MEO対策ツールについて

【最新比較7選】おすすめのMEO対策ツール|コスパが良いのは

記事更新日: 2021/07/19

執筆: 川嶋志保

MEOツールとは、Googleマップ上で「○○駅+カフェ」などのキーワード検索(ローカル検索)をした際に、自店舗を上位に表示させるのに役立つ集客促進・分析ツールです。

MEOは、①Googleマップからの検索で集客効果が高い、SEO対策と比較して②短時間で導入しやすい、③低コスト、つまり早くて安くて効果が高い、という非常にメリットの大きい集客手段です。

特にGoogleChromeでは自動的にローカル検索結果が最初に表示されるように調整されていることから、MEOは今後さらに重視されていくものと予想されます。

この記事では、コスパに優れたおすすめMEO対策ツール7選と選び方のポイント、メリット・デメリット、MEO対策ツールの主な機能をわかりやすく解説していきます。

おすすめサービスの比較を無料で!

MEO対策ツールの資料を一括ダウンロード

MEO対策ツールでできること・主な機能

① Googleマップ検索エンジンにおいてのサイト最適化

Googleマップ上でユーザーが入力したキーワード検索結果に対し、自店舗の情報を上位表示させることができます。

②Googleマップの順位チェック

指定キーワードや住所ごとの検索順位がチェックできるほか、ライバル店の検索順位を確認できる機能を備えたツールもあります。

③インサイト分析

顧客の検索キーワードや検索方法、アクセスした時間帯などが分析できます。

④口コミの管理・分析や自動返信

口コミや評価の分析をしたり、口コミへの返信を自動化したりできます。

⑤レポート

検索順位の推移や集客数、顧客からの評価、ライバル店舗の推移など、レポートとして確認できます。

ツールによって備わっている機能は異なるので、自社の目的に合ったツールを選びましょう。

選定ポイントは、後半でも解説していますので、ご参照ください。

MEO対策ツールのメリット3つ

1. 集客効果UPが効率的に狙える

MEO対策を行えば、多くのGoogleユーザーを取り込め、店舗の認知度・集客率アップの効果が狙えます。

GoogleChromeで地名を含めたキーワードで検索すると、最初にGoogleマップ検索エンジンの結果が表示されます。

自店舗の検索結果表示が上位となれば、ユーザーを店舗情報が掲載されたWebサイトへ誘導することが可能です。

2. 低コストで利用できる

本格的なSEO対策をするとなると、キーワードツール、順位チェックツール、分析ツール、調査ツールなどさまざまなツールが必要となり、結果、高価になりがちです。

一方、MEO対策は、Googleマップエンジンでの最適化に集中するツールなので、複数のツールを並行利用する必要もなく、コストも数万円台とSEO対策ツールに比べ低コストで利用可能です。

3. 短期間で成果が期待できる

SEO対策では、成果が現れるまでには半年以上がかかり、時間がかかるものですが、MEO対策では、Googleマップのみに集中し対策を施すため、早期の成果が期待できます。

今回ご紹介した「ゲキデル.com」では、平均1ヶ月以内での上位表示の実績があり、その他のツールにおいても、SEO対策より手っ取り早い成果が期待できます。

MEO対策ツールのデメリット2つ

1. 口コミや評判に成果が左右される

MEOではユーザの口コミや評判が重要視されるため、万が一、悪意のある口コミや評判を書かれてしまった場合のダメージは大きいです。

ネガティブな口コミへの対応について、あらかじめ店舗内で周知し、できるだけ早い段階でユーザーに対する返信フォローを心がけましょう。

2. キャパシティーオーバーのリスク

MEO対策がうまく行きすぎて、店舗のキャパシティーを大きく超えた顧客が店に殺到するケースも考えられます。

従業員が対応しきれず接客がうまく回らなくなったり、在庫が切れがちになったりすれば、それが悪評を呼び、今度は極端に顧客が遠のいていく…、という事態も考えらえます。

長期的な調整に自信がない場合は、MEO運用の代行を頼むのが無難です。

おすすめのMEO対策ツール3選

1. 地域名+6パターンの登録で上位表示されやすい!『MEO Pro』

画像出典元:「MEO Pro」公式HP

特徴

MEO Proの最大の特徴として、1つの『「地域名」と「キーワード」』の組み合わせから、6つのキーワードパターンを抽出して登録してくれる機能があげられます。

例えば、キーワードが「銀座」と「フランス料理」なら、①「銀座_フランス料理」②「銀座_フレンチ」③「銀座_フレンチレストラン」④「フランス料理_銀座」⑤「フレンチ_銀座」⑥「フレンチレストラン_銀座」という、6つのパターンが自動的に抽出され、①〜⑥それぞれの上位表示が目指せます。

どのような業界でも、店舗名にはカタカナ英語や外来語が入り乱れている状態ですが、このような言葉の揺れを自動的に抽出し、検索候補としてあげてくれるので、MEO対策を行いたい店舗にとってはもちろん、店舗を探したい顧客にとっても便利な機能と言えるでしょう。

料金プラン

プラン 対策ワード数 契約期間 初期費用 月額費用(税別)
成果報酬プラン 6 6ヶ月

5万円
(「Webサイト見た」で無料)

成果報酬
3万~5万4千円
(3位以内へのランクイン
1日につき1,000円)

固定6プラン 4 6ヶ月 無料 3万円
固定12プラン 6 12ヶ月 無料 2万5千円
8~12 12ヶ月 無料 3万~4万円

 

 

2. MEO対策とLINEアカウント開設も同時にできる!『LTV-Salon』


画像出典元:「LTV-Salon」公式HP

特徴

LTV-Salonは、飲食店や美容院、サロン、クリニック、ホテルから各種事務所まで、業種を問わない小規模店舗向けの手軽なMEO対策ツールです。

MEO運用代行サービスを提供していて、Googleマップへの店舗登録、正しい位置情報の反映、効果的な紹介文の登録、店舗のWebサイト・ブログ・SNSへの投稿代行を行ってもらえるほか、集客数のレポートも提出してもらえます。

LINEを介しての集客を希望する企業には、LINE公式アカウントの発行、トーク画面のメニュー設定、お友達追加POPの作成の代行も可能です。

また、複数ツールから同時に入る予約を一元管理できる自動予約管理サービスも提供しており、予約制のサービスを始めたい士業にも心強い存在となるでしょう。

料金プラン

MEO運用代行サービス、LINE公式アカウント作成設定サービス、自動予約管理サービスのうち、いくつのサービスを選択するかで料金が決まります。

初期費用はお問合せが必要です。

サービス数 月額料金
1 7,000円
2 9,800円
3 15,000円

 

3. 上位3位以内に表示されるまでは無料でお得!『ゲキデル.com』

画像出典元:「ゲキデル.com」公式HP

特徴

ゲキデル.comでは、登録後検索順位が3位以内になるまでずっと無料で利用でき、その間も丁寧なサポートが受けられます。

主なMEO対策は、以下の3点です。

・Googleマイビジネスへの基本情報登録
・複数のIPアドレスから自店舗へのアクセスを集中させることによりGoogle評価を高めるA集客
・人気キーワードや競合店舗の調査です。

その他、管理画面で、最新の順位やライバル店の推移、インサイトを把握することができます

上位表示成功まで平均1ヶ月以内の実績も特筆ポイントです。

料金プラン

スタンダードプラン:19,800円/月(税別・1拠点あたり)
*ただし、検索順位が3位以内になるまでは、無料で利用できます。

 

その他のおすすめMEO対策ツール

マップでアップ

画像出典元:「マップでアップ」公式HP

特徴

MEO対策ツールの多くが、月額制や成果報酬制を多く採用している中、掲載順位にかかわらず初期費用しかかからないMEOツールが、マップでアップです。

MEO対策の成果はすぐ出るとは限らないため、長期運用を視野に入れると、非常にコストパフォーマンスが高いサービスといえます。

GoogleマップだけでなくAppleマップを含む10以上のマップに対応しているので、利用端末・媒体によらず幅広い層に認知を広めることができます。

料金プラン

初期費用15万円(税別)のみで導入できます。

契約期間の制限、業種や地域の制限もありません。

 

Google広告

画像出典元:「Google広告」公式HP

特徴

Google広告は、ユーザーが検索するキーワードに対し、広告を配信することができるサービスです。

このうち、ローカル検索広告では、周辺の利用可能率の高いエリアに認知を広められます。

MEO対策は長期間運用しないと上位表示できませんが、「Google広告」を利用すれば有料広告により短期間で検索結果の上部に表示でき、短期間で集客の効果を得られます。

ただし、ローカル検索広告のみの利用はできず、リスティング広告の配信・AdWordsアカウントやGoogleマイビジネスをリンクするなどの作業を経てから行う必要があるので気を付けましょう。

料金プラン

・基本料金
自社運用では月0~10万円、サポートが必要な場合は月10万円から利用可能です。

・広告料金
キーワードごとに入札単価を決めます。
入札単価は、広告ランクやキーワードのボリュームなどの面から金額が算出され、クリック毎に課金されます。

キーワードプランナーを使って大体の相場を見積もることも可能です。

MEOチェキ


画像出典元:「MEOチェキ」公式HP

特徴

国内トップシェアのMEOチェキは、充実したレポート機能が特徴のMEOツールです。

Google IPによる市区町村・任意の地点を選択し(特許取得済)、登録キーワードの日次順位チャートから、前日比較の変動までを簡単に確認することが可能です。

順位データの取得時間を指定できる、実際の検索結果画面のキャプチャが残る、3社まで競合との順位比較ができるなど、自社でMEOをしっかり行ないたい企業におすすめです。

料金プラン

プラン 月額料金(税込)
エントリープラン 3,278円〜
プレミアムプラン 5,478円〜
プロフェッショナルプラン 16,500円〜

※クレジットカード決済の場合

BIGLOBE店舗マップ管理

画像出典元:「BIGLOBE店舗マップ管理」公式HP

特徴

複数店舗を運営している企業におすすめなのが、BIGLOBE店舗マップ管理です。

Google マップやFacebookなど20以上の地図サービス、FacebookなどのSNSを一括で管理・自動更新でき、運営を支援します。

またGoogleに掲載される写真やビジネス情報を、一般ユーザーによるコンテンツではなく、正式アカウントからの情報として掲載できるので、悪意ある情報更新を防ぐことができます。

エキスパートプランならば、各サービスに寄せられた口コミを一元管理し、BIGLOBE店舗マップ管理の管理画面から返信することも可能です。

料金プラン

プラン 初期費用 月額料金(税別)
スタンダード 無料 5,200円/拠点
エキスパート 無料 9,000円/拠点

 

MEO対策ツールの4つの選定ポイント

1. 正しい位置情報を取得できるか

位置情報によって順位変動があるMEO対策では、正しい位置情報を取得できるかが重要なポイントになります。

具体的には、以下のタイプがおすすめです。

・番地レベルで位置取得ができるタイプ 

・固定された地域から選択するタイプでなく、指定した地域での順位取得が可能なタイプ

 

2. 口コミ促進・自動返信機能

来店客の口コミは、お店の詳細情報と共に重要な要素になります。

口コミ件数が多いほど評価の信ぴょう性が高まり、集客につながるので、口コミの投稿を促進できる機能が搭載されたツールを選択しましょう。

口コミに対する自動返信機能や、一元管理機能がついていると、さらに便利です。

3. 競合店舗の順位取得・レポート機能

上位表示されている競合の情報分析はMEO対策を改善していくのに大切です。

対策キーワードができるだけ多く登録でき、競合店舗との比較がしやすいグラフやレポートを作成してくれるツールを選択しましょう。

レポートのビジュアルは無料トライアルを利用して確認しておくのがおすすめです。

4. 不安なら代行サービスがおすすめ

はじめて利用するから使いこなせないかも…と不安な方は、Googleマイビジネスの登録・情報配信・順位レポートの作成まで、一括代行してくれるサービスがおすすめです。

今回紹介したサービスの中ではLTV-Salonが代行サービスを提供しています。

まとめ

今回ご紹介したMEO対策ツールを利用すれば、Googleマップユーザを顧客として取り込み集客アップが図れます。

SEOよりも早く・安く、集客に効果が期待できるMEO。

MEO対策ツールの利用を考えている企業は、ぜひ今回紹介したツールの利用を検討してみることをおすすめします。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

MEO対策ツールの資料を一括ダウンロード

編集部が選んだMEO対策ツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ