Gyro-n

記事更新日: 2019/11/17

執筆: 編集部

運営コメント

Gyro-nはユーザーのサイト流入からゴールまでの最適化を行い、デジタルマーケティングをサポートするWebサイト改善ツールです。導入実績は300社を超え、中小企業を含む多くの会社のウェブサイトコンバージョンを大幅に改善しています。

1. 高性能SEO

アクセス分析ツールでSEOマネージメントができる

2. データフィード広告マネジメントツール

広告配信に必要な機能を全て管理することができる

3. 入力フォームの改善

エントリーフォームを最適化することができる

良い点

SEO順位検索ツールは有料のものが多いですが、Gyo-nは計測キーワードを10個まで無料で使えることできます。

悪い点

クラウド型のため複数人での管理に適していますが、インストール型に比べて有料の場合の利用料金が高い傾向があります。

費用対効果:

キーワードを10個まで無料で使えることに加え、Gyro-nにしかない機能も搭載しているため、費用対効果は非常に高いです。

UIと操作性:

検索結果等を一括で表示するためサービスの使いやすさは良いが、使える機能が多いため操作が少々煩雑になる場合もあります。

知名度:

SEO順位チェックツールの中では新しいサービスながら、古参ツールからシェアを奪っているサービスです。

Gyro-nの3つの特徴

1. 効率的なSEO対策

SEO対策といえば多様なツールを使い分け、管理作業が大変ですが、Gyro-n SEO は検索順位チェックから問題の分析・施策・検索までの流れをワンストップで行うことができ、必要な情報を効率的に分析し、施策に生かすことができます。

Gyro-nでは順位の反動を一覧で把握することはもちろん、競合サイトとの比較や、検索エンジンからの評価を高めるために必要なコンテンツ分析までを兼ね備えています。

基本的なSEO対策フローの流れ

2. コンバージョン率の飛躍

コンバージョン率をアップさせるには、フォーム入力中に離脱させないことが何より重要です。

Gyro-n はエントリーフォームの最適化ツールとして活躍します。入力ミスを即時に知らせ、住所入力補助など手厚い機能があるので途中離脱の原因となるストレスを減らすことができます。

さらに、既存のフォームに設定タグを貼るだけですぐに利用できるので導入の手間もかかりません。

離脱させない機能の例

3. 広告の効率的な運用が可能に

Gyro-nは膨大な商品情報を自動で取得・データベース化し、広告配信フォーマットに合わせたフィードを自動で作成します。

さらに、日々更新される商品データを自動的に更新するためフィードは常に最新の状態に保たれます。各媒体に最適なタグを生成でき、タグ設置のサポートも行なっているのでデータフィード広告を簡単に導入でき、効率的に運営することができるでしょう。

Gyro-n対応媒体の例

Gyro-nの料金プラン

初期費用は0円、月々の利用料も15,000円から利用することができます。

さらに、Gyro-nを導入したフォームではYahoo!・Facebook ID連携によるフォーム自動入力ツール「Gyro-n SFS」と「住所入力ナビ」を無料で使うことができます。

Gyro-nの評判・口コミ

コンバージョン率が改善
株式会社ウェルクス 様

Gyro-nの導入で、コンバージョン数が1.67倍に。入力フォーム全体への対策の必要性を実感し、導入を選択しました。

※「Gyro-n」公式HP参照

まとめ

Gyro-nは、ユーザーの流入からコンバージョンまでのWebサイト最適化を行うデジタルマーケティングツールです。

初期費用がかからず、月々の利用料も他の類似サービスに比べるとお手頃のため、個人事業主や中小企業にも支持されています。

画像出典元:「Gyro-n」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ポップアップの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【LPO】【ポップアップ】のツール

起業ログが厳選するポップアップ
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Robee
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ