NISMAIL

記事更新日: 2021/09/09

執筆: 編集部

編集部コメント

NISMAIL(エヌアイエスメール)は、暗号化転送機能やサーバー間自動転送機能などによりファイル転送やシステム連携を安全にできるアプリケーション。低コストで、インストールや環境設定も簡単です。クラウド・オンプレミス間の連携もフォルダにファイルを置くだけで完了。便利な運用補助機能により運用負荷軽減も可能です。セキュリティも万全で、万が一の障害にも強く、そして使いやすいシステム連携サービスなどを求めている企業におすすめです!

ファイル転送サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ファイル転送サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

「システム間のデータの送受信をリカバーを含めて確実に行える」、「基幹システムに組み込まなくても転送部分の課題を独立して解決できる」という点がユーザーから高く評価されています。

悪い点

暗号化機能を使用した転送を行う場合は、転送相手も暗号化機能対応のNISMAILを利用している必要があります。

費用対効果:

対応するOSによって金額が異なりますが、Windows版は218,500円~と比較的低コストで利用できます。

UIと操作性:

初期設定も1画面で直感的に設定できる、ファイル転送から業務アプリケーション連携まで自動実行できるなど、誰でも操作しやすくなっています。

知名度:

日本電気株式会社・NECソリューションイノベータ株式会社が提供しています。

NISMAILの3つの特徴

1. 連携しやすく使いやすい

NISMAILの最大の特徴は、連携のしやすさと使いやすさです。

以下では利用シーンごとにその使いやすさを紹介していきます。

 

クラウド・オンプレミス間の連携は?

NISMAILを使えば、簡単な設定でクラウド~オンプレミス間の インターフェースファイルのやりとりを自動化することが可能。

設定はフォルダ作成と相手先の指定のみ

クラウド側からはフォルダにファイルを置くだけで連携できるのが便利です。

また、データ到着後にアプリケーションを自動的に起動できるので、その後のアプリケーションの処理についても自動化できるのが嬉しいポイントです。

 

 

 

各システム間の連携・ファイル転送は?

各基幹システムは運用時間や運用ルールが異なりますが、NISMAILでは時間差があるファイル転送が可能なため、それらの違いを考慮した調整や開発は不要です。

また、業務アプリケーションとファイル転送の間にメールボックスを挟むことで、処理フェーズが分離される仕組みとなっています。

つまり、NISMAILにデータの送受信処理を任せられるので、業務アプリケーションは送信データの作成・受信データの使用のみに専念できます。

さらに、NISMAIL内でファイルの送信順序を管理できるので、新しいファイルを古いファイルが上書きしてしまうといったミスを防止することも可能です。

 

キューイング型ファイル転送のイメージ

 

このように、NISMAILは、設定方法が簡単で使いやすいのにシステム間連携については高い機能性を持ち合わせているという点で、コストパフォーマンスに優れたサービスと評価できます。

2. 障害に強い

NISMAILの特徴2つ目は、障害発生時でも他拠点に影響を与えずに復旧作業を最小限に抑えることができるという点です。

送受信が可能な拠点・店舗とデータ転送を行いながら、送受信が不可能な箇所はリトライを繰り返し、復旧した時点で送受信を実行します。

自動再転送=ノンオペレーションで復旧可能なので、復旧作業にあてていた時間も有効活用できます。

また、ネットワーク負荷やサーバ処理負荷を考慮した転送多重度制御や間欠転送機能も搭載されているので、障害を未然に防止していくという面でも重宝するサービスといえるでしょう。

さらに、NISMAILサーバで発生した障害情報をE-mailで発信・PCや携帯電話に通報することも可能なので、万が一のトラブルに対しても万全の体制を構築することができます。

3. セキュリティも万全

NISMAILのファイル暗号は、堅牢な「AES256」・NEC製軽量暗号「TWINE」を提供しています。

また、HTTPS(SSL:TLS1.2)経路暗号でインターネット上のファイル転送を保護しているので、情報漏洩リスクを回避できるだけでなく、通信経路上の盗聴・改ざんのリスクからファイルを守ることができます。

なお、運用時の監視については、システム間のデータ連携状況をNISMAILの確認画面から閲覧することができます。

フォルダ単位やファイル単位での確認が可能なので、どのファイルで転送トラブルが発生したかすぐに把握できるのが便利です。

国内はもちろん海外へのファイル転送も安全に

 

NISMAILの料金プラン

OS 製品名 希望小売価格 標準サポート料金(月額)
HP-UX(64bit IPF) NISMAIL/UX(HP-UX版 IPF対応)(V7)(1) 690,000円 7,500円
Linux(64bit) NISMAIL/Linux(V8.0) 322,000円 3,500円
ACOS-4 NISMAIL/MMCF(V5.00)(G10) 1,725,000円 18,800円
Windows(64bit) NISMAIL/NT(V8.0) 218,500円 2,400円


提供しているのは、UNIX版、Linux版、メインフレーム、Windows版で、上記の通りOSにより価格が異なります。

こちらは一部の対応OS・製品のみ掲載しているので、その他のOSについてはお問い合わせをする必要があります。

まとめ

NISMAILの特徴・評判・料金について解説しました。

ファイル転送やシステム間の連携を簡単にできるアプリケーションを求めている企業にはおすすめです。

クラウド~オンプレミス間のやりとりの自動化もフォルダ作成と相手先の指定のみで完了、障害発生時もノンオペレーションで復旧可能なので、使いやすさとトラブル時の対応のしやすさを重視するなら最適なサービスといえるでしょう。

気になった方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「NISMAIL」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ファイル転送サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ファイル転送サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ