株式会社東証システムサービスの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/07/08

執筆: 編集部

IT戦略の一端を担い、日本経済の基幹システムを支える「東証システムサービス」の第34期決算

第34期決算公告

 

2019年3月期の当期純利益は、昨年の第33期に引き続き10億3,500万円の最終黒字となりました。
利益剰余金も36億9,000万円と、同じく黒字となっています。

また、流動資産54億9,300万円に対し、流動負債は15億1,500万円と資金繰りには余裕がある状態です。

東京証券取引所や証券保管振替機構等における必要不可欠なシステムの開発から運用まで数多く手がけてきた経験により、蓄積された豊富なノウハウや技術を使い、インフラの企画から設計・構築、運用・管理の提案などもおこなっているようです。

潤沢な資金のもとに来期の決算も期待できそうです。

 

第33期 決算広告

東証システムサービスの業績推移

決算期
(百万円)
17/06
(第32期)
18/06
(第33期)
当期純利益 416 695
利益剰余金 3,071 3,349 

第33期は、当期純利益、利益剰余金ともに前期に比べ増加しています。

東証システムサービス2018年3月期の売上高は114億円。当期純利益は、昨年の第32期に引き続き6億9,500万円の最終黒字となりました。利益剰余金も33億4,900万円と、同じく黒字となっています。

事業内容

これまで東証システムサービスは、東京証券取引所や証券保管振替機構等のシステム開発から運用、arrownetのネットワーク管理など、幅広く手がけてきました。

主な事業内容としては「システム開発」「運用サービス」「ネットワーク」の3つ。

東証システムサービスには、実績に裏付けされた、豊富なノウハウや技術の蓄積があり、メインフレーム・オープン基盤等、プラットフォームに依存しないソリューションの提供が強み。

外部からの影響も少なく、また、JPXグループの一員であること、日本の金融資本市場インフラ構築に貢献していることからも、東証システムサービスは、今後も安定していくと予想されます。

画像出典元:「JPX(日本取引所グループ)」公式サイト

会社概要

会社名 株式会社東証システムサービス
事業内容 システム開発事業、運用サービス事業、ネットワークビジネス
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-5-8
設立日 1986年6月3日
代表 齊藤 宗孝
資本金 1億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ