tripla株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

執筆: 編集部

宿泊施設の救世主!問い合わせに対してAIチャットボットが回答するサービス「tripla」の第4期決算

第5期決算公告

  • 当期純利益:△2億5,800万円
  • 利益剰余金:△5億7,500万円

となりました。

第4期決算公告

  • 当期純利益:△2億4,200万円
  • 利益剰余金:△3億1,600万円

となりました。

 

トリプラの多言語AIサービス「triplaチャットボット」を、2019年10月21日より株式会社ぐるなびが運営する飲食店情報サイト「ぐるなび外国語版」に提供します。

これにより外国人観光客による国内飲食店のオンライン予約が可能になりました。

2019年10月1日より2019年12月31日まで、東日本旅客鉄道株式会社が運営する「成田エクスプレス」と東京モノレール株式会社が運営する「東京モノレール」の利用者にトリプラの多言語AIサービス「triplaチャットボット」を提供し、新たに実証実験を行います。

訪日外国人観光客数は年々増加傾向にあり、2020年には4,000万人に達すると見込まれています。鉄道業界では、看板やポスターの多言語表記対応が進められていますが、外国人観光客が訪日中に困ることに、コミュニケーションや目的地までの公共交通の経路情報の入手、公共交通の利用方法(乗り方)、利用料金などが挙げられており、公共交通機関を利用する難易度は高いと言えます。さらに案内を担当する駅係員の人員数には限界があり、人的リソースの補充以外の方法で、鉄道を利用する外国人観光客の利便性を向上させようと試みます。

出典:公式HP

第3期決算公告( 2018年月更新)

  • 当期純利益:△3,700万円
  • 利益剰余金:△7,200万円

第3期決算は3,700万円の最終赤字、利益剰余金はマイナス7,200万円となりました。

triplaは宿泊施設への問い合わせに対して、AIチャットボットと有人多言語オペレーターが代わりに回答するサービスを提供しています。契約施設数は230施設を突破し、増加傾向にあるインバウンドと労働人口不足を背景に導入が進んでいます。

2018年6月、7月に総額2.5億円の資金調達を実施

triplaはイノベーション・エンジン株式会社など3社および、国内大手IT企業から総額2.5億円の資金調達を実施しました。この資金調達を受けて、新機能追加のために開発体制を整えるようです。

会社概要

会社名 tripla株式会社
事業内容 インターネットサービスの企画運営、旅行業
所在地 東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6F
設立日 2015年4月
代表 高橋和久、鳥生格
資本金 5億7,079万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ