、かなりスムーズでした。

小売

2〜10人

一定期間使わないとアカウントが削除される

利用期間

2021年より2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

海外との取引のため

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

圧倒的に知名度が高く、利用にも不安感が少ないと感じております。利用者は安心感が重要であると思いますので、知名度の高さはかなりのメリットです。

・海外でも多く利用されている物であると思いますので、こちらもメリットだと思っております。

 

不便だと感じた点を教えてください。

利用者が一定期間利用していないとアカウント削除されるのは、デメリットかと思います。削除までのスパンがもう少し長いと良いと思います。

・苦労して時間を割いて登録しても、消されてしまったら、また登録することが面倒だと思う方も多いです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

当社と同じ業務の会社にはおすすめしますが、他の業種にはおすすめ出来るかわかりかねます。色々なツールが多数あるので、他のツールでいい物があれば乗り換えの可能性はあります。

IT

101〜250人

導入決定者

外貨の単位変換には時間がかかる

利用にかけた費用

初期費用は不明。月額費用は決まっておらず、利用に応じて手数料を支払う仕組みとなっています。

 

利用期間

2022年1月~2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

カウント開設までの手順が分かりやすくて、トラブルなくオンライン決済を取り入れられるようになるところです。

海外からの支払いに対応しているところもポイントです。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・利用を始めるためのアカウントの開設手続きが10分程度でできます。スムーズに利用を始められました。

・中国や韓国の方たちに向けて販売を行い、オンライン決済で購入して頂いた際に、購入当日に自社の口座に料金が振り込まれました。

安定して資金を確保できて、売り上げの推移も把握しやすくなりました

 

不便だと感じた点を教えてください。

・支払われた料金の単位を変換するのに時間がかかったことです。

・海外からの売り上げを把握するために、売り上げのレポートの単位を日本円に変換して把握したかったのですが、変換作業に1時間近くかかってしまいました

・短時間では思うように売り上げを把握できなかったことにはストレスを感じました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

本人確認などの手続きがスムーズで、アカウントを作成した当日からオンライン決済を利用できるようになるので、おすすめはできます。

IT

1人

導入決定者

初心者でも簡単に送金や受取りができる

利用にかけた費用

0円

 

導入に至った決め手を教えてください。

クライアントさんに返金する必要があり、クレジットカード払いでは面倒だったのでPayPalで送金することにした

 

利用期間

2022年2月から2022年6月現在

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・銀行の口座に振り込むのに比べてすぐに送金ができた。

・メールアドレスと名前を最初に登録してアカウントを作ればその日に送金でき、お金の受け取りもスムーズだった。

アカウントさえ作ることができれば初心者でも簡単に操作ができる

 

不便だと感じた点を教えてください。

・送金する場合でも相手の名前やメールアドレスを知っていないとやり取りができないのでそこに不便を感じる。

・ウォレットのリワードという機能がいまいち使い方がわからない。

ある特定の人に支払いをする度に、アカウントが新しく作られてしまうようでそこがデメリットだと思う。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。使いやすいツールだと思います。

お金を支払ったり、受け取ったりするのが即座にできるのがとても良いと思います。

銀行口座に振り込んだりするのは、そこまで行かなければいけないので、時間がかかりますが、ペイパルだと即座に手続きができてしまいます。

小売/流通/商社

1人

国際決済手段として優秀

導入に至った決め手

海外との取引が柔軟になると気づいたため

利用期間

2020年9月〜2022年6月現在利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

支払いがトップクラスで早い。他に早いサービスがあるなら教えてほしいくらいに早い。

・クレジットカード対応かつ有名会社で安全安心。仮想通貨より断然安全。

両替にも対応していて、非常に使い勝手が良い

・誰でもアカウント作成可能。

・履歴等々アプリシステムがシンプル。

不便だと感じた点を教えてください。

・相手が登録していないといけない。言語を理解する必要がある。

国内利用者が少なく、類似サービスが多い。特に、シェアが取れないのは致命的で、常用とまでは行かない

・両替対応と言っても発展途上国相手には流石に使えない。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

強いてあげるなら、会計ソフトのエクセルやスプレッドシート、Freeeなどがある。Paypalのアプリの履歴表示が見やすい。会計が楽。

他の会社にもおすすめしますか?

国際決済を多くする人におすすめ。

まとめ

この記事では、世界に多くの利用者をもつオンライン決済サービスのPaypalについて解説してきました。

導入が簡単ですが、支払情報をしっかり守ってもらえる便利なツールであることが判りました。

特に海外サイトを良く利用される方は、登録は無料ですので一度試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Paypal」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

決済代行サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】決済代行サービス選びのお役立ち資料
決済代行サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ