IDaaSについて

【2022年版】初心者向け!おすすめのIDaaS9選を徹底比較

記事更新日: 2022/10/31

執筆: 編集部

数多くのアプリやシステムを利用していると、それぞれへのログイン作業や管理を簡潔にし、社外からもアクセス可能にしたいと思うのではないでしょうか。

そんな時におすすめしたいのが、IDaaSです。

IDaaSを導入すると、クラウド上でログイン情報を一括管理できるため、いつでもどこでも効率的に作業を進められるようになります。

今回は数多くあるIDaaSの中からおすすめの9選をご紹介いたします。それぞれのサービスの特徴や機能についてまとめてありますので、比較検討の際はぜひ参考にしてください。

おすすめサービスの比較を無料で!

IDaaSの資料を一括ダウンロード

IDaaSとは 

IDaaSとは、Identity as a Serviceのことで、クラウド上でIDやパスワードといったログイン情報を一括で管理できるサービスです。

ログインの際の手間を減らすだけでなく、ID・パスワードのセキュリティや利便性の向上も実現できます。さらにクラウド上ですべてを管理できるため、いつでもどこでも仕事を行うことが可能になります。

詳しいIDaaSの基本的な機能については後述します。

おすすめのIDaaS4選

1. 190以上のクラウドサービスと連携可能!『HENNGE One』

画像出典元:「HENNGE One」公式HP

特徴

HENNGE One(ヘンゲワン)は、1つの管理コンソール画面でシングルサインオン、ユーザアカウント管理、パスワードポリシー管理、アクセス状況監視を行えます。

連携できるクラウドサービスとしては、Microsoft 365やGoogle Workspaceなどのグループウェア、SlackやLINE WORKSなどのコミュニケーションツール、boxやDropboxなどのコンテンツ管理サービス、Zoom等のウェブ会議ツールなど190以上と連携可能

複数のクラウドサービスを利用している企業にとっては、クラウドサービスへのログインが1アカウントで完了し、管理コストが削減できるため非常におすすめです。

機能

・多要素認証(IP制御、入場証Cookie、デバイス証明書、プッシュ通知アプリ)
・シングルサインオン(SSO)
・Active Directory連携
・セキュアブラウザ
・マルチアプリ制御

料金プラン

  HENNGE One IdP Lite  HENNGE One IdP HENNGE One IdP Pro
月額費用  150円 300円 500円

各プランの機能の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

HENNGE One 含むIDaaSの資料を一括DL

 

 

2. 無料プランから利用可能!『GMOトラスト・ログイン』


画像出典元:「GMOトラストログイン」公式HP

特徴

基本料金0円で利用できるGMOトラスト・ログイン。セキュリティ面や利便性を求める際は、100円からオプションを追加できます。

国内最多の6,200種類以上のサービスログインフォームに対応、リクエストすることで現在非対応のアプリも随時追加されるため、自社に合った使い方が可能です。

機能

・SSO
・ID連携機能
・認証強化

料金プラン

有料プラン「PRO」(ID連携機能と多要素認証が全種類利用可能)と「無料プラン」があります。

※「無料プラン」においても、柔軟に機能のオプション追加が可能です。

  PRO(全機能) 無料プラン
月額(税別) 300円/ユーザー 0円/ユーザー
最少利用ユーザ数 30名~ 無制限
※オプション追加の場合は
10名~
連携アプリ数 無制限 無制限
ログ保管期間 5年 1年


シングルサインオン認証方法(SAML認証・フォームベース認証・ベーシック認証)は、いずれのプランでも基本仕様
となっています。

有料プランでは、クライアント(デバイス)証明書も料金内に含まれています。

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

GMOトラスト・ログイン 含むIDaaSの資料を一括DL

 

 

3. 管理がシンプル!『OneLogin』


画像出典元:「OneLogin」公式HP

特徴

5,000以上の連携アプリケーションを持つ「OneLogin」。シンプルで操作のしやすい画面で、一度のログインでファイアウォールに保護されたアプリケーションへアクセスできるようになります。

20言語以上に対応しているため、日本語でも問題なく使用できます。

機能

・SSO
・ディレクトリ構築
・ユーザープロビジョニング

料金プラン

  SSO STARTER ENTERPRISE UNLIMITED
月額費用 0円 2ドル 4ドル 8ドル

 

 

4. 豊富な認証要素!『Gluegent Gate』

 画像出典元:「Gluegent Gate」公式HP

特徴

クラウドサービスを利用するのが当たり前になって来た今、クラウドサービスを導入する企業におすすめのセキュリティ対策ツールです。

IDの統合管理やシングルサインオンに対応するだけでなく、全ログデータを記録できる監査機能や認証情報の細かい設定も可能なため、セキュリティ対策と利便性を同時に向上できます。

機能

  • 様々なWEBサービスの認証を一元化(SSO)
  • アクセス制限、認証要素(本人認証・端末認証など)組み合わせ自由
  • 統合アカウント管理
  • 監査機能

料金プラン

    Business Enterprise
1ライセンス辺りの月額(税別) 100円 500円
シングルサインオン クラウドサービス
(1サービス)
1ライセンス 無制限
SAML サービスプロパイダ
(3サービス)
1ライセンス 無制限
代理認証(フォーム認証)
(3サービス)
1ライセンス 無制限
SAML ID プロバイダ
(1サービス)
オプション オプション


上記のほか、1ライセンスあたり月額 1,000 円(税別)のUnlimitedプランも提供されています。

その他、要望に応じて様々な組み合わせが可能です。

サービスの詳細は以下の無料資料をダウンロードしてご確認ください。

Gluegent Gate 含むIDaaSの資料を一括DL 

 

その他のおすすめIDaaSサービス

jugaa


画像出典元:「jugaa」公式HP

特徴

「jugaa」は、シングルサインオン方式を採用したパスワード管理ツールです。1回のユーザー認証で複数のクラウドサービスを利用できます。

専任スタッフがサービスの導入、運用、DX化などの悩みについて電話でサポートしてくれるのも魅力です。

ITツールに慣れていない方でも安心してサービスを利用できます。

ただ、無料トライアルでは専任スタッフによるサポートが受けられません。本格的なサポートを受けるには有料プランに契約する必要があります。

料金プラン

2か月間の無料トライアルにも対応しています。

基本料金 ユーザー数
110円〜/月額 10人~

 

jugaa 含むIDaaSの資料を一括DL

 

 

メタップスクラウド


画像出典元:「メタップスクラウド」公式HP

特徴

「メタップスクラウド」はトライアルプランが用意されたSaaS管理ツールで、シングルサインオンによりIDやパスワードの一括管理が可能です。

クラウド化やDX化で急増するSaaSを一元管理でき、コスト削減やセキュリティリスク低減に有効です。

トライアルプランでも、SaaSのアカウント一括管理や利用状況の可視化など、有料プラン同様の機能を利用できるのが嬉しいポイントです。

利用SaaS数によってプランを選べ、煩雑なSaaS管理の効率化も実現できます。

コスト抑えて、SaaS管理を始めたい企業におすすめのツールです。

料金プラン

プラン トライアル スタンダード ビジネス プレミアム
利用SaaS数 30個まで 30個まで 100個まで 無制限
月額料金
1ユーザーあたり
無料 350円(税抜) 450円(税抜) 550円(税抜)
年間料金
(年間一括前払い)
3,850円
(税抜)
4,950円(税抜) 6,050円(税抜)

※機能の詳細につきましては、下記の資料を無料ダウンロードして、ご確認ください。
※上記の他、SaaS管理のみ利用したい企業向けにライトプランも用意されています。

【ライトプラン】

  • 利用SaaS数:無制限
  • 年間料金:66,000円(税抜)
    ※10名まで利用可能
  • 機能:IP制限/端末制御/端末証明書(オプション)/多要素認証/組織別セキュリティルール/アカウント管理機能/コスト管理機能/組織管理機能/契約管理機能


メタップスクラウド 含むIDaaSの資料を一括DL

 

 

Okta


画像出典元:「Okta」公式HP

特徴

SSOに対応しているクラウドサービス数が6,000以上、ID管理まで一元管理が可能なクラウド数が150以上と、どちらも業界トップを誇る「Okta」。

ワンタイムパスワードや指紋認証といった複数の高度なセキュリティ対策も行われており、世界各地で根強い人気を持つIDaaSです。

機能

・シングル・サインオン
・多要素認証
・ユニバーサルディレクトリ
・ライフサイクル管理
・APIアクセス管理
・高度なサーバーアクセス
・アクセスゲートウェイ

料金プラン

  SSO 多要素認証 ライフサイクル管理
月額費用 2ドル 3ドル 4ドル

 

 

CloudGate UNO


画像出典元:「CloudGate UNO」公式HP

特徴

「CloudGate UNO」は、高度なセキュリティと高い信頼性のアイデンティティ管理プラットフォームです。

パスワードレス認証をはじめとした強固な認証機能と柔軟なアクセスコントロールでセキュリティを強化し、シングルサインオン連携でクラウドサービスの利便性を高めます。

料金プラン

  ベーシック スタンダード EP
月額費用 100円 200円 300円

 

 

Azure Active Directory


画像出典元:「Azure Active Directory」公式HP

特徴

オンプレミス、クラウド、エッジのどれにでも対応できるハイブリッドなシステムです。

世界的に企業の大小を問わず導入されており、知名度も抜群ですが、国産ではないため公式HPが分かりにくく、サポート体制にも不安が残ります

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

自社にあうIDaaSの3つの選定ポイント

1. 対応アプリ数

IDaaSを選定する際は、まず対応アプリ数について確認することをおすすめします。

対応アプリ数が多ければ、それだけ様々なアプリと連携でき、自社に合わせた柔軟な使い方が可能になります。

それぞれのIDaaSによって対応アプリ数は異なりますので、できるだけアプリ数の多いシステムが良いでしょう。

2. トータルコスト

IDaaSは、細かい機能がオプションで用意されているケースが多く見受けられます。そのため、まずは自社で必要な機能をリストアップすることが必要です。

そして、それらの機能が基本料金に含まれているのか否かを確認すると共に、きちんと見積もりを取ることが大切です。

初期費用はもちろん、月々のランニングコストも含めたトータルコストがいくらになるのかを把握しましょう。

3. 社内システムとの連携

すでに社内で導入しているシステムがある場合、導入予定のIDaaSとそれらのシステムが連携可能か否かを確認しておくことが重要です。

システム連携が可能であれば、より自社に適したシステムの使い方が可能となり、効率的かつ高度なセキュリティのもとビジネスが行えるようになります。

さらに今後、自社で導入する予定のシステムがある場合、これらのシステムとの連携も確認することをおすすめします。

IDaaSの主な機能

IDaaSには、主に以下のような機能があります。

シングルサインオン機能

一つのID・パスワードを使って一度ログインをすれば、他のシステムやアプリへも自動ログインできます。

ID管理機能

従業員のアカウント管理を一括で行えます。

アクセスコントロール機能

多要素認証等、システムへのアクセスが可能な人や端末に制限をかけられます。

ログレポート機能

管理者が社内のIDaaSの利用状況を把握できます。

IDaaSのメリット3つ

1. 作業の効率化

今や複数の様々なシステムやアプリを利用して仕事に取り組む時代。それらのツールを使用するには、ログインする際にそれぞれIDやパスワードを入力する必要があり、手間がかかります。

そこでIDaaSを導入すると、IDやパスワードを1つ使用してログインするだけで、その他のシステムやツールの使用も可能となります。

IDやパスワードが1つで済めば、従業員が複数のパスワードを記憶する必要がなくなり、効率的に仕事へ取り組めるようになります。

2. セキュリティ面の向上

IDaaSではIDやパスワードだけでなく、多要素認証でのログインを導入しているシステムが多いため、セキュリティ面を向上させられます。

そのため、時間や場所を問うことなく、安心してシステムを利用できるようになります。

社員の背景に合わせた勤務形態を実現する上でも、IDaaS導入によってセキュリティ対策を講じることは有効です。

3. クラウド上で一元管理が可能

IDaaSの導入によって、入社した社員や退社した社員、異動に伴って必要・不要となるIDやパスワードの発行・管理を一括で行えるため、無駄な作業が不要となります。

システムへのログオン状況も一括で把握できるようになるため、不正なアクセスを見極めやすくなります。

情報はクラウド上で一元管理されるため、時間や場所を問わず、管理作業を行いやすくなることも大きなメリットです。

IDaaSのデメリット2つ

1. コストがかかる

IDaaSを導入すると効率的に業務を行えるようになるとはいえ、様々なコストがかかります

初期費用だけでなく月々のランニングコストも必要となるため、長期的な視点でシステム導入を決定する必要があります。

2. トラブルが起きる可能性も

システムを導入すれば、トラブルが起きる可能性もあります。IDaaSの場合、使用しているシステムへのログインが不可能となってしまい、業務に影響を及ぼすケースも考えられます。

もしそのような状況に陥ってしまった場合でも、早急に対応をしてくれるなどサポートが充実しているIDaaSを選定することをおすすめします。

まとめ

業務を効率化し、セキュリティ面も向上させられるIDaaS。このシステムを導入することによって、様々な面でメリットが得られます。

IDaaSの利用を考えている方は、ぜひ今回ご紹介したIDaaSの導入を検討してみてください。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

IDaaSの資料を一括ダウンロード

IDaaSに関連する記事

IDaaS
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ