株式会社Candleの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2018/08/28

執筆: 山中勝輝

創業2年半でイグジット!東大発ベンチャーでメディア運営を行う「Candle」の第5期決算

第5期決算公告

  • 当期純利益:△389万円
  • 利益剰余金:275万円

2018年第5期は389万円の最終赤字となりました。

Candleはメディア事業を母体としており、10~20代女子向けにファッションやメイクなどの情報をまとめた総合サイト「KAREN」。ビットコインを始め、仮想通貨の始め方やおすすめの取引所をまとめた総合サイトCoinwall[コインウォール]を運営しています。

代表の金靖征氏は現在、暗号通貨・ブロックチェーンの領域に仲間数人とフルコミットし、時間とお金を投資していることから、今期は赤字になったと考えられます。

代表 金靖征氏について

金靖征氏は、Candleを2014年4月に東京大学在学3年時に企業サークル仲間やクラスの同級生と起業。創業から2年半後の2016年10月にクルーズ株式会社へ12.5億円で事業売却しました。

MimiTVをトレンダースに売却

Candleは新規事業として2017年5月に設立した動画メディアの企画・開発・運営を行う株式会社MimiTVを2018年4月にトレンダーズ株式会社に売却。経営資源を既存事業のメディアに集中させることが目的です。

会社概要

会社名 株式会社Candle
事業内容 メディア事業
所在地 東京都渋谷区神南1-12-16 アジアビル 7F
設立日 2014年4月
代表 金 靖征
資本金 1億728万円(資本準備金も含む)
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ