弥生株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/11/30

執筆: 山中勝輝

クラウド会計ソフトでシェアトップ!オリックスグループの傘下「弥生」の第12期決算

第12期決算公告

弥生の業績推移

決算期
(百万円)
15/09
(第10期)
16/09
(第11期)
17/09
(第12期)
売上高 13,875 16,138 16,974
営業利益 2,866 4,729 4,934
経常利益 2,404 4,394 4,681
当期純利益 1,848 1,617 1,874
利益剰余金 △19,354 1,617 3,491

2017年第12期の売上高は170億円、営業利益は49億円、当期純利益は19億円となりました。

2015年第10期に注目すると、資本準備金を減資して利益剰余金の損失を補填したため、2016年から利益剰余金が黒字化しています。

弥生の前身である株式会社オールシステムズは1978年に設立されました。1987年に弥生シリーズの販売を開始したのち、2003年にマネジメント•バイ•アウトにより独立。

その後、2004年12月にライブドアの子会社となりましたが、2007年9月にライブドアが株式会社MBKP1へ株式を譲渡。

2014年には、オリックス株式会社が約800億円で弥生の買収を発表し、現在はオリックスグループの傘下となっています。

クラウド会計ソフトでシェアトップ

MM総研が2018年3月に発表したクラウド会計ソフトの利用状況調査では、弥生がマネーフォワードやfreeeを抑えてシェアトップとなっています。

今後の成長にも期待していきたいです。

会社概要

会社名 弥生株式会社
事業内容 業務ソフトウェアおよび関連サービスの開発・販売・サポート
所在地 東京都千代田区外神田 4-14-1 秋葉原 UDX 21F
設立日 2007年1月
代表 岡本 浩一郎
資本金 5,000万円

あわせて読みたい

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ