株式会社MimiTVの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/09/19

執筆: 横井優香

7,480万円の最終赤字!女性向け美容特化型の動画配信メディア「MimiTV」の第1期決算

第1期決算公告

  • 当期純利益:△7,480万円
  • 利益剰余金:△7,480万円

第1期となる2018年3月期の当期純利益は△7,480万円の最終赤字となりました。

理由は、新しい施策の開始によるものと考えられます。MimiTVは2018年6月に、親会社である株式会社トレンダーズのインフルエンサーネットワークと連携を開始しました。さらに、7月下旬には、株式会社CMerTVの女性向けデジタルサイネージ放送局と連携を開始しています。

「明日の自分をもっと可愛く」を経営理念に、女性向けメディア「MimiTV」を運営

2015年5月にサービス開始。当時は株式会社Candleの女性向け動画事業としてスタートしました。現在はトレンダーズ株式会社の子会社として事業を進めています。

MimiTVは、メイクやコスメなど美容をテーマとした動画を配信する女性向けメディア「MimiTV」を運営。

画像出典元:「MimiTV」の公式HP

これまで、YouTubeやInstagram、FacebookといったSNSや自社アプリを媒体に、10代後半から20代の女性に向けコンテンツ配信を行なってきました。2017年4月には、札幌コレクションに出演。

現在は、ファン登録をしているユーザーは100万人以上、動画の月間再生数は1,600万回以上と国内最大級の美容系動画メディアとなっています。

MimiTVは「明日の自分をもっと可愛く」を経営理念に掲げ、モデルのキャスティングから、企画・撮影・編集まで自社完結出来ることを強みとしています。

社長経歴

 代表取締役の山下主暉氏は、1992年に神奈川県で生まれ、2005年に上智大学理工学部機能創造理工学科を卒業しました。

大学在学中にはTrippieceやLancersでのインターンを経験しています。卒業後は、製造業webメディアを運営するCluezの創業期に4人目のメンバーとして参加し、サービス立ち上げから海外展開まで経験。

2015年10月には、株式会社Candleに入社し動画事業部全体の統括を任されました。

現在、MimiTVの代表取締役として、動画メディアのグロースおよびマーケティング、アプリグロース等に従事しています。

美容のトレンドや情報チャネルの多様化に伴い、MimiTVは他社との連携を強め新たな施策を開始

2018年6月、MimiTVは、親会社であるトレンダーズ株式会社の抱えるインフルエンサーネットワークと連携を開始。女性向けメディア「MimiTV」にて作成した美容動画を、マイクロインフルエンサーに拡散してもらい、マイクロターゲティングを実現するサービス提供を始めていきます。

2018年7月、MimiTVは、株式会社CMerTVが所有する、美容室に設置する女性向けデジタルサイネージ放送局「BEAUTINISTA TV™(ビューティニスタティービー)」と連携しました。今後、美容室でのサンプリングを実施、オフライン連動型の立体的な動画マーケティングサービス提供を開始していきます。

会社概要

会社名 株式会社MimiTV
事業内容 動画メディアの企画、開発、運営等
所在地 東京都渋谷区神南1-12-16
設立日 2017年5月25日
代表 山下 主暉
資本金 5,940万円

あわせて読みたい

kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ