CASHIER

記事更新日: 2022/03/18

執筆: 編集部

編集部コメント

"安定性と操作性"を両立させた高性能なクラウドPOSレジ

「CASHIER」は安定した稼働と操作のシンプルさが魅力のクラウドPOSレジ。

店舗導入実績は2,000台を誇り、イベントでの稼働実績も年間10,000台で、安心して利用することができます。

クラウドサービスによる自動アップデートと直感的な画面遷移でITリテラシーが低い人でも使いやすいと評判です。

用途や販売形態に応じた必要な機能を組み合わせて利用できますが、高度な機能であるオプション機能を利用する場合は3,000円の追加費用がかかる点に注意が必要です。

POSレジを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

POSレジを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

CASHIERだけ知りたい方はこちら

CASHIERの資料を請求
良い点

「CASHIER」は、店舗の運用にあわせてカスタマイズでき、さまざまな決済方法に対応可能。初期セットアップや運用サポートも無料のため、安心して利用できます。

悪い点

利用端末はAndroid推奨で、POS機能はiPadやiPhoneから利用することはできません。

費用対効果:

ハードウェア・初期費用無料のレンタルプランがあり導入しやすいです。店舗の利用状況に合わせて料金プランを選択することができます。

UIと操作性:

シンプルでわかりやすいレイアウト。日常的に使用しているスマートフォンやタブレット端末の感覚で直感的に操作が可能です。

セキュリティ:

通信は常に暗号化されており、サーバー・ハードウェアにバックアップが保存されています。ハードウェアの故障時も即日対応するなど、あらゆる対策が講じられています。

CASHIERの導入メリット4つ

1.店舗運営の効率化を実現できるクラウドPOSレジ

「CASHIER」はPOSレジ開発15年の実績とノウハウを持つ株式会社ユニエイムのクラウドPOSレジ。

すでに多くの店舗が導入していることから、動作も安定しておりスムーズに導入することができます。

利用中のシステムとの連携も可能で、「CASHIER」の豊富な機能を活用することで店舗運営に関するさまざまな課題をワンストップで解決することが可能です。

「CASHIER」を導入すれば、店舗のあらゆる業務を「CASHIER」で一元管理することができ、店舗運営の大幅な効率化につながります。

安心のシステム設計で導入も簡単

2.多種多様なキャッシュレス決済に対応可能

「CASHIER」はクレジットカードや電子マネー、QRコードなどさまざまなキャッシュレス決済に対応しています。

また、店舗やイベントでの対面決済やモバイルオーダーによるオンライン決済など、多種多様な決済手段にも対応可能。

幅広い決済スタイルに柔軟に対応できる「CASHIER」なら、店舗のキャッシュレス環境を要望にあわせて自由に構築することができます。

多種多様なキャッシュレス決済を実現

3.カスタマイズでオリジナルのPOSレジを構築できる

店舗の状況にあわせてカスタマイズすることができるところも「CASHIER」の魅力のひとつ。

基幹システムなどとの各種データ連携はもちろん、指定のクレジットカード端末との連携を開発することも可能です。

システム運用を効率化するだけでなく、会計業務にかかる人的コストや時間の軽減など店舗運営の課題を解決するために柔軟にカスタマイズすることができます。

 

店舗にあわせて自由にカスタマイズ可能

4.サポート体制万全で導入時も運用も安心

充実したサポート体制も「CASHIER」の大きな魅力です。

初期設定やハードウェアのセットアップはもちろん、導入時の各種設定も代行可能。

導入時の負担を大幅に軽減することができ、人手不足の店舗でも安心して導入することができます。

クラウドPOSレジの導入が初めての会社でも、他システムからの乗り換えの場合でも、「CASHIER」なら手厚いサポートがあるため安心です。



導入から運用まで徹底的にサポート

 

資料請求リストに追加する

 

CASHIERのデメリット2つ

1. 導入に時間がかかる場合がある

「CASHIER」の導入には約2週間程度かかります。

アカウント作成や初期設定などに時間がかかるため、導入時のスケジュールには注意が必要です。

契約プランによっては最短5営業日で導入できるプランもありますが、詳細は問い合わせをする必要があります。

2. 利用端末に注意が必要

POS機能はiPadやiPhoneで利用することができないため、推奨のAndroid端末を利用することになります。

CASHIERの料金プラン

プランは3種類あり、月額利用料のほか、オプション機能を追加する場合は費用が加算されます。

モバイルオーダープランは、ハードウェア不要で手軽に導入できます。

おすすめは好きなハードウェアを選んではじめることができる月額4,400円(税込)の「プロフェッショナルプラン」です。

  スタータープラン プロフェッショナル
プラン
モバイルオーダー
プラン
月額利用料
(税込)
¥0 ¥4,400 ¥3,000*
ハードウェア
費用
一括払い ¥128,000
レンタル¥8,400/月
¥90,000~
(ハードウェア選択可能)
¥0

*別途決済手数料3.9%が発生します。

競合製品との料金比較

「CASHIER」は初期費用無料のプランがあり、月額費用は競合と比べて大きく違いはありません。

オプション機能は追加するごとに費用がかかるので、在庫管理機能や顧客管理機能などオプション機能の利用を考えている会社は、総額が競合サービスを利用した場合より高くなる可能性があります。

  CASHIER スマレジ ユビレジ
初期費用 ¥0~ 非公表 非公表
月額費用 ¥0~ ¥0~ ¥6,900~

 

資料請求リストに追加する

 

CASHIERを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

多種多様なキャッシュレス決済を導入したい会社

幅広い規模の会社で導入されてはいますが、多種多様なキャッシュレス決済を導入したい会社は「CASHIER」の導入をおすすめします。

連携可能な決済サービスや端末が豊富で、操作もシンプル

スマートフォンやタブレットの操作感覚で利用することができるため、さまざまなキャッシュレス決済を気軽に導入することができます。

既存の業務システムと連携させて店舗運営を効率化したい会社

「CASHIER」は、基幹システムやECサイトとの連携でデータの一元管理が可能です。

店舗のデータやシステムの運用を劇的に効率化することができます。

ポイントシステムとの連携や会員データとの連携すれば、ポイント処理もスムーズにおこなうことができ、購買履歴の共有など各種情報の一元管理も可能

多くの業務システムと連携させることができるため、店舗運営のさらなる効率化が期待できます。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

インターネット環境が不安定な会社

「CASHIER」を利用するにはインターネット環境が必須です。

利用する端末によっては有線のインターネット環境が強く推奨される場合があり、キャッシュレス決済にはインターネット環境が必要不可欠。

クレジット決済やQRコード決済などではインターネットの状態によりスムーズに利用できない場合があります。

 

まとめ

「CASHIER」は、DXを加速させることができるクラウドPOSレジです。

機能面もサポート体制も充実しており、はじめてクラウドPOSレジを導入する企業でも安心して利用できるサービスだと言えます。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「CASHIER」公式HP

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

POSレジの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

POSレジ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ