株式会社岩波書店の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/07/12

執筆: 編集部

創業100年を超える老舗出版社!広辞苑の出版で知られる「岩波書店」の第70期決算

第70期決算公告

  • 当期純利益:8,716万円
  • 利益剰余金:50億3,438万円


となりました。

岩波書店は、1913年8月創業、1949年4月に「株式会社岩波書店」として設立した出版社です。2013年には創業百年を迎えました。
第70期の当期純利益は8,716万円で、利益剰余金は50億3,438万円となっています。前期と比べると、業績はほぼ横ばいです。

創業の翌年に夏目漱石「こゝろ」を刊行。1927年に「岩波文庫」を、さらに1938年には「岩波新書」を創刊しました。
主要出版物として、1955年に第一版を刊行した国語辞典「広辞苑」が知られています。

所有ビルを売却

2018年12月、岩波書店は所有していたテナントビル「岩波書店一ツ橋別館(東京都千代田区)」を小学館に売却しました。
売却額は公開されていません。「テナントビルとして運用していたが、将来性などを考え経営判断した」とのこと。

岩波書店は、出版事業と別に不動産事業を展開しており、他にも、千代田区に本社ビル、一ツ橋や神田神保町にも不動産を所有しています。

 

 

第69期決算公告

 

第68期決算公告

会社概要

会社名 株式会社岩波書店
事業内容 総合出版社
所在地 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号
設立日 1949年4月30日
代表 岡本 厚
資本金 9,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ