株式会社ビズリーチの決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

記事更新日: 2019/12/26

執筆: 編集部

『ビズリ~チ!』CMでお馴染み、グループ経営体制移行で「ビジョナル株式会社」の完全子会社となる「ビズリーチ」の第12期決算

第12期決算公告

  • 売上高:214億9,200万円
  • 営業利益:5億2,300万円
  • 経常利益:5億2,000万円
  • 当期純利益:3億4,600万円
  • 利益剰余金:3億7,400万円

となりました。

Zホールディングスと合弁会社「スタンバイ」を設立

ヤフーの親会社であるZホールディングスとビズリーチは、求人検索エンジン事業を運営する合弁会社「スタンバイ」を11月12日に設立しました。

ビズリーチは、転職サイト「ビズリーチ」や人材活用クラウド「HRMOS」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」、オープンソース脆弱性管理ツール「yamory」などを展開しています。
Zホールディングスの求人検索サイト「Yahoo!しごと検索」は約1,000万件の求人情報を提供しています(2019年12月20日時点)。

資本金は1億円で株式保有割合(出資比率)は、Zホールディングスが60%、ビズリーチが40%となっています。主に求人検索エンジン「スタンバイ」を運営します。

ホールディングカンパニー「VISIONAL(ビジョナル)」設立

また12月23日、組織編成によるグループ経営体制の移行を公表しました。
株主総会決議後の2020年2月3日に実施予定で、ホールディングカンパニー「ビジョナル」が新たに設置され、「ビズリーチ」は株式移転を通じて完全子会社となる予定です。

今回の移行により、各社に権限委譲とそれぞれの事業に適した組織や制度、リスク管理体制の構築を推進するほか、買収なども含め、より広範囲の新規事業領域での展開、拡大を目指しています。

出典:公式HP

 

第11期決算公告(18年12月更新)

 

  • 売上高:156億5,800万円
  • 営業利益:6億8,900万円
  • 経常利益:6億8,600万円
  • 当期純利益:6億2,400万円
  • 利益剰余金:5,100万円


ビズリーチは日本の雇用流動化や生産性向上を支援すべくHR Tech(HR×テクノロジー)領域でサービスを展開し、時代にあった新しい「働き方」を創造する会社です。

2018年は

人事・経営者向け専門メディア「BizHint HR」は、月間ユニークユーザー数100万人、会員数5万人を突破。
事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」に登録した累計譲り受け企業数が正式ローンチから約8カ月で1,000社を突破。12月に累計譲り受け企業数が2,000社を突破しました。

ビズリーチ・サクシードは、45都道府県などの譲渡案件を880件以上掲載する、日本最大級の事業承継M&Aプラットフォームです。

会社概要

会社名 株式会社ビズリーチ
事業内容 インターネットを活用したサービス事業
所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1
設立日 2007年3月
代表 南 壮一郎
資本金 1億2,480万円
kigyolog_kessanの最新記事をチェック

この記事に関連するラベル

他企業の情報

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ