GMO医療予約技術研究所株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/02/12

執筆: 下村友維子

医療受付現場の業務効率化に取り組む「GMO医療予約技術研究所株式会社」の第3期決算

第3期決算公告

  • 当期純利益:△2,290万円
  • 利益余剰金:△3,274万円

GMO医療予約技術研究所株式会社は、医科特化型予約管理システム「メディカル革命」や歯科特化型予約システム「Dentry(デントリー)」の提供を通じて、医療受付現場の業務効率化に取り組んでいます。

2018年6月より医院の予約から支払いまでを一元化するアプリ「ポケットクリニック」の提供を開始し、更なる業務効率化と患者の待ち時間削減を可能にしました。
近年ではAIやロボットの研究開発にも取り組んでおり、「深層学習によるキャンセル率の予測」「人型ロボットによる医院受付の自動化」などを実現しています。

出典:公式HP

2018年8月に、GMOインターネットグループで総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社「GMOイプシロン株式会社」と資本提携を行い、GMOインターネットグループに加盟しました。

会社概要

会社名 GMO医療予約技術研究所株式会社
事業内容 医療予約システム(医科・歯科)
ロボット・AIの開発・運営
予約システムのOEM提供
予約システムプラットフォームの提供
他業種予約システムの提供
所在地 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館 7階
設立日 2016年4月
代表 熊野なおゆき
資本金 2億5,990万円

他企業の情報

この記事に関連するラベル

ページトップへ