S-PAYCIAL with 電子年調申告

記事更新日: 2020/11/11

執筆: 編集部

編集部コメント

S-PAYCIAL with 電子年調申告は、パソコンやスマートフォンを利用して年末調整の申告ができるサービスです。印刷や配布、回収など紙ベースでの煩わしさもなく、従業員、担当者ともに業務の効率化が実現できます。リモートワーク従事者の増加など、時間や場所を問わない働き方が増えている企業には重宝できるサービスといえるでしょう。

年末調整支援システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

年末調整支援システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 控除申告書作成

前年度のデータを参照して入力可能

2. 整合性チェック

各控除申告間の整合性チェック

3. ペーパーレス

電子化により印刷、配布、回収作業が不要

良い点

前年度のデータを表示させることで、スムーズに年末調整の申告書が作成できます。モバイルデバイスでも利用できるので、場所や時間を問わずに作業可能です。

悪い点

年末調整データのアップロード・ダウンロードは管理者のみが操作可能です。

費用対効果:

UIと操作性:

PC、スマートフォン、タブレットで利用可能です。また、PCはMacも利用できるので、環境を選ばずに利用できます。

社外連携:

マイナポータルと連携することで、証明書提出の必要がなくなります。

知名度:

1000社以上の導入実績がある企業が運営しているトータルビジネスサービスです。

S-PAYCIAL with 電子年調申告の特徴3つ

1. 従業員が簡単に申告できる

S-PAYCIAL with 電子年調申告は入力を最小限にして申告の煩雑さを軽減し、従業員の満足度を向上させます。

年末調整の申告は、毎年のことながら面倒だと感じている人も多いはずです。年末の繁忙期が重なる場合、業務の他に書類の作成をするのはつい後回しになってしまうことも少なくありません。

そこで、S-PAYCIAL with 電子年調申告では、入力作業を最小限にする工夫が搭載されています。

まず、昨年の登録情報を活用し、そこに追加していけば終了するようになっています。扶養控除、保険料控除、住宅借入金特別控除など、前年のデータがある場合はそれを表示させ、作業を軽減します。

前年分を表示させることで、何をどのように入力すればよいのかがわかるので、書類作成もスムーズに終了します。


簡単操作で申告

 

2. 担当者の業務も効率化アップ

S-PAYCIAL with 電子年調申告の利用は、従業員だけでなく、年末調整を担当する部門の業務も効率化します。紙ベースではないので、印刷や配布、回収の手間もなくなります。

まず、申告対象となっている従業員を社員マスタ管理で簡単に管理ができるようになります。

入力や提出状況がリアルタイムで確認できるほか、対象区分、ステイタス管理、申告書の入力制御も可能です。

S-PAYCIAL with 電子年調申告はさまざまな給与システムと連携できるので、運用に際し新たな登録など不要でデータを活用できます。また、提出された申告書をCSVファイルで一括ダウンロードできるため、回収後の手間もかかりません。



3. ペーパーレス化

S-PAYCIAL with 電子年調申告は電子システムのため、ペーパーレス化が可能です。これは、担当部署の業務軽減だけでなく、用紙や印刷といったコストの削減にもつながります。

年末調整といえば、用紙の配布や回収も考慮しながらの作業でしたが、S-PAYCIAL with 電子年調申告はPCやスマートフォンが利用できるため、業務削減とともにペーパーレスも実現します。

不備書類の差し戻しも、書類の受け渡しではなく、画面上でのやり取りになるため時間も大幅に短縮できます。

マイナポータルと連携させることで、証明書の提出も不要になるなど、デジタル化による業務効率化が大いに発揮できるシステムといえます。


ペーパーレスで業務の効率化を実現

 

S-PAYCIAL with 電子年調申告の料金プラン

料金の詳細については、お問い合わせをする必要があります。

まとめ

この記事ではS-PAYCIAL with 電子年調申告の特徴・評判・料金を解説しました。

年末調整の業務負担に悩んでいる企業にはおすすめのサービスです。それはパソコンやスマートフォン、タブレットで時間や場所を問わずに申請できる、というのがS-PAYCIAL with 電子年調申告の大きな特徴だからです。

従来紙ベースで行っていた年末調整も、電子化することで、担当部署も従業員も業務の負担が大幅に軽減されます。また、ペーパーレス化の促進は、紙や印刷などといったコストの削減にも大いに役立つことでしょう。

書類の配布も必要なく、時間や場所を問わずに申告できるので、昨今増加しつつあるリモートワーク従事者を抱える企業でも利用価値は大いにあるサービスです。

画像出典元:「S-PAYCIAL with 電子年調申告」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

年末調整支援システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の年末調整支援システム

年末調整支援システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ