HENNGE One

3.6

記事更新日: 2022/03/08

執筆: 編集部

編集部コメント

クラウドサービスを利用するにあたってアクセス制御や情報漏洩対策など、考えるべきセキュリティ対策は多くあります。HENNGE Oneはクラウド導入に必要なセキュリティをひとまとめに導入することが可能です。
デバイス証明書により、どこで仕事をするかに関わらず、会社支給の端末からのみクラウドサービスの利用を許可するアクセス制御機能や、各業務に特化したクラウドサービスへのログインを一括管理するシングルサインオン機能で不正アクセスを防ぎ、ユーザーの負担が少ない形でクラウド利用を加速できます。

SSO(シングルサインオン)を比較したい方はこちら

まとめて資料請求

SSOを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

HENNGE Oneだけ知りたい方はこちら

HENNGE Oneの資料を請求
良い点

SSOが実現できるだけでなく、セキュリティ面も同時に強化できます。社内業務の効率化とセキュリティ強化を両立できます。

悪い点

管理画面が使いにくいとの声があります。使用するクラウドサービスやアプリが多くなった場合などは細かい設定が難しいと感じる可能性があります。

費用対効果:

どのプランも1ユーザーあたり月額1,000円以下で利用できますが、契約は年間契約です。

UIと操作性:

通常の利用は問題なく使えますが、管理画面がやや分かりにくいとの声があります。

社外連携:

190以上ものサービスと連携しているだけでなく、ストレージ機能も利用できます。

HENNGE Oneとは?

HENNGE One(ヘンゲワン)は、アクセス制御やシングルサインオンを実現するアクセスセキュリティと、メール誤送信対策や標的型攻撃対策、脱PPAP対策を実現するメールセキュリティの双方を実現するサービスとなっています。

ID/パスワードの代わりにPCやスマホなどの所持情報と、指紋や顔認証などの生体情報を組み合わせた認証方法によって、よりセキュアで効率的なログイン環境を実現できるのが非常に魅力です!

 

HENNGE Oneのプラン

HENNGE Oneは大きく二つのEditionに分かれています。

それぞれのEditionで実現できることや解決できる課題について触れていきます。

1. アクセスセキュリティを実現!HENNGE IdP Edition

IP制御や、デバイス証明書による端末アクセス制御などのMFA(多要素認証)が実現可能

シングルサインオンにより190以上のクラウドサービスとの連携が可能です(2021年11月時点)。

利便性と安全性のバランスがとれたクラウド利用をサポートしてくれます。


190以上のクラウドサービスと連携可能

2. メールセキュリティを実現!HENNGE E-mail Security Edition

クラウドメールの代表格であるMicrosoft 365(Exchange Online)・Google Workspace(Gmail)と連携可能な、アウトバウンド(送信)・インバウンド(受信)双方に対応した統合メールセキュリティ。

オンラインストレージ(大容量ファイル転送)も搭載し幅広いメッセージングセキュリティをサポートしてくれます。

機能の詳細については、次の項でご紹介します。


幅広いメッセージングセキュリティをサポート

HENNGE DLP

メール送信における情報漏洩対策が実現できる機能。

一時保留やキーワードフィルタリング、上長承認が可能で、添付ファイルの自動暗号化も機能に含まれています。

HENNGE ARC

送受信メールをアーカイブしてくれます。

容量は無制限、補完年数も長期のため、メールデータを一定期間保存しておくセキュリティポリシーを持っている企業や監査の対応で過去のメールデータをチェックする必要がある場合などにおいて、活用できます。

HENNGE Cloud Protection

Microsoft 365とシームレスに連携して、全てのMicrosoft 365アイテム(メール、タスク、予定など)と有害コンテンツのURLをスキャン。

サンドボックスにより不審なファイルを動的に解析し、悪質な行動を安全に検知します。

Microsoft 365の標準的なセキュリティ対策では検知できない高度な脅威や標的型攻撃までカバーしています。

資料請求リストに追加する

 

HENNGE Oneの料金プラン

HENNGE Oneは、3つのプランを提供しており、要件に合わせて選択できます。

  • HENNGE IDP Edition: IDaaS(SaaS認証基盤)を中心として、アクセス制御や多要素認証を実現
  • HENNGE E-mail Security Edition: 誤送信対策やアーカイブ、脱PPAPソリューションなどを兼ね備えている
  • HENNGE Suite: 上記の2Editionの機能をまとめて導入

各プランについて、機能によりプランが細分化されています。

HENNGE IDP Edition
IdP Lite IdP IdP Pro
150円~/月 300円~/月 500円~/月
HENNGE E-mail Security Edition
Cloud Protection DLP ARC
200円~/月 300円~/月 300円~/月
HENNGE Suite
Basic Pro
600円~/月 1000円~/月

それぞれのプランに含まれる機能など詳細については、以下の無料資料をダウンロードして、ご確認ください。

資料請求リストに追加する

 

HENNGE Oneの導入事例

データー保護と利便性を両立できた
RIZAPグループ株式会社

業務を効率化するために、さまざまなクラウドサービスを利用していましたが、それそれにIDとパスワードを入力しなければならず、使い勝手が悪いという課題がありました。情報へのアクセスが簡単になっただけでなく、セキュリティも強化されました。

クラウド環境がデバイスに依存しないので運用負荷が軽減
ホテルモントレ株式会社

以前は、メールの保存などは端末に依存していただけでなく、端末を数人で共有していることもあり、異動などの際にデータの移行作業に時間を割いていました。クラウドサービスの利用を始めるとともに、セキュリティ面を強化するために「HENNGE One」を導入しました。ログの追跡やデバイス制限ができる点が大きなメリットです。

*「HENNGE One」公式HP参照

HENNGE Oneの評判・口コミ

サービス

31〜50人

シングルサインオンに費用をかけている会社におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

オプションとしての送信用のファイルのクラウドストレージを使うことができるのは非常に便利です。対応できる範囲が広がってありがたさを感じた機能でした。

不便だと感じた点を教えてください。

自動送信メールを、日本時間を基準としたものにしてほしいです。時間の基準が違うと、送信後の確認や作業の振り返りが進めづらいです。設定項目が結構少ないところやアーカイブの管理画面が少々分かりづらいところにも不便さを感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

シングルサインオンに費用をかけている会社には導入をおすすめします。そこに余計な手間をかけるよりも、この製品を使う方が仕事の効率も正確性も一気にあがると思うからです。

その他

31〜50人

大きなファイルは一度に送れない

利用にかけた費用

月額費用750円

使いやすいと感じた点を教えてください。

社内外の方に高いセキュリティでファイルを送れる点は、とても安心して仕事が進められるので良いと感じました。送った相手がファイルを見たかを確認できる点もとてもありがたかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

ファイルをアップロードするのにとても時間がかかります。最大15分ほどかかることも多くありました。毎回ログインする必要があるところも不満があります。毎回となると結構面倒なので、もう少し楽に使用できるといいと思いました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

zoomとの連携が可能だったので会議をしながら使用できるのが便利でした。

他の会社にもおすすめしますか?

大きなファイルは一度に送れないので、毎回ファイルが大きい企業にはあまりおすすめできません。

郵送

1001人以上

社内のシステムの入口が一元化された

導入に至った決め手を教えてください。

セキュリティ強化のため。会社支給端末の制御のため。

使いやすいと感じた点を教えてください。

パソコンのデスクトップやグループウェアなどに社内システムが散らばっていましたが、このツールはトップページがタイル形式で、社内のシステムの入口が一元化されて良かったと思います。スマートフォンなどの端末でも使えるので、在宅ワークや社外で仕事をするときにも安心です。

不便だと感じた点を教えてください。

情報システム部など、限られた人でしかトップページの編集ができません。エンドユーザーでもある程度設定が変更できるようにして欲しいです。また、どのシステムにどれだけログインしているかなどがわからないのも、状況が把握できないので不便です。管理画面ももっと充実して欲しいと思っています。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。社内のシステムの入口が整理され、セキュリティ強化にもなるので、おすすめします。

サービス

51〜100人

安心のセキュリティの中で質の高い情報管理が出来る

利用期間 

2019年8月以降。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

必要な端末以外からのアクセス制限をすることができたので高いセキュリティを保ちながら情報管理をしていくことができたのは非常に便利に感じました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

機能性や操作性に関しては満足できていますが、場合によっては「画面の見え方」に関して不便に感じました。例えば個人の詳細画面を開き、戻ったときには毎回最上部に戻ってしまうことが何度も起こったので少々フラストレーションを感じました。この箇所は改善された方がよいと思います。 

他の会社にもおすすめしますか? 

WEB関連の事業に関わっている人にはオススメです。外部からの侵入を防ぐことで必要な情報管理を質を高く実施していけるので作業全体のステップアップを目指せると思います。

 

サービス

251〜500人

営業

起動が早く社外活動の多い企業向け

利用期間

2018年4月〜2021年5月

 

導入に至った決め手を教えてください。

携帯にて社内システムへの連携のために利用しておりました。どうしても社外活動が長期化した際に、社外でも資料やメールを確認できるようにするために導入されました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・業務端末にて、送付資料や過去のやりとり予定表など確認できるようになったので、外回りの営業中にも非常に便利でした。

・システムを利用する際に設定フローなどは非常にわかりやすかったです。

システム稼働(利用時)の起動が早かった点も、助かっていました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

パスワードの確認や承認などの際には、いちいちアプリを立ち上げないといけなかったので、その点は非常に手間だ感じていました。

・途中でアプリが落ちてしまったこともあります。もう一度開き直してコピーペーストしないといけなかったので(また落ちた際の対策も兼ねて)、少し面倒に感じました。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

設定などが簡単だったので、連携自体は特に問題ないと感じました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

既存の社内システムとの連携はスムーズなので、今後テレワークや社外活動が多くなる会社などでは非常に有効なツールだと思います。セキュリティ面を気にされるのでしたら是非一度試してみてもいいかも知れません。

IT

101〜250人

"メールやスケジュールの確認が手軽 "

ツールサービスを使っていた(使っている)ときの役職や部署、仕事の内容はどういったものでしょうか?

一般社員、システム開発2部

汎用機系システム開発

 

利用期間

2022年2月から2022年3月現在まで利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

コロナ等の影響で突発的に休みになった場合に連絡が取れるように。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Microsoft365のアカウントでログインができ、実際にOutlookでメールが閲覧出来たこと。

スケジュール確認もできて、登録編集ができることから、通勤中に本日の予定を確認したり、翌日の予定の備忘録を登録したり出来た

・導入時の目的であるメールの活用ができることもメリット。

 

不便だと感じた点を教えてください。

連携先のOutlookのメールシステムにおいて一度既読したメールが既読にならないこと。

・普段業務で自分宛じゃないメールが乱立しているため、既読にしてスルーしておきたいが、それができない。

・既読にするか未読のままとしておくかは、メール確認後に選択できるような設定にして欲しい。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft365との連携は親和性があると感じる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

・おすすめする。スマホにて会社のメールが確認できるというのは大きなメリット。

・ただし、セキュリティやコンプライアンス面でのリスクが懸念されるため、各自のスマホのウイルス対策や使用上の注意徹底をする必要がある。

医療

1001人以上

メールのエクスポート機能がない

ツールサービスを使っていた(使っている)ときの役職や部署、仕事の内容はどういったものでしょうか?

一事業部の一課員

【主な業務】

・報告書作成

・ポスティング、サンプリング

・飛び込み営業、テレアポ

・キャンペーン企画の立案

・販促物の作成依頼、各種調整

・Web広告の依頼、各種調整

・3C分析/4P分析/SWOT分析、各スライド作成

 

利用期間

2019年4月~2021年12月

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・メールを送受信する際にOutlookがHTML対応していること。そのおかげでメルマガ配信を行う際に、ユーザーからどのように見られるのか確認するテスト投稿を行うことができた。

Teamsなどと連携されていたこと。そのおかげでメールにTeamsのリマインドメールが届き、抜け漏れが少なくなった

 

不便だと感じた点を教えてください。

メール機能の中にエクスポート機能がないこと。

・メール受信容量が限られている中で、顧客とのやり取りなどエビデンスを残しておきたいメールを外部ストレージに保存しておきたいと思ったが、出来なかった。テキストコピーと添付ファイルを再びDLをするなどで手間がかかった。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

TeamsなどWindowsソフトしか使用していないが、ジャンプボタンもあったので不便に感じたことはなかった。

 

他の会社にもおすすめしますか?

使用用途によるが、推奨はできないと思う。具体的にカスタマイズの何ができて何ができないのか不明であり、Windowsユーザーのみ恩恵を受けるような印象であると感じたため。

IT

251〜500人

導入決定者

どのウイルスを検知したのかがわからない

利用にかけた費用

月額費用は12万円でした。料金プランはHENNGE One Basicでした。

 

利用期間

2021年5月~2021年11月

 

導入に至った決め手を教えてください。

メールからのウイルス侵入を確実に防止できるようになるところ

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

URLを通して特定の添付ファイルに直接アクセスできるようになっていた点です。

・フォルダの指定だけでなくメールでファイル名を記載するとそのファイルまで自動で辿り着けるようにしてもらえたので、助かりました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・メールがどのような理由で危険性があると検知されたのかが分かりにくかったことです。

具体的にどんな種類のウイルスが何個くらい侵入しようとしていたのかが分からず、今後の対策が取りにくかったので、不便さを感じました。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

LINE WORKSと連携して、それぞれのシステムを1回のログインで使えて他の社員たちとの連絡もスムーズにできるようになったので、連携しやすかったです。

まとめ

クラウドサービスを利用するにあたり、不正アクセスのリスクやメールに起因にするサイバー攻撃、情報漏洩のリスクについては対策を講じる必要があります。

HENNGE Oneはこのような対策がひとつのサービスで実現でき、費用が高額ではない点も魅力といえます。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「HENNGE One」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

SSOの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】SSO選びのお役立ち資料
SSO
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ