CloudLink

記事更新日: 2021/04/14

執筆: 編集部

編集部コメント

「CloudLink」はクラウドサービスのシングルサインオンシステムです。Office365などクラウドサービスはもちろんのこと、その他のWebアプリケーションでの認証にも対応しています。パスワード管理やアクセス制限などセキュリティと利便性を備えた「CloudLink」は、多様なクラウドサービスを導入している企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

SSO(シングルサインオン)を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

SSOツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 多様な認証方式

多様な認証リポジトリに対応できる

2. 多要素認証

他ソフト連携で多要素認証が可能

3. 統合Windows認証

ドメイン参加により認証の省略ができる

良い点

一度認証すれば個別ログイン不要で、クラウドサービスやWebアプリケーションが利用可能になります。SAML対応のクラウドサービスはもちろんのこと、SAML未対応のアプリケーションでも対応可能です。

悪い点

ワンタイムパスワードなどのセキュリティ強化には、多ソフトとの連携が必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

PCはWindows、Macともに利用可能です。タブレットやスマホでも利用できます。

社外連携:

Salesforceなど他社ソフトとも連携可能です。

セキュリティ:

単独ではもちろん、他ソフトとの組み合わせで強化可能です。

CloudLink の特徴3つ

1. シングルサインオン

「CloudLink」の最大の特徴はシングルサインオン機能(SSO)です。これは異なるサービス間での認証連携機能を指します。

IT化が進む現代のビジネスでは、使用するWebシステムは様々です。世界標準として利用されているOffice365を始め、マーケティングソフトやそれにまつわる多数のアプリケーションなど、ビジネスを効率的に進めていくには欠かせないアイテムとなっています。

そこで悩ましいのがログインに必要なパスワードの管理ではないでしょうか。作業に必要になるたびに入力しログインする、その手間もさることながら、多数のパスワードを扱いきれないというのが実情といえるでしょう。そこで、「CloudLink」のSSOが、役に立つのです。

「CloudLink」では、SAMLによる認証連携機能と代理認証機能をサポートしています。SAMLは異なるシステムやサービス間で認証情報を交換する方式です。SAMLはGsuite、Salesforce、Office365などのクラウドサービスに対応しています。また、SAML未対応のWebアプリケーションへの対応が可能なのも「CloudLink」の大きな特徴といえます。

2. アクセス制限

次に紹介する「CloudLink」の特徴はIPアドレス制限機能と端末制限機能です。これらの機能によりアクセス制限を行うとともに、様々な認証方式でセキュリティにも考慮しています。

アクセス制限機能を使うことによって、システムにアクセスするデバイスに制限がかけられます。社内で所有している場合は、IPアドレスによる制限が可能になります。

一方、従業員が個人的に所持しているPCやスマホなど、IPアドレスが不明な場合でも、クッキーを発行することによる端末制限が可能です。また、これらの機能は、デバイス側に特別なアプリケーションをインストールする必要がなく実行できるのも特徴の一つと言えます。

セキュリティの一つとして考えられる認証方式も「CloudLink」では様々なものに対応しています。すでに企業内で使用しているものはもちろん利用可能です。その他に代表的なものとして、LDAP、Active Directory、RADIUS、RDBMSなどがあり、さらに新たな認証リポジトリを立ち上げて利用することも可能です。

3. 認証基盤構築

「CloudLink」の特徴3つ目は、認証基盤の構築サービスです。関連ソフトとの連携で、IT統合管理環境を構築します。

「CloudLink」は、それ単体での導入ももちろん可能であり、大変効果的な役割を果たします。それに加え、他ソフトとの連携を行うことで、よりセキュアな環境でのシステム運用が可能になります。構築にあたっては、現状分析や課題抽出を行い、最適な統合認証基盤を提案するとともに導入計画も立案します。

例えば、認証基盤の構築において、社内、社外での認証の差別化によるセキュリティ強化が課題の場合、「CloudLink」と多要素認証システムを連携させ、ワンタイムパスワード認証や二経路認証の導入を提案します。

これにより社内では通常のアクセス、一方社外からは多要素認証でのアクセスを必須とするシステムにします。このような提案ができるのは、「CloudLink」が他ソフトとも柔軟な連携が行えるからです。

認証基盤を入口として、段階を追っての認証基盤構築の整備が可能です。

統合認証環境の構築

CloudLink の料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

CloudLink の評判・口コミ

世界標準に準拠
株式会社ウフル

「CloudLink」のIPアドレス制限、端末制限機能により、個人所有に端末の安全性が高まりました。デバイス側に特別なアプリケーションのインストールが不要なのは評価ポイントです。世界標準であるSAML2.0に準拠しているにもかかわらず、オープンテクノロジで開発されているため、他製品に比べて安価なのも特徴的です。

他製品よりも安く導入可能
日本システムウエア株式会社

クラウド型統合認証基盤サービスの一つとして、他製品と連携させて「CloudLink」を導入しています。「CloudLink」はクラウド利用を意識しており他製品よりも一桁安いコストでの導入が可能です。そのうえ、世界標準技術がベースなのも評価できるところです。

*「CloudLink」公式HP参照

まとめ

複数のクラウドサービスを導入している企業にはおすすめのシステムです。それは一度認証を行うことで、個別ログイン不要でクラウドサービスが利用できるのが「CloudLink」の大きな特徴だからです。

異なるサービス間での認証方式としては最も標準的なものの一つであるSAMLを利用し、SAML対応の主要クラウドサービスだけでなく、SAML未対応のWebアプリケーションでも利用可能です。また、デバイスへの特別なアプリケーションのインストール不要で、アクセス制限が可能なのも特筆すべき特徴の一つといえます。

パスワードの管理には限界を感じているけれど、利用者の負担を増やすことなく、セキュリティを強化したいと考えている企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

画像出典元:「CloudLink」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

SSOの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】SSO選びのお役立ち資料
SSO
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ