株式会社スタジオポノックの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/08/06

執筆: 編集部

オリンピック記念短編アニメ映画をIOCと共同制作で世界的にも注目の「スタジオポノック」の第4期決算

第4期決算公告

  • 当期純利益:2,765万円
  • 利益剰余金:1億3,530万円

となりました。

スタジオポノックは西村義明氏が2014年末にスタジオジブリを退社した後、2015年4月15日に設立したアニメーション映画制作会社です。
この期は、2018年8月には短編映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』を公開しました。

2019年6月には国際オリンピック委員会(IOC)と共同で、芸術記念作品としてオリンピック短編アニメ映画を制作することを発表し、世界的にも注目が集まっています。

 

 

第3期 決算公告(2019年7月更新)

スタジオノッポの業績推移

決算期
(千円)
17/08
(第2期)
18/07
(第3期)
当期純利益 1,167 107,106
利益剰余金 537 107,643 

スタジオポノックの第3期当期純利益は、前期に比べ9,077.9%増加、1億710万円最終黒字となりました。また、利益剰余金も前期に比べ、19,945.2%増加と大きく成長、1億764万円の黒字となっています。

第2期から第3期に掛けての成長が目覚しく、上記のグラフを見ても分かるように、成長率をパーセンテージで表すと尋常でない数字になってしまいます。

2017年の第2期、スタジオポノックは、流動負債が流動資産を上回っており、資金繰りが厳しい状況にありました。しかし、2018年第3期、流動資産2億9,979万円に対し、2億911万円と支払能力の回復に成功した模様です。

また、注目すべきは株主資本の大幅な増加でしょう。1億1,264万円(前期比:1,934.3%増)と、この1年間で会社としての体力が強化されているのが分かります。自己資本が充実したことにより、出資者からの信頼も得やすくなりました。今後、スタジオポノックの経営は安定していくと予想されます。

スタジオポノックは、2015年に設立、2年後の2017年7月には、米林宏昌監督の作品『メアリと魔女の花』を全国の映画館にて公開しました。

2018年8月には、3名の監督による協力の下3つの短編集映画、ポノック短編劇場『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』を全国ロードショー。スタジオジブリの良さを引き継ぎながらも、スタジオポノックならではの新しい表現方法を生み出しました。

どちらも個性豊かで温かみのあるアニメ映画作品となっています。

スタジオポノックには、ぜひ今後もアニメ制作を通し世界中を楽しませていって欲しいですね。

画像出典元:「スタジオポノック」公式HP

会社概要

会社名 株式会社スタジオポノック
事業内容 アニメーション映画制作事業
所在地 東京都武蔵野市境南町2-10-21
設立日 2015年4月15日
代表 西村 義明
資本金 500万円

 

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ