Airレジ

記事更新日: 2019/10/07

執筆: 編集部

運営コメント

Airレジはリクルートが提供するPOSレジサービスです。iPadやiPhoneでレジ操作をすることができ、場所を選ばずいつでもどこでも売上や在庫確認を見ることができます。

1. モバイル機器から簡単POSレジ

iPadまたはiPhoneのみでレジ操作が完結

2. 画面タッチで簡単操作

レジ締めが1時間→10分に短縮した事例も!

3. 売上や在庫管理も一目瞭然

場所を選ばず、iPhoneでいつでもどこでも確認できる

良い点

レジ業務がタッチパッドメニューにより一目瞭然でわかりやすく、新人さんでもすぐに操作を習得できます。

悪い点

iPadまたはiPhoneが必須となり、持っていない場合は別途初期費用(37,790円~)を見積もっておく必要があります。

費用対効果:

POSレジ操作が圧倒的に使いやすく、操作と管理に必要な工数を削減できますが、iPadまたはiPhoneが必須となります。

UIと操作性:

iPadのタッチパッドの特性を生かしたデザインと操作性を実現しており、レジ操作の経験が無くてもスムーズに使用できます。

サポート体制:

質問が気軽にできるチャット(平日:10時~19時)が用意されていますが、土日は対応していません。

Airレジとは?

Airレジとは大手リクルートが提供するPOSレジサービスです。

主な特徴としては

・レジ機能が0円
・iPadで直感的な操作ができる
・Airレジ上で売上分析や在庫管理がカンタンになる

など、とても便利なPOSレジサービスです。

料金プラン

初期費用、使用料金は必要ありません

iPhoneまたはiPadがあれば、アプリ(0円)のインストールとアカウント登録のみで、すぐに始められます。

iPhoneまたはiPadをお持ちでない場合は端末代金が別途必要となり、POSレジの特性上、iPadの導入はマストなため、持っていない方は必ず購入しましょう。

他にも、レシートプリンタやキャッシュドロアなどの周辺機器をまだ持っていない方は、お得なスターターパックがおすすめです

スターターパックでは必要最低限の「ipad、mPOP、ロール紙、マニュアル」がセットで購入でき、Airレジ特典の補助金を受けることで定価よりもお得に購入できる点も大きなメリットです。

 

Airレジの3つの特徴

1. シンプルで初めてでも使いやすいレジ操作

POSレジ操作メニューはiPadの操作特性を生かしたデザインとなっており、視覚的にも機能を判別しやすく、もちろんカスタマイズも可能なので、誰でも簡単にレジ操作ができるようになっています。

詳しい使い方は公式のYouTubeをご覧になると良いでしょう。

基本的な操作はタッチパネル形式で、該当する商品名のボタンを押すだけ。打ち間違いや計算ミスが減ることにより、レジ締めの時間を大幅に短縮できます。

また誰でも直観的に操作できる画面になっていることで、新人教育に費やす工数も大幅に削減することができます。

実際の画面

Airレジ公式HPでは、無料お試しで実際の操作方法を体験してみることもできるので、体験してみたい方は下記のURLからお試しください。

Airレジを無料で試してみる

2. 売上や在庫の確認も簡単

Airレジでは金額の打ち込み操作だけではなく、打ち込んだ金額データから売上や在庫確認も可能です。

売上確認は年月日時間、商品毎、顧客別などに区別して表示・確認することが可能で、グラフ化することにより直観的に状況を把握することができます

売上データ画面

これらのデータ分析により、新たな商売戦略も検討できるようになるでしょう。

また、売上データはiPhoneでも確認することができるので、売上や在庫の確認に場所を選びません

iPhoneでの導入準備も、Airレジのアプリをインストールするだけで、余分な費用はかからないのも特徴の1つです。

3. 運用後の設定変更も簡単

Airレジで取り扱う内容は導入先それぞれで異なりますが、運営会社に依頼することなく自分で簡単に設定変更を行うことができます

主にできる設定変更は以下です。

  • 会計時のメニュー内容の設定
  • プリンター、キャッシュドロアの設定
  • クレジットカードや電子マネーなどの支払い手段の登録 
  • 割引、割増を事前に設定 

レジ・プリンター設定画面


割引・割増設定画面

メニューや価格の変更を誰でもカンタンに設定できるため、手間や教育コストの削減にも繋がります

 

意外と簡単!Airレジ導入までの4つの流れをわかりやすく解説!

ここまではAirレジの特徴や料金などをご紹介してきましたが、「じゃあ実際に導入するにはどうしたら良いの?」と悩んでしまう方のために、この章では導入までの流れをわかりやすく解説します。

POSレジって導入までの流れがめんどうに感じますが、実はAirレジ導入までの流れは意外とシンプルで、4つの流れを行うだけで簡単に導入できます

では次に、①〜④までの流れを1つずつ見て行きましょう。

① アカウント開設

アカウント開設はAirレジ公式HPからログイン画面に入り、必要になるAirIDを作成します。

登録方法はメールアドレス入力やアカウント名、店舗情報の入力だけなのでスーピーディーに完了します

② アプリをダウンロード

AirIDを登録したら、次はAIrrレジ専用アプリをipadやiphoneにダウンロードします。

③ 商品設定

アプリをダウンロードしたら、販売する商品の登録をします。

商品はカテゴリに紐づけて登録することや、カテゴリごとに色の設定などが可能です

商品設定の画面

 

④ 周辺機器を用意・Airレジと接続

最後にipadやiphone以外の周辺機器とAirレジを接続します。周辺機器はレシートプリンター・キャッシュドロアなどです。

接続方法は機器によって異なるため、それぞれのページから設定方法を確認しましょう。

以上がAIrレジ導入までの流れになります。

POSレジって導入に難しいイメージがありますが、調べてみると意外に簡単なことがわかりますよね。

さらにAirレジでは、メールやチャットのお問い合わせを無料で行っており、よくある質問のFAQなども細かく掲載されているので初心者の方にも安心です

 

AirPAYはAirレジを導入するなら絶対に使うべき!

Airレジを導入しようか考えている方は、リクルートが同時に提供しているAirPAYについても知っているのではないでしょうか?

AirPAYとはリクルートが提供しているモバイル決済サービスのことで、クレジットカードやアプリ決済などを0円で導入することができます。

AirPAYの特徴は「初期費用・月額費用が0円」「振込手数料無料」「業界最安値レベルの決済手数料」などがあり、他のモバイル決済サービスよりも優れている点が多いです。

特にカードリーダーや端末代がかからないため、0円で始められるのが大きなメリット。

また、他の楽天ペイやSqueareよりもAirレジとの連携が簡単で、導入までの流れもスムーズです

AiePAYは0円で導入でき、クレジットカードやアプリ決済を利用したいお客さんに喜んでもらえるため、Airレジを導入する方はぜひ一緒に使うべきサービスです!

 

評判・口コミ

具体的な数字を意識したメニュー作りが可能に!
デンジャラスチキン天晴

以前は売れ筋の料理を感覚的に把握していたのですが、Airレジで売上分析してみたら意外と人気の料理があったり、期待ほど売れていないので価格を見直したり、メニュー開発するうえでの大きな参考になっていますね。具体的に数字を意識してメニューを変えているので、売上アップの効果もあると思います

理想的なレジサービス
HOTEL SHE OSAKA

全国どこにいても、クラウドで売上の数字を把握できるのも助かりますね。会計ソフトのfreeeと連携してミスなく簡単に帳票が作成できるし、数字の分析もしやすい。自分たちが使いたいように、自由に組み合わせて使える理想的なレジだと思います。

 

【まとめ】Airレジを導入してレジ業務をラクにしよう!

Airレジは、iPadさえあればすぐにPOSレジシステムが導入される画期的なサービスです。このサービス1つで、売上入力から在庫・会計処理まで連動して管理することが可能です。

誰にでも簡単に操作できる点が最大の魅力ですが、iPadをお持ちでない方は別途初期費用を加味する必要があります。

Airレジは企業規模に関わらず、レジ業務が必要でレジ締めや売上管理工数をなるべく抑えたい企業や個人事業主におすすめです。

また、0円で導入できるAirPAYも一緒に使うことでキャッシュレスにも対応でき、お客さんに喜んでもらるため、POSレジに悩んでいる方はAirレジとAirPAYを検討することをおすすめします!


画像出典元:「AirREGI」公式HP

その他の【POSレジ】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ