株式会社プロドローンの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/01/11

執筆: 下村友維子

高い技術力で世界初のドローンを開発する「株式会社プロドローン」の第3期決算

第3期決算公告

  • 売上高:4億1,183万円
  • 営業利益:△3億3,692万円
  • 経常利益:△3億3,295万円
  • 当期純利益:△3億3,486万円
  • 利益剰余金:△5億8,354万円

株式会社プロドローンは、産業用ドローンシステムの開発製造を行う企業です。
これまで、世界初の2本のロボットアームを持つ大型ドローンや、水面に着水して水中映像をリアルタイムで伝送可能なドローンなどを開発し、高い技術力が評価されています。
過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率672.44%を記録し「2018年 日本テクノロジー Fast 50」で8位を受賞しました。

2018年には、KDDI株式会社と追加出資に関する資本提携・業務提携契約を締結し、KDDIの持分法適用関連会社となりました。
なお、KDDIは2016年にプロドローンが第三者割当増資により発行する株式を3億円で取得しています。

今後も様々な分野で活躍する新たなドローンの誕生に期待したいです。

会社概要

会社名 株式会社プロドローン
事業内容 産業用ドローンシステムの開発及び製造
所在地 愛知県名古屋市中区新栄町2-4 坂種栄ビル16階
設立日 2015年1月15日
代表 河野 雅一
資本金 1億円
kigyolog_kessanの最新記事を購読しよう

この記事に関連するラベル

他企業の情報

ページトップへ