顧問紹介・派遣サービスについて

【最新比較】おすすめの顧問紹介・派遣サービス11選 | 選び方も解説!

記事更新日: 2021/07/14

執筆: 編集部

人手不足の時代、求人サイトの利用では高い専門性を有する人材は簡単に採用できません。採用活動に割ける時間にも限りがあるでしょう。

「会社を経営し、事業を拡大していくには一刻も早く専門家を雇う必要がある。」といった忙しい経営者の要望に応えてくれるのが顧問紹介・派遣サービスです!

この記事では、おすすめの顧問紹介・派遣サービス11選を紹介し、特徴や料金、各サービスを比較していきます!

顧問紹介・派遣サービスとは?

「顧問紹介・派遣サービス」とは、大手企業で役員などを務め豊富な経験や幅広い人脈を持つ人材と、経営顧問を求める企業をマッチングするサービスです。

登録する個人は「顧問」という新たな働き方で、報酬や今までにない経験を視野を得ることができ、企業側は普通の採用ルートではなかなか獲得できない人材の力を借りることができます。

多様な働き方が広がる現代において、今後より一層の広がりが期待できるサービスだといえます。

顧問紹介・派遣サービスの3つの選定ポイント

1. 自社の目的にあっているか

顧問紹介サービスには一つのサービスの中にも複数の機能があり、その利用目的と進め方は千差万別です。それに伴い、費用と効果が異なるため、よく調べて十分評価してから取り組む必要があります。

長期的な顧問としての人材を求めているのであれば、初めにその旨をサービス会社とよく話し合い、その目的に合った人材が確保できるか否かを確認する必要があります。

逆に短期間での支援を望むのであれば、相談する相手の知識や経験、説明の仕方などが要望に十分こたえられるものか否か、いくつか質問をする短い時間で判断する必要があるでしょう。

2. 自社に合う人材を見つけやすいか

顧問紹介サービスに登録する人材は多いほど選択肢が増えますが、自社の課題を解決できる人材がいなければ意味がありません。

例えば、自社の営業力が弱い場合は営業戦略を考えられる顧問が必要になりますし、新規事業を展開したい場合は新規事業に詳しい顧問を雇う必要があります。

そのため、利用するサービスに自社の課題が解決できる人材がいるかどうかは、導入前に必ず確認しておきましょう。

3. 初期費用・月額費用

普通に顧問を採用したら給与としていくらかかるのか?それに比べて顧問紹介サービスを利用したらどれだけ安くなるのかが重要です。

費用もサービス内容によって千差万別のため、要望によりサービス会社によく問い合わせることをお勧めします。

最初に紹介料として初期費用を取ることもあり、顧問の協力期間や顧問報酬に応じて、その何パーセントかでサービスの費用が発生します。効果が得られないのに惰性で続くことが無いようによく評価しながら進める必要があるでしょう。

おすすめ顧問紹介・派遣サービス4選

1. 業界トップクラスの顧問登録数を誇る『 i-common』


画像出典元:「i-common」公式HP

特徴

i-commonは人材派遣・求人情報誌を発刊するパーソルが運営しており、知名度では抜群の顧問紹介・派遣システムです。

常に優秀な人材募集を行っており、顧問登録数が8,000人以上と業界トップクラスの数の多さを誇っています。

登録した顧問の保有する知識、経験等をしっかり把握した上で、顧客から依頼された要望を専門のコンサルタントがヒアリングし、ぴったりの顧問を紹介します。

契約後の経営案件に対するサービス等も充実していて、有能な顧問との出会いを期待する企業はぜひ相談してみましょう。

推しポイント

  • 要望に合った顧問の紹介
  • 紹介後の進捗管理、効果の確認、アドバイス
  • さらなる企業案件に対する管理、助言、別の顧問紹介の提案

料金プラン

サービスプランにはコンサルティングモデルや人材紹介モデル等があり、それにより料金プランが変わります。

1. コンサルティングサービス(業務委託準委任契約/業務委託請負契約)

・料金、契約期間:要お問い合わせ
・業務工数:1人日〜/月

2. 職業紹介サービス(雇用契約)

・料金:紹介手数料として理論年収の35%
・契約期間:有期または無期社員採用
・業務工数:顧問と企業の間で調整

3. 人材紹介サービス(業務委託契約/委任契約)

・料金:紹介手数料として年間報酬の35%+100万円(税抜)
・契約期間:有期または無期社員採用
・業務工数:顧問と企業の間で調整

 

2. 即戦力で課題解決を支援『 顧問バンク』

画像出典元:「顧問バンク」公式HP

特徴

顧問バンク」は、課題解決ができる即戦力人材とスピーディーに出会える顧問マッチングサービスです。紹介料などの中間マージンが発生せず、成果報酬、短期契約、長期契約なども相談できるため、今までの人材サービスとは異なる、新しい人材活用ができるサービスです。

また、6,000人を超える登録顧問の「人脈」と「知見」を「必要なとき」「必要な人数」、課題に合わせて相談できます。

推しポイント

  • 6,000人超の「知見」、「人脈」が使い放題
  • 「営業先紹介」だけのスポット起用も可能
  • 顧問の人脈や知見を検索して選べる

料金プラン

詳細は公式HPよりお問い合わせください。

 

 

3.財務顧問に特化!資金調達から経営までサポート『DX税理士法人』


画像出典元:「DX税理士法人」公式HP

 

特徴

DX税理士法人」は中小・ベンチャー企業の税務業務サポートに特化。DX化で経営者の税務業務を軽減し、「売上をあげる」ための経営支援、資金調達まで対応してくれます。

起業後1~3年目で事業を成長させたい経営者、起業前で会社設立費用を抑えたい方に適しています。

地域密着型の税理士と築く信頼関係も時には有効ですが、業務効率化とコスパを重視し、無駄を省いていきたい場合は「DX税理士法人」がおすすめです。

推しポイント

  • DX化で経営者の税務業務を効率化
  • 通常の税理士サービスと異なり、資金調達や経営支援まで可能
  • 事業の成長をサポートする「01クラウド」を無償提供
  • 通話・対面以外にも、LINE・ZOOM・メッセンジャーなどで相談に迅速に回答

料金プラン

月額料金1~5万円で利用できます。

その他、会社設立サポートサービスや、法定調書の作成などのオプションサービスがあります。

詳細は公式HPよりお問い合わせください。

 

 

4. 月額費用がお得!LINEで何度も相談OK!『ケイソー』


画像出典元:「ケイソー」公式HP

特徴

ケイソー」は100社以上の顧問実績を持つ株式会社Life Choice Moneyが運営する経営相談サービスです。

経営相談全般に対応していますが、特に税務関連の相談に強いのが特徴です。

LINEで何度でも相談できるのに月額8,800円という低価格!

些細な質問も気軽にできる雰囲気なので、起業家や個人事業主でも安心して利用できます。

記帳代行がメイン業務になりがちな税理士・会計士を高額な単価で雇うより、豊富な実績を活かし、具体的なスキームまで提案してくれる月額制の「ケイソー」は、コストパフォーマンスに優れた経営相談サービスと言えます。

推しポイント

  • LINE相談、オンライン相談、訪問・来店相談から選択可能
  • 売上、経費、利益、税金、融資、決算、確定申告等なんでも相談OK!
  • 医療系・製造業・IT企業など、業種を問わず実績が豊富(100以上の顧問実績)

料金プラン

プラン ケイソー
(LINEで経営相談)
オンライン相談 訪問・来店相談
月額費用 8,800円 / 月 33,000円 / 1回1h 110,000円 / 1回1h

※上記の価格は税込みです。

ケイソーの基本プランは月額8,800円(税込)です。

基本プランの加入者がオンライン相談と訪問・来店相談に申し込むことができます。

その他、運営元の株式会社Life Choice Moneyの顧問・コンサルティングサービスでは、初回無料相談(1時間)も実施しています。

どのような情報・アドバイスをもらえるのか、確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

その他の顧問紹介・派遣サービス

 サーキュレーション


画像出典元:「サーキュレーション」公式HP

 

特徴

「サーキュレーション」は企業の抱える様々な課題を、プロ⼈材の経験や知見により解決できるプロシェアリングサービスを提供しています。

15,000人以上の登録者のプロ人材との提案〜伴走を通じて企業の課題を解決していきます。課題も新規事業の企画から事業継承まで幅広く対応可能です。

2014年設立のサービスですが、その多様性により急速に拡大しています。

機能

  • 課題ごとに経験豊富なプロフェショナル人材が対応する経営課題解決支援サービス
  • 人と組織を継承していくためのコンサルティングを行う事業継承サービス
  • 自社メディア、ノマドジャーナルの運営と企業向けセミナー、イベントの開催
  • 15,000以上のプロフェショナル人材からアイデアを集め、企画書を作成する大企業向けの新規事業立ち上げのオープンアイデアサービス

料金プラン

初期費用0円~、課題により支援期間、料金が異なりますので、詳細はお問い合わせください。

 

マイナビ顧問


画像出典元:「マイナビ顧問」公式HP

 

特徴

企業の採用関連に強いマイナビが運営する顧問紹介サービス。マイナビのネットワークを活かし、多方面のプロフェッショナルが多数登録していることでも知られており、ハイレベルな支援が受けられると好評です。

また、導入期・成長期・成熟期・衰退期など、事業フェーズに応じて様々な経営の悩みや課題を解決することも可能です。

料金プラン

経営アドバイザリー型

料金:支援内容×支援頻度×難易度×顧問実績

販路開拓型

料金:競合×成約単価×マーケット×難易度

 

顧問名鑑

画像出典元:顧問名鑑公式HP
 
 

特徴

自社・顧問・「顧問名鑑」専門担当者の三位一体体制で自社課題や目標達成に取り組んでいけるツールです。顧問の持つ人脈やノウハウを最大限活かすべく、自社課題に沿った顧問の派遣依頼ができます。プロジェクトの推進には専門担当者が定期フォローしてくれます。

料金プラン

WEB登録・顧問検索・面談までは全て無料です。

顧問が決定し、契約を締結した後から料金が発生するシステムですが、顧問の経歴やノウハウによって料金は変動します。

また、活動日によっても料金が変わるため顧問が決定してから料金が明確化します。

 

プロフェッショナル人材バンク


出典元:プロフェッショナル人材バンク公式HP
 
 

特徴

業務委託という契約方法で実際に顧問が社内に入り、課題解決に取り組んでいくツールです。顧問は各業種・業務内容のスペシャリストが在籍しているため、実際の経験に基づいて現場感のある解決策の提案が実現します。

希望次第で実際の運用を含めるなどの業務範囲相談も可能です。

料金プラン

初回相談までは無料です。顧問派遣は月1回からの実働サポートで月額98,000円からです。

誰に来てもらうか、どのような仕事を依頼するかで月額料金が変わります。

 

サンカク


画像出典元:サンカク公式HP
 
 
 

特徴

社外の意見が必要な会社や、他社に就業するビジネスパーソンが必要な時に役立つツールです。1対1やグループなど課題にあわせたディスカッション方法を選べるため、より多くの的確な意見を求めることができます。

料金プラン

基本的には無料ですが、社会人インターンシップ開催支援プラン・イベント集客支援プランなど一部有料のプランもあります。

詳しいことは問い合わせが必要ですが、まずは無料のディスカッションから試せます。

 

パソナ顧問ネットワーク


画像出典元:「パソナ顧問ネットワーク」公式HP

特徴

「パソナ顧問ネットワーク」では経営課題の解決に役立つ顧問紹介サービスを行っています。営業販路の拡大や新規事業立ち上げなど、事業展開によって起こる様々な経営課題に対応しています。正社員採用や経営コンサルタントなどの他サービスと比べて、優秀な顧問人材を低コスト・低リスクで活用できる点は「パソナ顧問ネットワーク」の強みの1つでしょう。

料金プラン

詳しくはパソナ顧問ネットワークへお問い合わせください。

 

顧問ネット


画像出典元:「顧問ネット」公式HP

特徴

新しい分野へ挑戦したいが専門家がいないという中小企業にぴったりのサービスです。優秀な人材を見つけること自体が難しく、また見つかってもなかなか雇えないというのが現状です。その点、顧問ネットではぴったりの人材を期間限定で迎えられます。

 

オフィスサポートパック


画像出典元:「オフィスサポートパック」公式HP

特徴

「オフィスサポートパック」はこれらの悩みや課題を解決できる専門家を、ITとデータを用いてマッチングするサービスを提供しています。

社労士、税理士など、6種類の専門家に直接悩みを相談できるので、適切に解決へと導いてもらうことができ、周りに相談できる相手や、専門的な知識を持った仲間がいなかったとしても、分野ごとに精通している専門家を選んで直接相談できるので安心です。

料金プラン

「オフィスサポートパック」は1回につき30分無料相談できるのが特徴です。約90%の悩みが無料相談で解決可能のため、コストパフォーマンスに優れたサービスになっています。

 

顧問紹介・派遣サービスのメリット3つ

1. 多様な要望に応えられる

企業の抱える課題は複数あり、これに対してそのたびに専門家を育成していくのは大変です。顧問紹介サービスを利用すれば、起こった課題に対処できる人材を迅速に探すことができます。

2. 特殊な技術や要望にも対応可能

顧問紹介システムでは幅広い人材を登録しているため、社内にいる人材で対応できないことも、新たに採用にかける時間を使わず適切な人材を見つけることができます。

また登録している人材の多くは、他企業での経験者であるための企業の情報や技術動向を知ることもできます。

3. 費用対効果を見ながら導入を決められる

顧問を雇ってしまえば固定費で給与が発生し、しばらくして効果が出ないとわかってもある一定期間はやめさせることが容易ではありません。

顧問紹介サービスを利用すれば費用はサービス会社の規定により決められるのですが、進め方や内容は第三者であるサービス運用会社と相談して決めていくことができます。

そのため、目標を段階に分けてその都度成果を確認し、費用対効果を評価しながら進めることができます。 これにより最も経済的に課題の解決が可能です。

顧問紹介・派遣サービスのデメリット

顧問管理システムでは一時的に登録した人材の協力を得ることになるため、課題が解決してある程度時間が経った後、必ずしも同じ人材が確保できるか否かは不明のため、長期的な課題に対応するには、ある程度費用がかかっても顧問として継続雇用しておく必要があります。

また、顧問紹介システムで協力をしてもらった人が、他の会社に勤めることもあるので企業の秘密事項に関する技術やノウハウに関する仕事は慎重に対応する必要があるでしょう。

まとめ

この記事ではおすすめの顧問紹介・派遣サービス11選を比較紹介しました。

ここで述べたように、企業の課題を解決するには顧問サービスシステムは効果的な手段の1つであり、企業が生き残るための重要な要素となります。

事業課題を効率よく解決し、社内の活性化を図り事業拡大を目指す方は、ぜひ顧問紹介・派遣サービスの利用をご検討ください!

画像出典元:O-dan

編集部が選んだ顧問紹介・派遣サービス

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ