株式会社PECOの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2020/01/23

執筆: 編集部

月間1,000万人が利用!国内最大級のペット専門メディア「PECO(ペコ)」の第4期決算

第4期決算公告

  • 当期純利益:△7億2,190万円
  • 利益剰余金:△10億8,973万円

となりました。

 

第3期決算公告(2018年9月更新)

PECOの業績 

決算期
(千円)
17/03
(第2期)
18/03
(第3期)
当期純利益 △118,207 △367,835
利益剰余金 △162,490 △367,835


2018年第3期の当期純利益は、3億6,783万円の最終赤字となりました。

PECOは第2期と第3期に減資をし、利益剰余金のマイナスを補填。そのため、今期は当期純利益と利益剰余金は同額になりました。さらに、資本金を1億円に減額することで節税対策をしたと考えられます。

事業について

事業は主に、ペット専門メディアの運営とプロダクト製作です。

メディアは、月間利用者が500万人を超えるペットのライフスタイルを紹介する「PECO」やペットの悩みを解決する「hotto」を運営しています。このメディアの記事広告やタイアップでのマネタイズ方法の確立が黒字化の鍵になりそうです。

また、プロダクトではペットのアートポスターやぬいぐるみなど、記念品の製作をしています。

PECOの事業

その他にも、猫フォトなどを展示した「PECO NEKO館」を日本橋三越本店で開催。米ユニバーサル・スタジオの最新映画「ペット」とのコラボレーションや可愛いペット動画を集めた「PECO TV」など、事業の拡大を続けています。

資金調達は、2016年8月のアカツキ株式会社を引受先とする第三者割当増資以来実施していません。近いうちに資金調達をして一気に事業を拡大するか、進行中の事業の足元を固めるか、今後の展開に注目が集まります。

代表 岡崎純氏について

2010年、大手IT企業入社後、EC・メディアの事業領域におけるデジタルマーケティング分野で頭角を現し、新規事業責任者や戦略企画室長を歴任。2014年、動物と関わる仕事をしたいという、小さい頃からの夢を実現するべくPECOを創業しました。

会社概要

会社名 株式会社PECO(ペコ)
事業内容 ペット専門メディア、ペット事業コンサルティング、ウェブサイト制作など
所在地 東京都渋谷区松濤1-18-16(INU館)、東京都渋谷区松濤2-5-10(NEKO館)
設立日 2014年12月
代表 岡崎 純
資本金 1億円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

決算、M&A、出資情報の最新記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ