UCCホールディングス株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/09/09

執筆: 編集部

国内最大手の老舗コーヒー企業がロボットカフェをオープン!「UCCホールディングス」の第68期決算

第68期決算公告

  • 営業利益:58億6,100万円
  • 経常利益:57億7,800万円
  • 当期純利益:49億2,000万円
  • 利益剰余金:307億3,300万円

となりました。

業績推移

決算期
(百万円)
16/12
(第66期)
17/12
(第67期)
18/12
(第68期)
当期純利益 8,069 7,433 4,920
利益剰余金 21,887 27,813 30,733 

UCCホールディングス株式会社は、1933年創業の老舗企業で、レギュラーコーヒーの国内最大手です。

直営農園で苗木を育てることから、生産国での農事調査・品質保証・原料調達・マーケティング・研究開発・製造から販売までといった『カップから農園まで』一貫した「コーヒー事業」を展開。
そのほか、業務用コーヒー・食材を提供する「業務用サービス事業」、上島珈琲店やカフェプラザを展開する「外食事業」、「コーヒーマシン事業」、「地域・戦略事業」、欧州・アジアに展開する「海外事業」、UCCグループ各社への人材派遣などを運営する「グループサポート」などの事業を管理しています。

国内の事業環境は厳しく、全体でほぼ横ばい状態が続いており、UCCは近年「海外事業」を急拡大しています。
2018年1月に17カ国・地域にある海外拠点の統括会社を新設。今年1月には、レギュラーコーヒー市場が急拡大している台湾で、約18億円投資し「UCC台湾雲林工場」を稼働開始しました。
現在、海外売上高比率は3割ほどですが、近い将来に5割達成を目指すとのこと。

また、今年6月にロボットカフェのパッケージ『&robot cafe system』の販売を開始。
『&robot cafe system』とは、ロ​ボティクス・サービスプロバイダーの「株式会社QBIT Robotics」と共同で開発。
アームロボット、カフェマシン、サービスカウンターがあらかじめセットアップされたパッケージで、1.8坪のスペースで手軽に素早く店舗を開店できます。

出典:公式ニュースリリース

 

第67期決算公告

 

第66期決算公告

 

会社概要

会社名 ユーシーシーホールディングス株式会社
事業内容 グループ全体の経営方針の策定および経営管理等
所在地 兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目7番7
設立日 1933年5月
代表 上島 豪太
資本金 1億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

ページトップへ