株式会社三省堂書店の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/07/12

執筆: 編集部

2年で大幅な増収!毎年10万人以上が会員サービスに新規入会している「三省堂書店」の第90期決算

第90期決算公告

  • 当期純利益:9,125万円
  • 利益剰余金:19億9,064万円

今期は当期純利益が9,125万円、利益剰余金が19億9,064万円となりました。前々期の第88期(当期純利益197万円)から比べて、大幅な増収です。
一方、2018年の1年間でひとつも新規店舗ができていないのにもかかわらず、4店舗閉店しています。厳しいことに変わりはなさそうです。

三省堂書店は、1881年4月に創業、1928年10月に法人設立した出版社。

三省堂書店が提供する会員サービス「クラブ三省堂」は、サービス開始から毎年10万人以上が新規入会しており、既に会員数は150万人を目前に。
「クラブ三省堂」とは、ポイントサービス・国内最大の電子書籍ストア「BookLive!」との連携や、在庫検索もできるスマホアプリです。

 

 

第89期決算公告

 

第88期決算公告

 

第87期決算公告

 

会社概要

会社名 株式会社 三省堂書店
事業内容 書籍、雑誌、文具、雑貨の販売、電子書籍事業、オンデマンド印刷サービス、会員カード事業、法人向けソリューション事業、飲食業、不動産賃貸事業
所在地 東京都千代田区神田神保町1-1
設立日 1928年10月18日
代表 亀井忠雄
資本金 4,500万円

あわせて読みたい

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

ページトップへ