株式会社Wondershakeの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/09/05

執筆: 横井優香

女性向けメディアアプリNo.1!MAUが1,000万人とシェア拡大を続ける「Wondershake」の決算

第7期決算公告

  • 当期純利益:△2億9,227万円
  • 利益剰余金:11億5,592万円

2018年第7期の当期純利益は2億9,227万円の最終赤字、利益剰余金はマイナス11億5,592万円となりました。

赤字の原因を考察するために、まずはWondershakeのサービスについて見ていきましょう。2つのサービスを提供しています。

1

LOCARI(ロカリ)

月間アクティブユーザー1,000万人を誇る女性向けメディアアプリ「LOCARI(ロカリ)」。コンテンツはファッション、美容、コスメに限らず、グルメやDIYのようなライフスタイル全般を提供しています。

2

milcoco(ミルココ)

20~30代の女性をターゲットとしたサンプリングサービス「milcoco(ミルココ)」。送料を負担するだけで化粧品や食品の新製品を試すことが出来ます。

ビジネスモデルは、主に記事広告・タイアップでしょう。読者の2.5人に1人が「LOCARI」を見て商品を購入しています。

その他、2017年12月にユーザーの属性によって適切な広告を配信する「LOCARI Ads」で広告ビジネスも開始。そのため、収益構造は安定していると考えられます。

では、なぜ今期は赤字となったのでしょうか。

Wondershakeは、2017年11月から本田翼さんを起用したCMを放映しました。さらに、汐留駅付近にて交通広告を展開。そのため、広告宣伝費などの販管費が膨れ上がり、赤字となったと考えられます。

画像出典元:「Wondershake」公式HP

代表 鈴木仁士氏について

鈴木仁士氏は、父親の仕事関係で幼少期に海外で過ごした経験があります。国際基督教高校・大学を卒業した後、カリフォルニア大学サンディエゴ校への交換留学を経て、2012年にWondershakeを設立しました。

株式会社KDDIと協力体制を整える

2018年3月にWondershakeはKDDI株式会社と共同で調査および研究を行った「au×LOCARI 現代オトナ女子徹底調査研究レポート」を公開。多様化する現代の女性のライフスタイルを理解することを目的として発足したプロジェクトです。

両社は今後も共同での研究分析を行い、各社のサービスに生かしていくようです。

会社概要

会社名 株式会社Wondershake
事業内容 女性メディア、DIYレシピ、サンプリングのアプリ事業を展開
所在地 東京都目黒区中目黒1-1-71
設立日 2012年8月
代表 鈴木 仁士
資本金 9,000万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ